人気ブログランキング |

軟式野球発祥の地

軟式野球発祥の地


今日はひな祭りだが、桃の花ではなく、梅の花をカメラに収めようと、ネットで見た五分咲きの梅宮大社と北野天満宮に行ってきた。
ともに情報通り、梅の花が生き生きと咲いていた。
しかし、雨模様になってきたので、早々に引き揚げてきたが、その途中、家の近くでこんな石碑を、偶然見つけることができた。

ここは、下京区烏丸通り高辻 にある、学校統合で廃校になった「成徳小・中学校」の跡地である。
e0237645_23503710.jpg

ここは、写真に写っている通り、【軟式野球発祥の地】となっていた。
高校時代野球部に入っており、使っていたボールも軟式だったので、急に懐かしさがこみ上げてきた。
“そうか、ここが軟式野球の発祥かぁ”。

文献を調べてみると、
「野球は 明治初年にアメリカから伝わり, 1915(大正4)年に開催された全国中等学校優勝野球大会などにより 全国の青少年の間に普及していった。
この頃 本格的に硬式ボールを使えない子供たちは, テニスボールなどで野球を楽しんでいたようだが, 重量が軽くてスピード感が伴わず, 耐久性も不足するなどの欠点があった。
大正4年, 第1回全国中等学校優勝野球大会 (現 全国高等学校野球選手権大会) において京都二中が見事初優勝を飾り, 京都の少年達の間に一気に野球熱が高まった。
少年達がより安全かつ安価に野球を楽しめるよう, 京都市の小学校の教員が中心になり「京都少年野球研究会」が結成され, 京都文具商業組合長の鈴鹿栄氏(平成15年野球殿堂入り)が要になって野球用ゴムボールの開発が行われた。
ボールは大正7年に完成し, 翌年7月に京都市第二高等小学校(下京区 元 成徳小学校。戦後, 成徳中学校に) において, 京都少年野球研究会が軟式野球大会を開催したのが, 我国はもとより, 世界に普及した軟式野球の始まりである。」


また、隣りには、【栄養給食先駆けの地】という石碑もあった。
具体的な意味は分からないが、きっとカロリーなどの栄養を考えた給食を始めたのだろうか。
石碑を建てる位だからそれなりの意味があると思う。
e0237645_2351558.jpg


京都は昔から教育には熱心だったようだ。
小学校・幼稚園も京都発の初物だった。
近くに、「学校歴史博物館」があるので今度行ってみるつもりでいる。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-03-06 00:22 | 京都発の初物 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-03-06 06:51 x
此れは素敵ですね 子供の表情も良いし大人用のバットとグローブ 子供の野球への憧れの気持ちが良く表れていますね
軟式野球が京都発祥とは知りませんでした 一度見に行かねば

隣に栄養給食先駆けの地という碑が有りますね 此れも面白い
発祥の地ではなく先駆けの地 学校給食は栄養給食と云ったのですね
Commented by mo-taku3 at 2012-03-06 20:54
色々ありますね。
小学校・中学校があれば何かがあるように思います。
栄養給食の先駆けの意味を調べたのですが、よく分からなかったので、今週末学校歴史博物館というところに行ってきます。