京都吉祥院天満宮(道真生誕地)20180813

京都吉祥院天満宮(道真生誕地)20180813



吉祥院天満宮(きっしょういんてんまんぐう)は京都市南区吉祥院にある、菅原道真(主祭神)を祀る神社である。

創建は934年(承平4年)といわれ、北野天満宮よりも古く、初の天満宮である。

この地は菅原道真公生誕の地(異説はあるが、)とされ、この地で845年(承和12年)に誕生し、18歳で転居するまでこの地で過ごしたといわれている。ここには「胞衣塚」、「産湯の井」、「鑑の井」などの遺跡が残されている。

菅原道真は903年(延喜3年)に太宰府で没した後、この地に吉祥院聖廟がおかれその霊が祀られていたが、その後、怨霊鎮魂のために朱雀天皇の勅願により、934年(承平4年)この地に社殿を築くなどして道真公の霊を祀ったことが始まりとされている。

e0237645_23175815.jpg


e0237645_23175888.jpg


e0237645_23175834.jpg


e0237645_23175845.jpg


e0237645_23201468.jpg


e0237645_23335900.jpg


e0237645_23201473.jpg




e0237645_23203871.jpg


e0237645_23251121.jpg




e0237645_23251132.jpg


e0237645_23251146.jpg


e0237645_23253540.jpg


e0237645_23262732.jpg


e0237645_23262762.jpg


e0237645_23262710.jpg












この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-08-13 13:00 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)

平城京(奈良)の夕日20180808

平城京(奈良)の夕日20180808



時間ができたので近鉄奈良西大寺で下車し、平城京を一回りしました。
復元ができている、「朱雀門」、「大極殿」などですが夕暮れになると大極殿に架かる夕陽を見ることができ雌伏のひと時をいただきました。
もう少し暗くなると街のツバメがねぐらを求めて集団で平城京の上を通り森へ飛んでいく姿がみえました。思いがけずいいものを見た感じです。

e0237645_21444339.jpg

e0237645_21444390.jpg

e0237645_21444350.jpg

e0237645_21444380.jpg

e0237645_21444309.jpg

e0237645_21444489.jpg

e0237645_21444441.jpg

e0237645_21444422.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-08-08 19:15 | (歴史)関西史 | Comments(2)

平城京「東院庭園」20180808

平城京「東院庭園」20180808



平城宮は他の日本古代都城の宮殿地区には例のない東の張出し部を持ちます。この南半は皇太子の宮殿があった場所で、「東宮」あるいは「東院」と呼ばれていました。(今も東宮御所には皇太子がおられます。)その南東端に東西60m、南北60mの池があり、これを中心に構成されている区画が東院庭園です。
時間的に中に入ることができませんでしたが、詳しくは以下のURLをご覧ください。
https://www.nabunken.go.jp/heijo/museum/page/toin.html


e0237645_13292607.jpg


e0237645_13292625.jpg


e0237645_13292787.jpg


e0237645_13292799.jpg


e0237645_13292735.jpg


e0237645_13292743.jpg


e0237645_13292764.jpg


e0237645_13292815.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-08-08 19:00 | (歴史)関西史 | Comments(2)

宇奈多理高御魂神社(平城京横)20180808

宇奈多理高御魂神社(平城京横)20180808


平城京の東院庭園に隣接して「宇奈多理高御魂神社」というのがありました。
神社略記が乗っていましたのでそのまま掲載します。

「宇奈太理坐高御魂神社略記」

鎮座地 奈良市法華寺町六百番地
御祭神 三座
高御魂尊(中座)
 高天原にましました神で天御中主尊と神産日尊と共に造化の三神として御徳極めて高く鎮
 魂の神であらせ給う。高天原に大事ある毎に主長として諸神を率いて事に当たり、常に天照
 大神を助け、八百万の神を指揮し給うた神
天太玉命(東座)
 高御魂尊の御子、神事を掌給う神で天岩戸の祈祷のとき、その御前で太玉串を捧持され祭
 祀を以て天照大神にお仕え遊ばされた神
思兼命(西座)
 高御魂尊の御子。数多くの思慮を一身に兼ね持ち給うたと言う意で高天原に大事あった時
 必ず画策して事ならなかったことは無いと言う。
由緒
 延喜式内の大社で月次・相嘗・新嘗の幣に預かっていた。古文書では宇奈足とも菟足とも書いている。武内宿禰の勧請と伝えられ「日本書紀」によると持統天皇六年(692)二月には新羅の調を伊勢住吉紀伊大倭菟名足の五社に奉るとある。その一社でこの神社の神戸は正倉院文書の天平2年(730)大振る税帳新抄格勅符抄に載っているが、何れも神名は菟名足となっている江戸時代には楊梅神社と呼ばれたこともあり、いま「うなたり社」とか「西の宮さん」とか言っているのは近郷だけでの通称の略称である。本殿は室町時代初期の建築遺構を残し、三間社流造檜皮葺で国指定の重要文化財である。境内一帯は平城天皇の楊梅宮址とか春日斎宮の斎院址とかの学説もある。
境内社
 みな天孫降臨に随従された神々を祀る
天鈿女命社
 天岩戸の前で神楽を舞い天孫降臨に随従された女神、芸能の祖神
猿田彦命社
 天孫降臨の時先頭に立って八街の邪神を祓い交通安全に導かれた神
手力男命社
 天岩戸の変の時岩戸を開いて天照大神を助け申し上げた力の強い神で天孫降臨に随従さ
 れた神
大宮媛命社
 太玉命の御子、天照大神に仕え世を平和に導かれた神
豊岩窓命社
 御門の神、天孫降臨のとき天照大神の勅を承り、思兼命、天力男命と共に豊葦原に降り給
 うた神

(以上、社頭の説明文)


e0237645_13192216.jpg


e0237645_13192286.jpg


e0237645_13192391.jpg


e0237645_13192340.jpg


e0237645_13192380.jpg


e0237645_13192323.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2018-08-08 18:20 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

平城京(奈良)の現在の様子20180808

平城京(奈良)の現在の様子20180808



奈良「平城京」に行ってきました。
平城京の復元は徐々に行われており、「朱雀門」をはじめとして「大極殿」が復元され、東院庭園・宮内省なども出来上がっております。
現在は「朝堂院」の復元工事がおこなわれていました。
これからこの平城京をどのように復元していくのか楽しみなところでありますが、広大な敷地の中に点在する建物のつながりが希薄なことや交通の便が良くないのが折角の史跡を持ちながら、あまり訪れる人が少ない要因ではないかと思います。
もっともっと平城京を知ってもらう工夫ができるのではないかと思うが・・・。

e0237645_23232071.jpg

e0237645_23501955.jpg

e0237645_23232015.jpg

e0237645_23232012.jpg

e0237645_23232004.jpg

e0237645_23232127.jpg

e0237645_23550866.jpg



e0237645_23232129.jpg

e0237645_23575041.jpg

e0237645_00143210.jpg

e0237645_00042371.jpg

e0237645_00042492.jpg

e0237645_00285366.jpg

e0237645_00042404.jpg


e0237645_00042485.jpg











この項 <完>






# by mo-taku3 | 2018-08-08 16:05 | (歴史)関西史 | Comments(2)