京都大原「寂光院と建礼門院」20180614

京都大原「寂光院と建礼門院」20180614



寂光院の開創について、はっきりはわかっていない。

寺伝によると推古天皇2年(594年)、聖徳太子が父・用明天皇(次男説)の菩提のため開創したとされ、太子の乳母玉照姫

(恵善尼)が初代住職であったという。 

異説もある。江戸時代には空海開基説、また大原声明(しょうみょう)を完成させた融通念仏の祖・良忍が開いたとの説もある。しかし、寂光院はそうした草創伝説よりも、『平家物語』に登場する建礼門院隠棲の地としてが記憶に強い。

建礼門院徳子とは、平清盛の娘で平氏全盛時代に高倉天皇の中宮になり、安徳天皇の生母であった。

寿永4年(1185年)、壇之浦海戦で平氏が源義経率いる源氏に敗れたとき入水したが引き上げられ生き残った。その後侍女の阿波内侍とともに平家一門と高倉・安徳両帝の冥福を祈って尼となりここ寂光院で余生を送っている。

また、この寂光院の隣には建礼門院陵が隣接して建てられている。

この時期は緑も濃く静かで気持ちのいい静けさを保っている。



e0237645_21040388.jpg


e0237645_21040494.jpg


e0237645_21040447.jpg


e0237645_21040482.jpg


e0237645_21040495.jpg


e0237645_21040422.jpg


e0237645_21040514.jpg


e0237645_21040510.jpg


e0237645_21060715.jpg


e0237645_21060759.jpg


e0237645_21060800.jpg


e0237645_21060845.jpg


e0237645_21060899.jpg


e0237645_21060847.jpg


e0237645_21060857.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-06-14 16:02 | 京都風情 | Comments(1)

京都大原三千院の「苔庭とわらべ地蔵」20180614

京都大原三千院の「苔庭とわらべ地蔵」20180614



三千院のこの時期はアジサイもありますが、なんといっても愛くるしい「わらべ地蔵」ではないかと思います。苔庭の中で苔にまみれて苔からひょっこり顔を出しているのは何とも言えません。
わらべ地蔵はきれいになっていました。

e0237645_21252342.jpg

e0237645_21252388.jpg

e0237645_21252314.jpg

e0237645_21252488.jpg

e0237645_21252442.jpg

e0237645_21252413.jpg

e0237645_21252423.jpg

e0237645_21252415.jpg

e0237645_21252524.jpg

e0237645_21252574.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-06-14 15:21 | 紹介記事 | Comments(2)

京都大原三千院の「アジサイ園」20180614

京都大原三千院の「アジサイ園」20180614



三千院のアジサイの鑑賞は、私の今年最後の所だ。
しかしまだ満開ではなかったのが残念だがそれなりにきれいに咲いていた。
今年はここに来るまで数か所回ってきたが、どこもだんだん種類も量も充実してきているように感じた。しかし、理由は別として三千院のアジサイは残念ながら改善の跡はあまり見られなかった。折角アジサイ庭園を広くとっているので是非もっと充実していただくと嬉しい。

e0237645_21183181.jpg

e0237645_21183114.jpg

e0237645_21183259.jpg

e0237645_21183283.jpg

e0237645_21183260.jpg

e0237645_21183251.jpg

e0237645_21183220.jpg

e0237645_21183394.jpg

e0237645_21183365.jpg

e0237645_21183488.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-06-14 15:14 | 紹介記事 | Comments(0)

京都大原「三千院」20180614

京都大原「三千院」20180614



三千院は比叡山に8世紀に建立された「円融坊」が起源とされている。この円融坊は最澄が比叡山延暦寺を開いた時に建てられたもので、天台三門跡の中でも最も歴史が古い。

何回かの移転の後、1871年(明治4年)に現在地に移り、名前も「三千院」となったようである。

三千院の境内にある「往生極楽院」は元々(平安末期)この地にあった「阿弥陀堂」であり、三千院の移転後境内に取り込まれたという。

この阿弥陀堂(旧称)には、大和坐りの国宝の阿弥陀如来・阿弥陀三尊像が安置されている。ここでは訪れた人たちに説教が行われている。

この時期、緑が濃く庭園の青々とした苔やアジサイなどの花が心落ち着く情景を醸し出している。

e0237645_20511332.jpg


e0237645_20511366.jpg


e0237645_20511393.jpg


e0237645_20511323.jpg


e0237645_20511388.jpg


e0237645_20511404.jpg


e0237645_20511466.jpg


e0237645_20511481.jpg


e0237645_20533557.jpg


e0237645_20533558.jpg


e0237645_20533560.jpg


e0237645_20533536.jpg


e0237645_20533684.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-06-14 15:10 | 紹介記事 | Comments(0)

京都大原「額縁の窓:宝泉院」20180614

京都大原「額縁の窓:宝泉院」20180614



宝泉院(ほうせんいん)は、京都大原にある天台宗の寺院である。山号は魚山、本尊を阿弥陀如来とし、実行院とともに大原寺勝林院の僧坊の一つである。天台宗の三門跡寺院1つである三千院の参道奥にある。

法泉院が脚光を浴びるようになったのは書院から見た、樹齢700年と言われる五葉松であろう。この五葉松が額縁の中にあるように見ることができる。

書院は江戸初期に造られたが、関ヶ原の戦いの前哨戦で鳥居元忠が数百人の部下と伏見城で自刃して果てた床をこの書院の天井に使った「血天井」がある。

またこの書院の横には「水琴窟」ありきれいな澄んだ響きを聞かせてくれる。

三門跡寺院;青蓮院・三千院・妙法院をいう。

 また、五門跡寺院;青蓮院・三千院・妙法院に加え、曼殊院・阿弥陀堂、ともいう。

e0237645_20451913.jpg


e0237645_20451935.jpg


e0237645_20451974.jpg


e0237645_20452080.jpg


e0237645_20452051.jpg


e0237645_20452024.jpg


e0237645_20452023.jpg


e0237645_20452081.jpg


e0237645_20463842.jpg


e0237645_20463858.jpg


e0237645_20463821.jpg


「石盤」

サヌカイトといわれる美しい音が出る石である。上手く旋律を調整してある。これは住職で声明の大家であったといわれる、深達僧正(明治時代)が音律を知るために愛用されたものという。



e0237645_20463919.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-06-14 14:42 | 歴史散歩 | Comments(0)