人気ブログランキング |

奈良【東大寺大仏殿】

奈良【東大寺大仏殿】




東大寺大仏殿(とうだいじだいぶつでん)は、知らない人が居ないくらい有名なところで、殆どの人は、修学旅行で一度は訪れているのではないかと思う。
正式には東大寺金堂というが、「大仏殿」の名で広く知られている。
大仏殿には、盧舎那仏坐像(奈良の大仏)が安置されている。
現在の建物は1691年(元禄4年)に完成、1709年(宝永6年)に落慶したもので、日本の国宝に指定されている。
現存する大仏殿は、正面の幅57.5m、奥行き50.5m、棟までの高さ49.1mで、奥行きと高さは創建当時とほぼ同じだが、幅は創建当時(約86m)の約3分の2になっているようだ。
木造軸組建築としては現在でも世界最大となっている。

最初の大仏殿の建設は大仏の鋳造が終わった後に始まり、758年(天平宝字2年)に完成した。
1181年(治承4年)1月15日(旧暦12月28日)、平重衡などの南都焼討によって焼失。その後、1190年(建久元年)に再建され、落慶法要には源頼朝なども列席した。

1567年(永禄10年)、東大寺大仏殿の戦いによって焼失(多聞院日記)。仮の仏堂が建設されたが、1610年(慶長15年)の暴風で倒壊した。
その後、現存する大仏殿の建設が始まり、1691年(元禄4年)に完成、1709年(宝永6年)に落慶した。
また、1879年(明治12年)から1915年(大正4年)までと、1973年(昭和48年)から1980年(昭和55年)まで、それぞれ修理が行われているほか、1952年(昭和27年)3月29日には国宝に指定された。

県道を左折すると、参道があり南大門が見えてくる。
この参道を進んでいくと、正面に大仏殿が見えてくる。

e0237645_23104783.jpg


大仏殿の全景はこのように見える。
この建物が聖武天皇の時代に建てられたということは、驚異的なことではないか。科学的な進歩がない中で人間の知恵と能力には感嘆される。

e0237645_2311175.jpg


大仏殿の前に建つ中門。これまた半端なく大きい。

e0237645_23122845.jpg


中門の左の袖から中に入ると、大仏殿がドーンと目に入る。
前庭の緑に映えて、凄いというより美しい。

e0237645_23124321.jpg


中門の入口の外から見える大仏は、大仏殿が大きいせいかそんなに大きくは感じないが、近くに寄ると、見上げるような、想像以上の大きさである。
写っている人の大きさと比較してみると、お分かりいただけるだろう。

e0237645_2313061.jpg


いよいよ、奈良の大仏さんである。
もう何年ぶりになるだろうか、多分30年振りと思う。
奈良の大仏として親しまれている盧舎那仏坐像は、聖武天皇の発願で天平17年(745年)に制作が開始され、天平勝宝4年(752年)に開眼供養会(魂入れの儀式)が行われたが、大仏は中世、近世に焼損したため大部分が補修されており、建立当時の部分はごく一部である。
盧舎那仏坐像(奈良の大仏)は「銅造盧舎那仏坐像」の名で彫刻部門の国宝に指定されている。

中に入って大仏を見上げると、すべてが桁違いで壮大だということがわかる。大仏殿の大きさから想像してみると、それほどとはという感じだったが、そうではない。凄い!

e0237645_1482358.jpg


また、この他、大仏の左右には木造の如意輪観音坐像と虚空蔵菩薩坐像を安置され、堂内北西と北東の隅には四天王のうちの広目天像と多聞天像が安置されている。
いずれも江戸時代復興期の像だそうだ。

e0237645_11525096.jpg

e0237645_1153928.jpg

e0237645_1151519.jpg

e0237645_11522397.jpg


更に近づくとその大きさが実感できる。

e0237645_2315556.jpg


大蓮弁の一枚の大きさに圧倒される。

e0237645_23152597.jpg

e0237645_13463329.jpg


横のお姿も見事。

e0237645_2316390.jpg


背中もしっかりした彫刻・飾りを施している。

e0237645_13485650.jpg


堂内には明治42年(1909年)の日英博覧会用に製作された、東大寺旧伽藍の模型がある。
模型を見ると、大仏殿の横、東西に七重の塔が建っていたようだ。
今は全く面影もないが、何度も被害に合い、塔までは手が回らなかったようである。

e0237645_2316282.jpg


柱のくぐり抜けを見ていると、外人が盛んにチャレンジしていたり、意外と女性の姿が目につく。
子供があっさり潜り抜けた。拍手喝采!

e0237645_1352026.jpg

e0237645_23165518.jpg


土産物売り場。外人が多いせいか英語の表示が目立つ

e0237645_23165742.jpg


丁度天気に恵まれ、もう一度全体を眺めるとやはり壮観だった。

e0237645_23173245.jpg


大仏殿の正面には、国宝の金銅八角燈籠がたっている。
たびたび修理されているとのことだったが、基本的には奈良時代創建時のものだそうである。
火袋羽目板(写真)4面には楽器を奏する音声菩薩(おんじょうぼさつ)像を鋳出している。

e0237645_142138.jpg



良い目の保養をさせていただいた。







この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-08-29 23:07 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-09-14 07:58 x
余りにも巨大で 信仰の対象と云う気持ちが余り起きません 更にこちらは撮影可 国家鎮護の仏ですから個人としては観るだけでも良いのでしょうか 私にとって大仏殿の最大の見ものは 蓮弁の線刻仏です 創建当時の残存仏は此れだけかもしれません
Commented by mo-taku3 at 2012-09-14 18:39
何を基準にこの大きさになったのでしょうね。
聖武天皇は、対象は何かはわかりませんが、人の意見や仏のお告げなどに簡単に動かされていたように思います。
動きから察すると、遷都の繰り返しの後は、歳とともに仏にすがることも多く、メチャクチャお寺の建設がやられています。また、光明皇后も夫唱婦随で、その後の孝謙・称徳(重祚)天皇も合わせて藤原氏の専横から抜け出そうとした形跡がありありのように見えます。
また、平安京に遷都した桓武天皇の時代に奈良を嫌ったようで、南都六大寺への援助は極端に抑えたようですね。
それでも東大寺はよく持ちこたえたといえるでしょうね。