人気ブログランキング |

清水寺の桜便り

清水寺の桜便り


清水寺の沿革はおおよそ次の通りである。
宝亀9年(778年)、大和国興福寺の僧で賢心は、夢のお告げで今の清水寺の地である音羽山に至った。
金色の水流を見出した賢心がその源で、千手観音を念じ続けている行叡居士(ぎょうえいこじ)という白衣の修行者がいた。
年齢200歳になるという行叡居士は賢心に「私はあなたが来るのを長年待っていた。自分はこれから東国へ旅立つので、後を頼む」と言い残し、去っていった。行叡は観音の化身であったと悟った賢心は、行叡が残していった霊木に千手観音像を刻み、行叡の旧庵に安置した。これが清水寺の始まりであるという。

その2年後の宝亀11年(780年)、鹿を捕えようとして音羽山に入り込んだ坂上田村麻呂(758年 - 811年)は、修行中の賢心に出会った。田村麻呂は妻の高子の病気平癒のため、薬になる鹿の生き血を求めてこの山に来たが、殺生の罪を説かれ、観音に帰依して観音像を祀るために自邸を本堂として寄進したという。
田村麻呂は、後に征夷大将軍となり、東国の蝦夷平定を命じられ、毘沙門天と地蔵菩薩の化身)の加勢を得て戦いに勝利し、無事に都に帰ることができた。
延暦17年(798年)、田村麻呂は本堂を大規模に改築し、観音像の脇侍として地蔵菩薩と毘沙門天の像を造り祀ったという。
以上の縁起により、清水寺では行叡を元祖、延鎮(賢心)を開山、田村麻呂を本願と位置づけている。

山門の横には、桜並木が続いている。
清水寺の桜便り_e0237645_16394245.jpg


中世から、八坂の塔(法観寺)を経て産寧坂(三年坂)を南方向へ上り、経書堂(きょうかくどう)のところで左(東)へ折れるルートが参道であった。
その産寧坂(三年坂)の登りきる直前に、このような見事な枝垂れ桜が咲いている。
清水寺の桜便り_e0237645_16423355.jpg

清水寺の桜便り_e0237645_16425016.jpg


山門をくぐりチケット売り場に着くと、朝6:00から開門しているとのこと。
チケットを買って、すぐ右の手摺から下を見ると、7時前だというのに既に見終わった人たちが帰路を歩いていた。
清水寺の桜便り_e0237645_1640784.jpg

清水の舞台を望む全景は非常に美しい。
清水は何といっても、紅葉が有名であるが桜の季節も絶景である。
清水寺の桜便り_e0237645_1640423.jpg

清水の舞台には沢山の修学旅行生が来ていた。
聞いてみると、長野の中野中学校?云っていた。
清水寺の桜便り_e0237645_16405389.jpg

下の歩道から見ると、このように見える。
清水寺の桜便り_e0237645_16413053.jpg

これは有名な延命水の「音羽の滝」である。
日頃、観光客が絶えることのない清水寺音羽の滝は、古来「黄金水」「延命水」とよばれ、日本10大名水の筆頭にあげられる有名な水である。清水寺の名の由来もこの清らかな清泉が音羽の山中より1000年以上、涌き続けていることに由来している。
清水寺の桜便り_e0237645_16414355.jpg

清水寺の桜便り_e0237645_16422081.jpg

出口に近いところに池があり、水藻に写る桜が見事だった。
清水寺の桜便り_e0237645_1643760.jpg

皆さんにはあまりなじみのない「茶碗坂」の上から見た桜も映えていた。
清水寺の桜便り_e0237645_1649460.jpg


とにかく、清水寺は桜・紅葉だけでなく、いつ行っても気持ちの良いところである。



この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-04-12 20:24 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-04-18 07:31 x
前職の先輩 長谷猪一郎さんの「田村(白式)」を拝見する機会が有り 清水寺と田村麻呂の関係を知りました 次回は田村堂をぜひ見たいと思っています 音羽の瀧は一度枯れたことが有りませんでしたっけ?
Commented by mo-taku3 at 2012-04-19 00:17
残念ながら、音羽の瀧の水枯れは記憶にありません。
驚いたのは、月照聖人の慰霊碑がありました。ここのお坊さんだったのでしょうか。調べてみると、
「1827年(文政10)叔父清水寺(きよみずでら)成就院(じょうじゅいん)住職蔵海(ぞうかい)の下で得度。中将房忍鎧(介)(にんがい)、のち忍岡(にんこう)と改名、字(あざな)は月照、無隠庵(むいんあん)・一鋒(いっぽう)と号した。35年(天保6)成就院住職となり同院の復興に努めた。」
とありました。納得です。
(慰霊碑は叔父の蔵海とセットでした。)