人気ブログランキング |

⑤京劇(臺戯北棚)

⑤京劇(臺戯北棚)



(臺戯北棚の紹介)
参考資料によると、
「台北戲棚の劇場は中山北路二段の「台泥大樓(台湾セメントビル)」の中にある。大理石がふんだんに使われた豪華な建物である。
このビルにある台灣水泥公司(台湾セメント)は日本統治時代から京劇など中国伝統芸術の劇場運営や劇団の主宰を行ってきた辜氏一族が経営する企業で、経営者の辜振甫氏が2004年に京劇を広めるために「辜公亮文教基金会(The Koo Foundation)」を設立して、この台泥大樓内に臺北戲棚を開設し、伝統芸術が観賞できる場所として公開している。」
演劇中は言葉の壁を少しでも低くするため、日本語、英語、中国語の字幕が表示されます。劇場スタッフも日本語や英語に精通した担当者が揃っていて親切に対応してくれます。
建物の中に入ると、「臺戯北棚」のデザインが目に入る。
なかなか洒落た作りをしており、ディスプレイも色々考えられている。
e0237645_23333264.jpg

建物の前もこのような四角柱の広告塔がいくつも並んでいる。
e0237645_2334086.jpg

舞台は終始このままで、大道具の変化は全く無かった。
e0237645_23341872.jpg

ここは一般的な劇場と違って上演の前後や休憩時にも舞台の外でも上演中とは違った姿を見せてくれているとのこと。
e0237645_23343878.jpg
e0237645_23351665.jpg

休憩時にも舞台の外でメイクをする様子など、役者さんの上演中とは違った姿を見せてくれる。
e0237645_23353210.jpg

開演前に主役とツーショット。(主役とは知らなかったが。)
e0237645_2335528.jpg

舞台上の展開を暫く見ていただきたい。
e0237645_2336277.jpg
e0237645_23364871.jpg
e0237645_23392498.jpg
e0237645_23394972.jpg
e0237645_2340795.jpg
e0237645_23403744.jpg
e0237645_23405495.jpg
e0237645_23411633.jpg
e0237645_23413626.jpg
e0237645_2342586.jpg

このように、フラッシュさえたかなければ写真が写せるというのは最高である。
最後に主役を挟んで3ショット。ミーハーをやってしまいました。
e0237645_23422372.jpg



2時間振る出演で、しかもアクロバット雑技の動きをした後でも、このように嫌な顔をせずに応対してくれたのは、どこかの国の舞台俳優とはかなり違う。
また、故宮以外は全て写真がOKということも、台湾いいとこ!






この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-03-06 15:17 | (旅行)海外旅行全般 | Comments(4)

Commented by まりこ at 2012-03-20 10:31 x
娘です。NHKの日中共同制作ドラマの蒼穹の昴で京劇がたくさん出てきてから、素敵だなぁ観たいなぁと思っていました。こんないいツアーもあるのですね。ベンツ貸切で行けて気分も良さそうです。台湾に行きたくなりました。
Commented by mo-taku3 at 2012-03-20 21:17
そうだよね、「蒼穹の昴」を見ていたんだよね。
画像ではわからないけど、とにかく動きが激しく、主役は特に大変だと思います。
Commented by toshi at 2012-03-21 07:20 x
やはり歌舞伎に近いものがありそうですね 
Commented by mo-taku3 at 2012-03-22 16:23
ここでは、歌舞伎の感じはしませんでした。
全く動きが違います。雑技団のあの動きですし、歌舞伎の重厚さは余り感じられませんでした。