人気ブログランキング |

平安神宮周辺の桜便り

平安神宮周辺の桜便り



琵琶湖第二疎水の水路が平安神宮の周りを回っている。
この水路に平安神宮への橋がかけられ、右上には鳥居がが見える。
e0237645_16261510.jpg


公園にはすばらしい池があり、周りには家族連れが食事をしている。
枝垂れ桜が数本この池を囲んで咲いていた。
e0237645_16262737.jpg


平安神宮の正面には、立派な石柱が立っている。
e0237645_16264267.jpg


公園に沿って多くの桜が立ち並んでいるが、この桜もその一部である。
京都の顔としてかなり整備された状況になっている。
e0237645_16265640.jpg

e0237645_1627937.jpg


ピンクの鮮やかな桜が咲いていた。なんという桜だろう?
e0237645_16282885.jpg


公園の神宮よりに見事な枝垂桜がさいていて、盛んに写真を撮っていた。
e0237645_16293651.jpg


その先には重層な仁王門が鎮座していた。
e0237645_1630034.jpg


平安神宮の本殿の屋根にかぶさるように枝垂れ桜が咲いていた。
見事に満開だった。
e0237645_16302647.jpg


このまま平安神宮の裏庭にまっすぐすすんでいった。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-04-15 23:31 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-04-24 08:21 x
流石に豪華絢爛 見事です 京都は観光資源にきちんと金を掛けているという印象を持ちます 観光客が増え お金を落とし商売繁盛 街が繁栄する 地域開発の鏡です 
Commented by mo-taku3 at 2012-04-24 18:06
京都の観光産業の中心は寺社仏閣となるでしょう。
面白いもので何処かが何かをやると右ならえで一斉に始まる感じがします。
最近の例として、ライトアップ、花燈篭等々です。
10数年前に高台寺の夜間拝観には入場時に少し並ぶ位でしたが、1・2年経つと階段の下からねねの道を500m位並ぶようになりました。
このように、旅行会社やイベント会社が京都をターゲットにした企画を打つようです。
客が入れば儲かり、また新たな企画が始まるという具合です。
外貨も大いに稼いでいるようでいいことですね。