御香宮神幸祭(神輿行列)宵宮

御香宮神幸祭(神輿行列)宵宮



この神社は、日本第一安産守護之大神として広く崇められている「神功皇后」を主祭神として、仲哀天皇応神天皇他六柱の神が祀られている。
初めは、『御諸神社』と称していたが、平安時代貞観四年(八六二)九月九日に、この境内から「香の良い水」が涌き出たことで、清和天皇より『御香宮』の名を賜った。
豊臣秀吉は天正十八年(1590)、城内に鬼門除けの神として勧請し、社領三百石を献じた。
その後、徳川家康は慶長十年(1605)に元の地(現在地)に本殿を造営し社領三百石を献じた。
慶応四年(1868)正月、伏見鳥羽の戦には伏見奉行所に幕軍が據り、当社は官軍(薩摩藩)の屯所となったが幸いにして戦火は免れた。
十月の神幸祭は、伏見九郷の総鎮守の祭礼とされ、古来『伏見祭』と称せられ今も洛南随一の大祭として聞こえている。


御香宮神幸祭

明治時代以前は旧暦九月九日即ち『重陽の節句』(菊の節句)に行われていたもので、伏見九郷(石井(いわい)・森・船津・即成就院・山・北尾・北内・久米・法案寺の各村)の総鎮守の祭りであった。
それ故に古来『伏見祭』とも称せられ、洛南随一の大祭として聞こえている。
神幸祭は10月10日(現在は10月上旬)、早朝より一年に一度、御香宮大神様が、氏子区域内を『幸(みゆき)』(巡幸)される祭である。
この祭の特徴はお迎え提灯として、各町内より『花傘』が神社に多く参拝するのが有名で、別名『花傘まつり』とも称せられている。
花傘は室町時代の『風流笠』の伝統を今に伝えるもので、看聞御記応永二十八年(1412)九月九日の条に『風流笠四五本・・・風流笠不入門内。竹薮ヲ切開被入之』とある。
現在、六百年にわたる伝統の上に花傘が年々町内の人々の趣向を凝らした姿で祭礼に参加するならわしとなっている。
花傘の総参宮日は、一日目と八日目の夕刻七時頃から九時頃まで、各町内より『アラウンヨイヨイ、アラウントマカセ』の掛け声も勇ましく、伏見随一の繁華街大手筋を上がって神社に参拝する。

(今年度の神幸祭(9・29~10・7)の日程)

第一日目
(9月29日) 第7回ちびっ子相撲大会(午前9時半~)オイデマツリ
  花傘総参宮(午後7時頃~9時頃)
  能舞台において、神賑行事を奉納(午後7時~)
  お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止
第二日目
(9月30日)能舞台において、神賑行事を奉納(午後7時~)
  お神酒頂戴(午後7時~8時)※雨天中止
第一日目~第五日目(9月29日~10月3日)能舞台において、神賑行事を奉納(午後7時~)
第五日目
(10月3日)能舞台において、神賑行事を奉納。終了後、武者組飾りつけ
第七日目
(10月5日)お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止
第八日目
(10月6日)宵宮祭
  花傘総参宮(表門付近午後7時頃~9時頃)
  オクライモライ(猿田講社、武者組、皇馬)
  お神酒頂戴(午後7時~8時半)※雨天中止
最終日
(10月7日)
  神輿巡幸出発時刻行事宮入時刻(境内入りは、それのおよそ30分程前)
  午前5時発輿祭
  午前7時獅子若午後3時
  午前8時猿田講社午後5時
  午前9時半神輿A班午後8時半
  午前9時半神輿B班午後8時
  午前9時40分武者行列午後4時
  午前10時稚児行列午後2時半
  午前10時半神輿C班午後5時半


神幸祭の宵宮ということで夕方出かけてみたが、大きな一の鳥居が坂の途中にそびえていた。

e0237645_21585142.jpg


境内の外まで夜店が出ており、大変な賑わいだった

e0237645_21593386.jpg


(表門)
元和八年(1622)、徳川頼房(水戸黄門の父)が伏見城の大手門を拝領して寄進したものである。
どっしりと落ち着いた豪壮な構えは伏見城の大手門たる貫禄を示している。特に注目すべきは、正面を飾る中国二十四孝を彫った蟇股である。
また、両妻の板蟇股も非常に立派で桃山時代の建築装飾としては、二十四考の彫刻と併せて正に時代の代表例とされている。

