人気ブログランキング |

黄金に輝く久し振りの『金閣寺』20190920

黄金に輝く久し振りの『金閣寺』20190920



金閣寺です。特に説明をするまでもありませんが、簡単にご紹介しますと、
正式名称を鹿苑寺といい、銀閣寺とともに相国寺(臨済宗:京都五山)の塔頭寺院の一つです。
舎利殿「金閣」が特に有名なため一般的に金閣寺と呼ばれるようになったようです。
元は鎌倉時代の公卿、西園寺公経の別荘を室町幕府三代将軍の足利義満が譲り受け、山荘北山殿を造ったのが始まりとされています。

義満の死後、遺言によりお寺となり、夢窓国師を開山とし、義満の法号鹿苑院殿から二字をとって鹿苑寺と名づけられました。



e0237645_17392141.jpg



e0237645_17393366.jpg



e0237645_17394377.jpg



e0237645_17401652.jpg



e0237645_17403022.jpg




e0237645_17404241.jpg



e0237645_17411849.jpg



e0237645_1741336.jpg



e0237645_1741499.jpg



e0237645_17415827.jpg







この項 <完>

# by mo-taku3 | 2019-09-20 10:09 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)

「床もみじ・床みどり」の岩倉実相院20190919

「床もみじ・床みどり」の『岩倉実相院』20190919


岩倉実相院は、名のとおり幕末で有名となった岩倉卿の里である。

『岩倉実相院』が門跡寺院である。門跡寺院とはその寺院の住職を天皇家の血を引く方々が務められていた、格式の高い寺院のことをいう。

元は京都北区紫野にあったのが、京都御所の近くに移っていた。 更にここ岩倉に移ったのは応仁の乱の戦火を逃れるためであったと言われている。
庭はきれいだし、名称の変わった磨かれた床に映し出される庭の景色(床みどり)が何とも言えない風情がある。
また、東山を望む庭園もきれいに整備されて素晴らしい。

e0237645_13383342.jpg



東山を借景とした庭園。
右端に比叡山が隠れている。


e0237645_13385977.jpg



中庭の庭園。(箱庭にしては広い。

e0237645_13391233.jpg



e0237645_13402994.jpg



これが「床みどり」。
ここは写真撮影禁止となっている。
この2枚の写真は貼ってあったポスターの写真である。うつりがわるいのご勘弁ください。

実物はもっときれいです。

e0237645_13404818.jpg



e0237645_1341571.jpg










この項 <完>





# by mo-taku3 | 2019-09-19 14:00 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)

江戸の町人の暮らし(江戸東京博物館)20190913

江戸の町人の暮らし(江戸東京博物館)20190913



江戸東京博物館の中に江戸の暮らしがつくられていました。
その中で、町人の暮らしを取り上げてみました。
色々な職人の仕事や住まい、町火消しの様子、「時の鐘」などがあり、特にこの時の鐘によって時刻が分かるようになっていたようです。しかしこれは有料だったというのが面白いというか何というか…。
面白いのは、「町の支配と運営」というのが描かれており、仕組みがよくわかりました。

e0237645_17190779.jpg

e0237645_17190709.jpg

e0237645_17190784.jpg

e0237645_17190749.jpg

e0237645_17190723.jpg

e0237645_17190720.jpg

e0237645_17201246.jpg

e0237645_17201371.jpg

e0237645_17201360.jpg

e0237645_17201334.jpg

e0237645_17201386.jpg

e0237645_17201321.jpg










この項 <完>






# by mo-taku3 | 2019-09-13 11:15 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

江戸東京博物館20180913

江戸東京博物館20180913



東京の両国国技館の奥に「江戸東京博物館」というのがあります。なかなか楽しい施設で、平成5年に建てられたとあります。
中は江戸の様子を大規模な街の模型を造り展示してあり、エスカレーターを下りて入ると日本橋が見えてきます。かなり大きな橋です。
江戸の特長をよく捉えた、機構体制・仕組み・風習・息吹き・風俗、などを感じることができます。
これ造られた頃はもう東京に居なかったので今回初めて知ることができたのは幸いでした。

e0237645_23043992.jpg

e0237645_23043951.jpg

e0237645_23043927.jpg

e0237645_23044020.jpg

e0237645_23044045.jpg

e0237645_23044041.jpg

e0237645_23044032.jpg

e0237645_23044043.jpg

e0237645_23054968.jpg

e0237645_23054984.jpg

e0237645_23055030.jpg

e0237645_17130843.jpg











この項 <完>






# by mo-taku3 | 2019-09-13 09:32 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

聖武天皇と紫香楽宮跡(しがらきぐう)0190910

聖武天皇と紫香楽宮跡(しがらきぐう)0190910



紫香楽宮跡は、松林に覆われた丘陵地に残る、国指定の史跡です。

聖武天皇は奈良の平城京で政治を行っていましたが、天平12740)年10月末に奈良を離れ、年末には奈良の北(木津川市加茂町)とその周辺に新しい都を造り始めました。

恭仁京(くにきょう)の建設が進められている間、恭仁京から甲賀郡紫香楽村に通じる道(恭仁東北道)が開通し、天皇は紫香楽村に離宮を造り、後にこの地を都としています。そして、三つ目の宮である難波宮(今の大阪市森ノ宮周辺)を都にする準備を進め、同年2月末には正式に難波を都とする宣言をしました。

聖武天皇が遷都を考えた理由には色々な説がありますが、有力と思われるのは中国の複数都制があったのではないかということです。恭仁京は物流、難波京は外交・貿易、そして紫香楽宮は仏都(廬舎那仏の建立)ということのようです。

その仏都として造られた『紫香楽宮跡』は、緑の松林に囲まれた緩い坂の参道をたどると、金堂跡があり、背後を囲むように僧坊跡・経堂跡・鐘楼跡・塔院跡などの礎石(そせき)が並び、東大寺とよく似た伽藍配置の寺院跡であることがわかります。この寺院は、聖武天皇が紫香楽宮で大仏造立をはじめた甲賀寺跡だと考えられています。
東西90m・南北110mにわたる広い丘陵地には、建造当時の335個の礎石が残り、はるか天平時代の雅やかな雰囲気が偲ばれます。


e0237645_22051542.jpg


e0237645_22051580.jpg


e0237645_22051632.jpg


e0237645_22051656.jpg


e0237645_22051613.jpg


e0237645_22051601.jpg


e0237645_22061016.jpg


e0237645_22061019.jpg


e0237645_22061164.jpg


e0237645_22061107.jpg











この項 <完>





# by mo-taku3 | 2019-09-10 14:30 | (歴史)関西史 | Comments(2)