人気ブログランキング |

京都丹波篠山の味祭り

京都丹波篠山の味祭り



「丹波篠山の味祭り」とは、
10月6日(土)~8日(祝)/13日(土)・14日(日)午前9時から午後4時まで
実りの秋を満喫 おいしいものに出合い 人とふれあうまち丹波篠山で、イベントを行っている。

※6(土)~8(月・祝)日は、篠山城跡周辺で秋のイベントが多数開催されるため、臨時シャトルバスを運行します。(JR篠山口駅~篠山市民センター)
会 場  大手前南駐車場・大手前北駐車場・たんば田園交響ホール西駐車場
主 催  丹波篠山味まつり実行委員会

となっている。

丹波は黒豆の産地であることをご存知の方も多いと思う。
たまたま、毎年頼んでいる黒豆のお店である「小田垣商店」に直接行ってみようということになり、出かけてみたが、いつもは空いている道が異様に混んでいるので何かあるのではということで、混雑我慢で行ってみた。
小田垣商店で聞いてみると「味祭り」をやっているとのことで、また土曜日ということもあり、近隣の住民が押し寄せていた。
買い物を終え、駐車のお願いをすると、快くごゆっくりとのことであったので、丹波篠山市の会場を散策してみた。

話は戻るが、小田垣商店は黒豆の元締めとのことで、享保年間から一年物の種豆を管理・供給していること聞きびっくり。これからもよろしく・・・です。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21502482.jpg


イベントの日程は、
・丹波篠山牛の丸焼き 10月6日(土)・7日(日) 
 会場:たんば田園交響ホール西駐車場 時間:11:00~(各日500食限定)  
 丹波篠山牛の半身を焼く「丹波篠山牛の丸焼き」。大自然の中で大切に育てられた健康な丹波篠山牛を
 豪快に焼き上げて、肉本来の旨みをそのまま楽しめます。
・お茶席   開催:10月6日(土)~8日(月・祝) 
 会場:大手前北駐車場  
 秋空の下、一服のお茶をお楽しみください
・黒豆のさや投げコンテスト  10月8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)  
 会場:たんば田園交響ホール西駐車場(8日) 大手前北駐車場(13日、14日)  時間:随時  
 黒豆の枝豆を食べていただいたあとの「さや」を投げて、飛距離を競うコンテストです。優勝者には豪華賞品 をご用意しております。雨天時には丹波篠山黒枝豆の「さやもぎ競争」を開催予定。詳細は現地にてご確認 ください。
・東北支援ブース  開催:10月6日(土)~8日(月・祝)、13日(土)、14日(日)   
 会場:大手前南駐車場  
 震災からの復興に向けて頑張っておられる農家・生産者・加工者の皆様を応援します。
となっている。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21505085.jpg


丹波杜氏酒造記念館
丹波篠山の杜氏(とうじ)、つまり酒造りの職人に関する記念館が篠山城跡の近くにある。
ここには、酒造りの用具や資料を始め、代々の名匠が熟練した技と経験で美味しい酒を造ってきた工程を展示している。
冬の農閑期を利用して酒造りをするため灘五郷などに出稼ぎに行った杜氏は、最盛期には、全国各地に5千人余りもいたと言われている。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21505813.jpg


造り酒屋が多数存在し、量り売りの店もあったのにはおどろきだった。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21513074.jpg


計画とは違い、好評なのか「丹波篠山牛の丸焼き」などのイベント広場は結構な混雑だった。
なかには、しし肉などの串焼きもあった。勿論、丹波篠山牛の丸焼きも旨かった。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21523840.jpg

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21525527.jpg


篠山城のお堀もなかなか風流で、この跡城址も見学してきた。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_2153402.jpg


篠山市を通る国道372号と国道176号は、「デカンショ街道」と名付けられています。デカンショ節は、元歌といわれる篠山地方の「みつ節」に、デッコンショやドッコイショというはやし言葉を入れて一高生(現東大生)たちが寮歌として歌うなかで、「デカルト、カント、ショーペンハウエル」の頭文字から「デカンショ」と歌い始めたというのが由来として有力である。
今ではもと歌の地で、国道にもこの名が付いている。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21535213.jpg


市中で「まけきらい稲荷」なる標識を見つけた。
歩きつかれたので、次回にまわすこととした。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_21541097.jpg


篠山城の大手門跡の近くに、顕彰碑文があった。
築城当時からの状況が赤裸々に表現された名文であったので、載せてみた。

京都丹波篠山の味祭り_e0237645_17594210.jpg



丹波篠山(たんばささやま)

篠山にも丹波にも、昔懐かしい城下町の風情が残っている。
立杭焼きの窯元や歴史村、酒造記念館など、数多くのオススメ観光スポットがある。
栗・松茸・黒豆などの産地としても知られ、猪肉を味噌味で煮込んだ「ぼたん鍋」は、代表的な郷土料理である。







この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-17 21:18 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-10-30 07:57 x
丹波篠山は 同い年の桂文珍の出身地 彼は何もない ど田舎と自嘲していますね 京都からなら今はそれ程の距離でもありませんが 昔は都からは隔絶された鄙だったのでしょうね 黒豆は愛好していますが 此処も未踏の地です 明智光秀の丹波攻略は壮絶な闘いだったようですね ゆっくり歩くにはもってこいの場所のように感じます
Commented by mo-taku3 at 2012-10-30 22:57
篠山だけなら半日で充分でしょう。
湯の花温泉にゆっくり泊まって、バスでのんびり行かれるとお良いと思います。
車だと便利なんですが。