e0237645_21595134.jpg


(拝殿)
寛永二年(1625)、やはり紀州徳川家の初代徳川頼宣の寄進による。
桁行七間、梁行三間、入母屋造、本瓦葺の割拝殿となっている。
正面軒唐破風(のきからはふ)は、手の込んだ彫刻によって埋められている。
向かって右は『鯉の瀧のぼり』、すなわち龍神伝説の光景を彫刻し、左はこれに応ずる如く、琴高仙人(きんこうせんにん)が鯉に跨って瀧の中ほどまで昇っている光景を写している。
この拝殿は伏見城御車寄の拝領と一部誤り伝えられる程の豪壮華麗な建物である。
平成九年六月に半解体修理が竣工し極彩色が復元された。

e0237645_2203947.jpg

e0237645_2205318.jpg


能舞台には、甲冑・武具が整然と飾ってあった。
これだけ一同に会した沢山の武具を見るのは珍しい。

e0237645_2211367.jpg


「見所」というところには、「千姫」によって寄進された神輿が飾ってあり、お神酒が上げられていた。
神幸祭の中心は神輿渡御であり、旧神輿は、徳川家康の孫娘、千姫の初誕祝いに奉納された。
通称『千姫神輿』は、日本一重い神輿として氏子の自慢の一つであったが余りにも重く、今は担がない。
現在は、境内見所に保管されており、祭礼期間中のみ、見学ができている。

e0237645_222984.jpg

e0237645_223517.jpg


京都市指定の天然記念物になっている「ソテツ」である。
いつの時期からあるのかは定かではない。
南方系の植物ではあるが、寒さには強く冬も囲いをせずに、過ごしているところから、天然記念物となっているとのこと。

e0237645_2232447.jpg


(御香水)
当社の名の由来となった清泉で「石井の御香水」として、伏見の七名水の一つとなっている。
徳川頼宣、頼房、義直の各公は、この水を産湯として使われたといわれており、絵馬堂には御香水の霊験説話を画題にした『社頭申曳之図』が懸っているという。

e0237645_2245939.jpg


(本殿)
国指定の重要文化財である。
慶長十年(1605)、徳川家康の命により京都所司代坂倉勝重を普請奉行として着手建立された
全体の造り、細部の装飾ともに豪壮華麗でよく時代の特色をあらわし桃山時代の大型社殿として価値が高く、昭和六十年五月十八日重要文化財として指定されている。現社殿造営以降、江戸時代社殿修復に関しては、そのつど伏見奉行に出願し、それらの費用は、紀伊、尾張、水戸の徳川三家の御寄進金を氏子一般の浄財でもって行われた。大修理時には、神主自ら江戸に下って寺社奉行に出願して徳川幕府直接の御寄進を仰いだ例も少なくなかった。
平成二年より着手された修理により約三百九十年ぶりに極彩色が復元された。

e0237645_2252079.jpg


昭和37年、千姫神輿にかわって鵜鳥型と神明型(雁又)の二基を新調し、更に昭和62年神輿一基を新調して三基が拝殿に飾られている。

e0237645_22131444.jpg


(猿田彦)
邇邇芸命(ニニギの命)が、天照大神の命により葦原中つ国を統治するため、高天原から日向国の高千穂峰に降りたという 有名な天孫降臨の神話があるが、このとき、邇邇芸命の 道案内を勤めたのが、「猿田彦」なのである。邇邇芸命は神功皇后、猿田彦が武内宿爾のモデルとも言われている。
日本書紀は蘇我入鹿を罪悪人として描かれているが、時の権力者である藤原不比等の藤原氏の正統化を後世に伝えるための創作と思われるようになってきており、実は国つくりで大きな役割を果たした武内宿爾(蘇我氏の祖でもある)を神格化されたものではないかと思われる。
一方、「天宇受売神」は猿田彦を誘惑し夫婦となっています。
天宇受売神のお多福と、天狗の猿田彦が夫婦和合のルーツとされているわけです。

e0237645_22133916.jpg

e0237645_2215397.jpg


ぱらぱらと雨も降り始め夜もかなり更けてきたが、まだまだ夜店の周りには沢山に人が集まっていた。

e0237645_22161091.jpg



翌日は雨模様なので巡行は来年回しにさせていただいた。









この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-17 12:40 | (祭特集)祇園祭他 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-10-30 08:08 x
御香宮は 伏見をぶらついて居た時に何の知識もなく迷い込んだことが有ります この境内から大山巌が伏見奉行所に大砲を打ち込んだと聞きました そうでしたこの時は 鳥羽伏見の戦いの折の弾痕の跡と 銀座発祥の地の碑を見に行ったのでした
能舞台の甲冑は見事ですね 此れだけで宝物館が出来てしまいそうです
Commented by mo-taku3 at 2012-10-30 22:50
ここは、前の日に、新聞でお祭りがあると聞いて出かけた次第です。
後で資料をめくると色々気になることがあるので、近々また行って来ようと思ってます。
結果はこれに追加します。