人気ブログランキング |

私にとっては、30年振りの『サポセン同窓会』―京都にて

30年振りの『サポセン同窓会』―京都にて


私も大学を卒業後、札幌市役所を初めとして、現在は5つ目の職場となっています。
慣れた故郷を離れ、2つ目に就職したのは昭和45年で当時の日本ユニバック㈱(現日本ユニシス㈱)でしたが、当時コンピュータが凄いブームで、私は中途採用ですが新卒400人と同じタイミングで入社し、頭の回転が鈍っていたようで、研修ではついていくのがやっとの状態だったのを覚えています。

さて、その後紆余曲折がありましたが、サポートセンター(サポセン)という新しく発足した部に配属され、仲間が沢山できましたが、その後も異動で大阪転勤になったりたたしましが、最終的には、またこのサポセンに責任者として戻ってきました。
しかし、在籍は約一年強で、退職することになりましたが、温かく見送っていただきました。

今回、この時のサポセンメンバーが京都で集まっていただける(サポセン同窓会)ということで、大感激でした。本当にうれしいことです。
同窓会は、5月25・26日の連日で行われ、宴会・二次会・観光と堪能していただけたのではないかと思います。

集まったメンバーは、この11人です。(宿泊の、京都白河院にて)

e0237645_10313149.jpg


東京から9人が参加。

e0237645_1031498.jpg


宿について一服、そして集合記念写真。

e0237645_10322193.jpg

e0237645_10315878.jpg


着いてからの市内観光。
祇園白川の辰巳神社。(芸能人に好評)

e0237645_10332163.jpg


将軍塚からの京都を眺める。

e0237645_10325464.jpg


次に南禅寺を訪問。

e0237645_10335620.jpg

e0237645_10334285.jpg

e0237645_10345225.jpg


徳川家康がいちゃもんをつけた、方広寺の鐘楼の名板。

e0237645_10342569.jpg

e0237645_1035341.jpg


宴会。乾杯後、しばらくして芸妓さん2人が到着し、皆さんの自己紹介どころではなく、目的と違うところで、盛り上がり楽しそうだった。

e0237645_10352136.jpg

e0237645_10363432.jpg

e0237645_10361193.jpg

e0237645_1037303.jpg


早めに宴会を切り上げ、二次会として祇園のクラブに繰り出して最高潮に達した。

e0237645_10381986.jpg

e0237645_1039147.jpg

e0237645_10511960.jpg

e0237645_10412159.jpg

e0237645_1041512.jpg


翌26日は比叡山横断ツアーを行うことになり、前日の飲み疲れを見せず元気に出発。

比叡山ケーブルカー。
ここにケーブルカーがあるのは京都人は知っているとは思いますが、実際に乗ったことがある人は少ないのではないかと思います。
叡山ケーブルはケーブル八瀬駅-ケーブル比叡駅の1・3キロを9分で結んでいます。
ケーブルカーの高低差561メートルは日本一。さらにロープ比叡駅から叡山ロープウェイ(所要時間3分)で比叡山頂駅に至れば、そこは“下界”から遠く離れた別世界のパノラマが広がっている。。
営業開始は、大正14年12月20日となっており、最急勾配;53.0%、最緩勾配;21.5%とこれまた日本一の勾配とのことであった。ちょっとしたアドベンチャー気分を味わえる。

e0237645_1042936.jpg

e0237645_10422626.jpg

e0237645_10424682.jpg

e0237645_1342124.jpg


比叡山延暦寺。
比叡山山頂駅からバスで延暦寺に向かう。根本中堂に近づくと、大きな木々が青々と繁っていた。
根本中堂の手前にはお堂に向かう大きな階段がある。
根本中堂の手前の大講堂のはずれには、鐘楼がありこの鐘(開運の鐘)はお賽銭をいれて自由に撞くことができる。

e0237645_10431289.jpg

e0237645_10432784.jpg

e0237645_10435459.jpg

e0237645_10543897.jpg

e0237645_10544715.jpg


坂本ケーブル。
下りもアドベンチャー気分を味わうことにしました。
この坂本ケーブルは日本一の距離を持っています。(2025m)。
しかし、高低差(484m)や、最急勾配;33.3%、最緩勾配;17.0%とともに叡山ケーブルを下回る。

e0237645_1055978.jpg

e0237645_10551782.jpg

e0237645_1059172.jpg

e0237645_10593184.jpg

e0237645_10594674.jpg


比叡山ツアーの最後に、名物の坂本『鶴喜そば』をみんなで食べました。
意外と空いていたのには驚いた。

e0237645_1111668.jpg



感想を聞くと概ね満足して帰っていただいたようで、安堵しております。
また、このような機会を設けることができることを期待して、東京組は帰途に就いたと聞いております。
今回のメンバーは自愛が必要なお年ですが(私が一番ですが)、次回機会を作って元気にお会いできることを楽しみにしています。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-05-25 13:11 | (仕事・学生)過去・現在 | Comments(2)

Commented by toshi at 2013-05-30 08:10 x
顔のわかる方 4名位かな でも名前は思い出せません 昭和47年入社の同期450名 サポセンに配属になった仲間は多かったです 南上 山本 郷 田丸等々...
1106が大量に売れて 9000→1100コンバージョンは大忙しでしたね サポセンのレベルの高さは プロスペクトセールスにも大きなパワーとなっていました 懐かしき時代です

同窓会 随分盛り沢山の豪華ツアーですね 
Commented by mo-taku3 at 2013-05-31 00:30
楽しかったですよ。
でも平均60歳越えです。元気でした。