人気ブログランキング |

京都嵐電沿線のお寺巡り

京都嵐電沿線のお寺巡り

御室仁和寺(おむろにんなじ)
嵐電の「御室仁和寺駅」を降りると直ぐに、仁王門が見えてくる。

仁和寺(にんなじ)は、真言宗御室派総本山。本尊は阿弥陀如来、開基は宇多天皇である。
「古都京都の文化財」の一つとして、世界遺産にも登録されている。
ここは門跡寺院(皇室とゆかりの深い寺)の一つで、出家後の宇多法皇が住まわれたことから、「御室御所」(おむろごしょ)と称されている。
仁和寺は桜が有名で特に「御室桜(おむろざくら)」といわれている。このあたりは岩盤が固く、深く根を張れないことから、桜の背丈が低い。このことから、「花(鼻)が低い」ということで、「お多福桜」ともいわれている。
この桜の満開は、4月の後半と遅く、桜の名所の多い京都で季節の最後を飾り、沢山の人出で賑わっている。(日本さくら名所100選に選ばれている。)

京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_23111370.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22495645.jpg



仁王門の仁王像が凛々しく、時代の味を出していたので写真におさめてみた。

京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_23312329.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_2331562.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_1027912.jpg



妙心寺(みょうしんじ)
嵐電の「妙心寺駅」を降りて300m位で妙心寺北門に達する。

栄西が最初に禅の伝統を日本に伝えたとされている(臨済宗)。
中国では五家七宗がある。
日本では日本禅宗24流と云われ、それぞれの流れが一派をなしており、禅宗の総本山なるものはない。
妙心寺は、臨済宗妙心寺派としての大本山寺院。本尊は釈迦如来。開基は花園天皇。初代住職は関山慧玄(かんざんえげん、無相大師)である。
日本の臨済宗寺院約6,000寺のうち、約3,500寺を妙心寺派で占めている。

写真の配置図にもあるとおり、中心伽藍の周囲には多くの塔頭(たっちゅう)が建ち並んでいる。
室町時代、幕府の庇護と統制下にあった五山十刹(ござんじゅっさつ)に代表される一派と、在野の寺院とがあり、前者を「禅林」または「叢林」(そうりん)、後者を「林下」(りんか)といった。
妙心寺は、大徳寺とともに、「林下」の代表的寺院である。
妙心寺の塔頭は48院に及び、うち山内塔頭38院、境外塔頭は石庭で著名な龍安寺を含め10院を数える。
代表的な山内塔頭としては、
東海庵 - 庭園(方丈前庭)は史跡・名勝に指定。
玉鳳院 - 花園天皇の離宮跡に建つ。庭園は史跡・名勝に指定。
東林院 - 枯山水庭園、水琴窟が見られる。沙羅双樹の花が咲く時期の特別公開で知られる。
桂春院 - 杉苔とツツジの庭園は史跡・名勝に指定。
天球院 - 狩野山楽・山雪らが描いた方丈障壁画150面あまりが重要文化財。
退蔵院 - 日本の初期水墨画の代表作である如拙(じょせつ)筆の国宝「瓢鮎図」(ひょうねんず)を所有する(京都国立博物館に寄託)

常時公開している塔頭は、大心院、桂春院、退蔵院のみとのことである。

京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22561720.jpg



佐久間象山の墓石標を発見した。
佐久間象山遭難之碑は暗殺された場所(木屋町御池上ル)に立派に建立されている。
ここにはお墓があるらしい。

京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22563430.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22573139.jpg




等持院
嵐電「等持院駅」を降りて、北方向約300mいくと正門に着く。

等持院(とうじいん)は、臨済宗天龍寺(嵐山)派の寺院。足利尊氏の墓所としても有名。
室町幕府創設時(南北朝時代)の色々な逸話が残されているところでもある。
足利尊氏は最初、柳馬場御池付近に等持寺を建立し、その2年後(1343年)、現在の別院北等持寺を建立したとされている。また、異説として暦応元年(1338年)頃に尊氏の弟である足利直義が古先印元を開山として建立したとする説が出されている(どうもこちらの方が信憑性があるようだ)。

足利政権は三代義満の時代に安定するが、そこまでは政権基盤は不安定で、将軍の絶対権限は存在せず、尊氏は内部抗争や南朝軍に悩まれ続けていた。そのとき部下の讒言などにより、弟の足利直義を殺すことになってしまい、直義の逸話も殆ど抹殺されている。
現在の等持院は、もともと足利直義の屋敷の隣にあったことから、先に挙げた“異説”の方が信憑性があるとされている。

しかし、尊氏の死後、別院北等持寺は尊氏の墓所となり、その名前を「等持院」と改称した。その後、応仁の乱で柳馬場の本寺が焼失したため、別院だった現在の等持院が本寺になっている。

霊光殿に安置されている足利歴代将軍木像が安置されている。

京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22581118.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22584185.jpg



京都嵐電沿線のお寺巡り_e0237645_22585940.jpg




このように訪問した史跡にまつわる逸話などを調べてみると面白いことがわかってくる。
だから、歴史ロマンという言葉が大好きである。

(この項、完)

by mo-taku3 | 2011-09-29 23:07 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)