人気ブログランキング |

京都の御土居跡(おどいあと)-その2

京都の御土居跡(平野鳥居前町)-その2


【平野鳥居前町の御土居】

御土居が復元整備されたところがあると聞いて、平野鳥居前町という住所で探してみた。
しかし、なかなか見つからない。
あきらめて帰ろうかと思ったが、住宅地を通り抜け北野天満宮につながるであろう道に入っていくと、住宅地のど真ん中に、高い土手が出現した。
貴重な住宅地の中に、よくぞ再現してくれたという感じで存在していた。
京都人の史跡保存には頭が下がる思いがした。

御土居の近くには、桜で有名な平野神社があり多くの人で賑わっていた。(別途投稿予定)
e0237645_823694.jpg

かなり高い、長さ50m位の大きな土手を築いていた。
町内会で同意を取るのは大変だったのではないか。
e0237645_757156.jpg

e0237645_7573156.jpg

e0237645_7574563.jpg

e0237645_757594.jpg

e0237645_7583213.jpg


土手の上まで登ってみたが、かなり高く、敵を見張るには十分な高さのように感じた次第である。

結局、この土手も使うことなく済んだと思われるが、
昔から、京都は戦乱の渦に巻き込まれることが多く、信長の本能寺の件もあり、秀吉が築かせたのではないかと思いをはせる。
何故か、京都では秀吉の人気が高いのは、このような気持ちが通じていたからではないか・・・。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-04-08 07:30 | (歴史)京都史 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-04-09 06:58 x
この赤いべべの石仏の写真は 他で見た記憶が有ります
此れだけの土を何処から運んだんでしょうか しかもかなりの短期間でやり遂げたとのことですから驚異的です 秀吉は工賃を払ったそうですからある意味公共事業なんですね この場所が一番見晴らしが良いですか?
Commented by mo-taku3 at 2012-04-09 13:47
復元したものを見ると規模の凄いことが分かります。
見晴らしから云うと、天神川を利用して作っているこの当り(天満宮も含めて)は御土居の外側から見るとかなりの要害に見えたと思います。