人気ブログランキング |

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)


現在瑞泉寺がある場所は、桃山時代ここは三条河原の中洲であったという。
そんなに時代を経ていない割には川の流れが大きく変わっていたようだ。
この位置で、高瀬川の工事中に偶然発見された「秀次悪逆塚」と刻まれていた石を発見してびっくりしたようだ。
その石は、文禄4年(1595年)自害させられた、豊臣秀次の石塔そのものであったらしい。
実は高瀬川の開削責任者だった京都の豪商、角倉了以の実弟・吉田宗恂は、秀次に仕えていたらしい。
秀次事件への連座は免れたが、慶長15年(1610年)に亡くなっていた。
宗恂の一周忌の慶長16年(1611年)に、了以は秀次の菩提を弔うために、秀次の戒名「瑞泉寺殿」から名を取り、瑞泉寺を建立した。
瑞泉寺は建立以来400年間にわたり秀次事件により死罪となった秀次と連座した一族・家臣の菩提を供養してきている。
秀次悪逆塚は、豊臣秀次とその妻妾子女30人余の遺骸が埋められた、京都三条河原にあった塚で、秀次の悪称とされた「殺生関白」から畜生塚ともいわれた。

文禄4年(1595年)7月、秀次は叔父豊臣秀吉から謀反を疑われ関白の職を剥がれて高野山に追放された。7月15日(8月20日)、切腹を命じられ、山本主殿、山田三十郎、不破伴作など5人もまた自殺し、秀次の首は伏見で秀吉の首実検に供され、三条河原で梟首(キュウシュ。さらし首)された。
秀次の妻妾は多く、幼児などを合わせて30余人、捕らえられ、8月2日(9月5日)、三条河原で打首、秀次の首とともに河原に埋められ、塚が建てられ、石塔が置かれ、「秀次悪逆塚文禄四年七月十四日」と刻されたという。「畜生塚」と称され、かえりみる者は無かったが、順慶という行者はそのかたわらに草庵を結び、菩提を弔った。
順慶の死後、洪水に塚が荒れ、慶長16年(1611年)、了以が高瀬川を開くとき、そのあとを哀れみ、塚を営み、石塔の「悪逆」の2文字を削り、その上に6角形の無縁塔を建て、江戸幕府に請い求めて堂を営み、「慈周山瑞泉寺」と号したのがこの瑞泉寺である。

正面から見ると落ち着いたたたずまいである。

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15264783.jpg


太閤記の寺としての駒札があった。

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15265892.jpg


秀次の墓石とともに、幼児・妻妾及び家臣、49柱の五輪塔がある。

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15271183.jpg

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15272445.jpg

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15275226.jpg


地蔵殿。処刑の際に引導を渡した「地蔵菩薩像」が安置されている。

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15281893.jpg

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15283082.jpg


お寺の一隅に遺蹟が展示されている。

豊臣秀次一族を祀る『瑞泉寺』(京都木屋町三条)_e0237645_15284383.jpg



豊臣秀次と母・とも(智:日秀)の墓所は、善正寺(京都岡崎)にある。
毎年命日の7月15日に、善正寺と瑞龍寺の住職により、滋賀県近江八幡市にある、八幡山(秀次の時代八幡山城があった)で、秀次の供養が行われている。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-04 13:50 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)