人気ブログランキング |

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった

仏光寺派【真宗 仏光寺】;かっては本願寺派をしのぐ教団

【佛光寺本山】の歴史を紐解くと、
「専修念仏は停止され(1205年)、浄土真宗の宗祖とされる親鸞は越後国に配流された(承元の法難)。
寺伝によると、親鸞は赦免の翌年(1212年)京都に戻り、山城国山科郷に一宇を創建し、順徳天皇より聖徳太子にまつわる「興隆正法」の勅願を賜り、「興隆正法寺」と名づけた。これが後の佛光寺の始まりといわれている。(異説あり)
佛光寺教団の直接の母体は、武蔵国の荒木門徒(第3世源海)、阿佐布門徒(第4世了海)である。
光明本尊・絵系図・名帳などの媒体を用いて布教活動に力を入れ、精力的に西国の布教を行った結果、畿内以西の真宗念仏宣布の根本法城となった。
これに対して本願寺第3世法主覚如は、『改邪抄』を著し、絵系図などの批判を行った。
佛光寺は、了源が山科に建てた草庵を今比叡汁谷に移して寺格化したことをもって開創としている。
佛光寺の寺号は、後醍醐天皇より「阿彌陀佛光寺」の勅号を賜り、それを縁に山科より京都渋谷に寺基を移したともいわれる。
覚如により親鸞の廟堂である「大谷廟堂」を寺院化し(1321年)、「本願寺」と号する
寺基の移転にともない佛光寺は、多くの参詣者を迎え隆盛をきわめる。
一方の本願寺は、当時は青蓮院の末寺に過ぎず、第8世法主蓮如の時代に、延暦寺西塔の衆徒により大谷本願寺が破却されるまで次第に荒廃していく。
また、佛光寺は、興隆にともない天台宗・延暦寺の弾圧が強まっていく。
第13世光教の時に応仁の乱が起こる(1467年)。京都の街は戦火に巻込まれ、佛光寺も諸堂を焼失する。応仁の乱の最中、蓮如は吉崎で布教活動を開始し本願寺教団は急速に発展していく。
この頃、仏光寺派の第14世を継ぐべき経豪(後の蓮教)が本願寺の蓮如に帰依し、山科西野に再び「興正寺」として別に創建、48坊のうち42坊など有力末寺とともに本願寺に帰参してしまった。
そのため、佛光寺の寺勢は急激に衰え、代わって本願寺が台頭することとなった。
残った有力末寺6坊は、経豪の弟経誉を知恩院からよび戻し、佛光寺第14世としている。
豊臣秀吉はがその地に方広寺大仏殿を造営するために(1586年)、寺基を五条坊門の現在地に移している。それ以来、「仏光寺通」という通りの名前も始まっている。
住職は、室町期以降二条家の猶子となり、妙法院門跡の許で得度する慣習があった。
明治になり苗字公称が義務づけられると、澁谷姓を名乗り、明治29年(1896年)6月9日、管長澁谷隆教が男爵を授かって華族に列せられた。
現門主は澁谷笑子(惠照)。」

このお寺は自宅の近くにあり、買い物の行き来にもよく通るところにあるが、今頃思いついたようにここに載せてみた。
しかし資料を調べてみると起伏の激しい歴史があり、あらためて認識を新たにした次第である。

阿弥陀堂(左)と大師堂(右)が並ぶのは本願寺などと同じ伽藍形式で真宗特有のもので、大師堂(御影堂)は明治17年(1884)に再建され、阿弥陀堂(左)は明治37年に再建されている。

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16232414.jpg


佛光寺の春は4月初旬に大師堂と阿弥陀堂の大きなお堂の前で3本の枝垂桜が濃い紅色の花を咲かせる。この3本の桜の木は秩父宮、高松宮、三笠宮の各妃殿下が昭和47年(1972)にお手植された由緒ある桜であることが下に碑名として立てられている。
地域の人たちの自慢の種で、毎年地域でサクラ祭りやっている。

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16233395.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16235128.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16235953.jpg


【佛光寺本廟】は親鸞聖人の御霊廟所があることで知られ、京都市営地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩1分という利便性とともに、東山市街を一望する素晴らしいロケーションを誇る墓所である。
佛光寺本廟は、佛光寺本山第二十世随如が、江戸時代の元禄年間(1688~1703)に、本山から廟堂を移して創建したとされている。

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_1624164.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16242392.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16244130.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16245030.jpg


境内には「三条小鍛治宗近の古跡」として、「宗近の井跡」を示す石碑がある。
三条小鍛治宗近宗近は、平安中期の刀匠で姓は橘といい、信濃守粟田藤四郎と号し、東山粟田口三条坊に住んでいたので三条小鍛治と称したとも伝えられている。
祇園祭の長刀鉾の鉾先の長刀は宗近が娘の疫病治癒を感謝して鍛造し、祇園社に奉納したものといわれる。

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_162581.jpg

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16251444.jpg


本廟には、立派な鐘楼がある。本山にもあるが、ここでは、どん!といい位置を占めている。

【仏光寺】(真宗 仏光寺派)過去本願寺派より大きかった_e0237645_16253144.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-04-15 16:13 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2013-04-16 09:01 x
親鸞は弟子一人ももたず候 との歎異抄の言葉にも拘らず 教団が出来 後継争いし 果ては世襲を続けて行くのは 何処でどう軌道が狂って行ったのか また〇〇派を堂々と掲げるのは何故なのか 是非とも御聞きしてみたいと思っています 
仏光寺は真宗教団の祖とも云える了源上人の本拠地でもあり 教団拡大の為に市内中央に近い処に居を構えたということでしょうか
Commented by mo-taku3 at 2013-04-17 08:00
“弟子一人ももたず候”は不勉強で知りませんでした。
軌道が狂ったのの原因を調べてみるのも面白いかもしれませんね。
本居地変更は、秀吉の京都政策のため、縮小して移されたというのが本当のところだと思いますが。