人気ブログランキング |

西陣本隆寺

西陣本隆寺



法華宗真門流(しんもんりゅう)の総本山 慧光無量山(えこうむりょうざん)本隆寺の本尊は十界曼荼羅(じゅっかいまんだら)で、俗に不焼寺(やけずのてら)とも言われている。
長享2年(1488)に日真が六角西洞院に草庵を建てたことが起こりで、天文の法乱によって堂宇を失ったり、承応の大火で消失したりしたが、第十世日遵によって明暦3年(1657)再建されている。
その後、享保15年・天明8年の二度にわたる洛中の大火にも奇跡的に難を逃れ現在に至っているのは、祀られている「火伏せの鬼子母神」の加護といわれている。
この伝説は今日でも語り継がれており、鬼子母尊神は現在も人々の信仰を集めていて、本堂南東角に「不焼寺止跡」の石碑がたてられている。
大火を免れた本堂は十七間四方の壮大なもので、十六本山の中でも最も古く、三百年以上の歴史を今日に伝えている。


西陣本隆寺_e0237645_14544559.jpg


西陣本隆寺_e0237645_14545823.jpg


雨宝院とを隔てる、瓦を埋め込んだ強固な土塀が一直線に建てられている。
過去の大火にもかなり効果を示してきたようだ。

西陣本隆寺_e0237645_1455558.jpg


祖師堂前に伝説の「夜泣き止めの松」があり、この木の皮や葉を枕の下に敷くと夜鳴きがやむと伝えられている。
16世紀、日諦上人が婦人より幼児の養育を頼まれ、その子を寺で預かるが、毎夜夜泣きがひどく上人を困らせていた。そこで上人は、本堂横の松の木の周囲をお経を唱えて回ると、不思議とその子が泣き止んだという。それが伝説の「夜泣き止めの松」となったそうである。

西陣本隆寺_e0237645_14561011.jpg

西陣本隆寺_e0237645_14575912.jpg


本堂正面階段東側傍らに、無外如大尼(むげにょだいに)が悟りを開いたという千代野井戸(ちよのいど)がありる。無外如大尼(千代野姫)が満月の夜、この井戸で水を汲んでいた時、桶の底が抜けて月影が水とともに消えたので、仏道に入ったと謂れを伝えている。

西陣本隆寺_e0237645_14585412.jpg

西陣本隆寺_e0237645_14593480.jpg








この項 <完>

by mo-taku3 | 2012-11-11 14:46 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2012-11-12 08:52 x
相変わらずのフットワークですね 
堀川辺りから西に向かってふらふら歩いて 本隆寺の門前を通りました 私は此処も素通りでした 次回は覗いて見ます
Commented by mo-taku3 at 2012-11-14 21:35
私は行き当たりばったりですが、調べていくともっと面白いと思います。
ここはまだ何かがありそうです。