人気ブログランキング |

丹波篠山城を訪ねて

丹波篠山城を訪ねて



1609年、徳川家康の命により、築城の名手である、藤堂高虎の縄張りによって、わずか半年で築城されている。小規模だが、二重の桝形や二重三重の櫓のある堅固な平山城である。
当時は、関ヶ原の戦いの後、大阪城の豊臣家の抑えと、西国大名を牽制する目的として造られている。
明治維新後、大書院以外の建物は全て取り壊されたが、濠や石垣などは築城時の面影を偲ばせ、「日本100名城」にも選ばれている。
その後、二の丸の一角にあった大書院は、1944年に焼失している。しかし、2000年3月に往時のまま、忠実に復元され、現在も資料館として内部が公開されている。
再興なった大書院は、天守閣のなかった篠山城の中核をなす建物だった。
御殿は立体的に復元できる資料がなかったことから、最も古い江戸時代中期頃の間取り図をもとに平面表示する形で整備に着手、総工費1億円1千万円の費用を投じ平成14年(2002)の春に完成している。

また篠山城は、外堀に沿って約1千本の桜が植えられており、桜の名所としても知られている。また、毎年夏になると、三の丸広場で「丹波篠山デカンショ祭」が開催されている。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21364569.jpg


関ヶ原の合戦後、篠山領は前田茂勝、ついで松井松平康重が封じられ丹波八上城で治めていた。
大坂城の秀頼の存在を警戒する家康は、慶長14年(1609)、加藤清正・浅野幸長・蜂須賀至鎮・加藤嘉明・福島正則ら豊臣恩顧の大名を動員して新たに篠山城を築いている。いわゆる天下普請とよばれるもので、総奉行は池田輝政、縄張りは築城の名手藤堂高虎が手がけました。15ヶ国、20の大名の夫役、総勢8万人の労力による大工事で、小規模ながら、わずか6ヶ月という短期間で完成している。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21375919.jpg


ここは、図面から見ると「多聞櫓・くろがね門」の位置に当たるようだ。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21412252.jpg


(大書院)
明治維新後、城内の建物は全て取り壊されたが、二の丸にあった大書院は、床面積740㎡もある大規模な本格的な木造城郭だったので、取り壊しを免れて小学校の校舎などに転用されていたとのこと。
しかし、惜しくも1944年に焼失したが、その後2000年3月に復元され、資料館として内部が公開され、篠山城の築城の様子や篠山藩の歴史などがパネル展示やビデオ、実物展示で紹介されている。
大書院は木造建築物としては規模壮大な建物で、現存する同様の建物としては京都二条城の二の丸御殿にある遠侍と呼ばれる建物に類似しているといわれている。
二条城の御殿は、将軍が上洛したときに宿所となった建物であり、篠山城大書院は一大名の書院としては破格の規模と古式の建築様式を備えたものといえる。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21414884.jpg


手毬之間には手作り甲冑が置かれていた。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21415768.jpg


ここ「隅櫓」の位置あたりかと思われる。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_2143183.jpg


篠山城の模型が展示されていた。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21432791.jpg


上段之間。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_2143327.jpg

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_13421779.jpg


「孔雀の間」。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21435673.jpg


二の丸は、大書院・小書院・中奥御殿・奥御殿・台所などの建物と築山を持った庭園からなり、儀式・執務を行う公的な場として、城主の生活空間である私的な場として、篠山城で最も重要な場所だった。これら御殿群の周囲を三層の櫓一棟、二層の隅櫓五棟が取り巻き、それらをつなぐように多聞櫓と門が配置されていた。
二の丸御殿間取図(伝承)や発掘調査の結果より、御殿の建物群は何度かの建て替え、増築が行われたことが知られているが、忠実に建てられたとされている。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21441083.jpg

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21443380.jpg


徳川秀忠からの「知行宛行朱印状(松平周防守)」。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21444931.jpg


城番付(徳川時代)。
右下に笹山城というのが載っていました。

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_21464742.jpg


顕彰碑「山河のみたま」

丹波篠山城を訪ねて_e0237645_2147649.jpg



他で見るような大型の城とは比較できないほど小規模のような感じがするが、模型を見る限り素人目にも、しっかりとした縄張りだったように見える。
しかし、石垣をみると、急ごしらえの完は否めない。その文お堀の幅はかなり大きくしているように見え、藤堂高虎のことだからきっと各所に工夫を凝らしているのだろう。







この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-10-17 22:45 | (歴史)関西史 | Comments(0)