人気ブログランキング |

三柱鳥居の木島(このしま)神社(蚕ノ社)は元糺だった

三柱鳥居の木島(このしま)神社(蚕ノ社)は元糺(ただす)だった


木島(このしま)神社は、正式には木島坐天照御魂(このしまにまずあまてるみたま)神社といい、延喜式内社である。
祭神は天之御中主(あめのみなかぬし)神。
祭神は学問の神であり、祓いの神でもある。
その他に4神(大国魂(おおくにたま)神、穂々出見(ほほでみ)命、鵜茅葺不合(うがやふきあえず)命、瓊々杵(ににぎ)尊)を祀っている。

創建時期は不明である。
しかし、『続日本紀』の大宝元年(701)4月3日の条に、この神社の名前が記載されている。
ということは、それ以前から祭祀されていた古い社であることは間違いない。
秦氏による広隆寺創建とともに勧請されたという伝承もある。
だが、この神社を有名にしているのは、俗に「蚕の社」と呼ばれる養蚕神社が、同じ境内に摂社として祀られているためである。
太秦と書いてウズマサと読ませる。『日本書紀』の雄略紀によれと、太秦の命名の由来を次のように述べている。
雄略天皇は、あちこちに四散していた秦氏の民を集めて、寵臣秦酒公(はたのさけのきみ)に賜った。
そのため、酒公は各種多数の村主を率いるようになり、租税として絹・カトリ(上質の絹)を朝庭に沢山積み上げた。
天皇は庭先にうず高く積まれた絹の様子を見て、酒公に禹豆麻佐(うつまさ)という姓を賜った、とされている。
この語源説話によれば、秦酒公が賜った姓がウツマサであり、それが転じて秦酒公が住んでいた付近がウツマサと呼ばれるようになった、と解される。
だが、どうして"太秦"の字が当てられたのか、今ひとつ良く分からない。何はともあれ、桂川の東北に位置し、北に双ケ丘、宇多野、鳴滝の山々がひかえ、西に嵯峨野に続く一帯が「太秦」である。古くは葛野県主や賀茂一族が坂うずくまるし、その後に秦氏が進出して来たとされている。

一の鳥居と二ノ鳥居は直線上にない。
二の鳥居は木製であるところから、色々変遷があったのだろう。

e0237645_15371138.jpg


この由緒書を見ると、下鴨神社との関係がある様で、ここには「元糺(ただす)の池」や「元糺の森」がどがあり、ここから下鴨神社へ遷移したとある。
ということは、ここは出雲系の神社だったのではないかと想像できる。

e0237645_1537247.jpg

e0237645_15373836.jpg


正面からの本殿。

e0237645_15374958.jpg

e0237645_1538319.jpg


本殿から見た、元糺の池に立つ不思議な三角柱鳥居。

e0237645_15381969.jpg


池と三角柱鳥居。参拝してきた。
この池は禊(みそ)ぎを行なって心身を清める場所だったとのこと。土用の丑の日にこの池に手足を浸すと、諸病にかからないという俗信仰がある。

e0237645_15383194.jpg

e0237645_15385046.jpg


帰りがけ、ふとみると手水みたいな石があった。

e0237645_1539418.jpg


(解説、異説)
本殿左側の一段低くなった所に、繁茂した樹木に囲まれた池がある。「元糺の池」と呼ばれる神池である。四季を通じて清らかな水が湧き出ると聞いていたが、何故か五年ほど前から水がわき出してこなくなったという。

なぜ「元糺(もとただす)」なのかというと、「糺の森(ただすのもり)」の呼称に関して、どうも神社同士の確執があったようだ。木島神社では潔斎の場である糺の池の周りを糺の森と呼んでいた。しかし、糺の森は他にもある。御所の北東に賀茂川と高野川の合流点があり、この合流点の北側の三角州一帯は、平安時代から潔斎の地として知られている。この一帯の森も「糺の森」の名で呼ばれている。木島神社の由緒書きによれば、嵯峨天皇の時代に潔斎の場をこの社の境内から下鴨神社に遷されたためだという。したがって、本家本元はこちらだと主張するために、木島神社では「元糺」と言っているようだ。

上段の神池に、鳥居を3つ組み合わせた特異な形の鳥居が建っている。三柱鳥居(みはしらとりい)と呼ばれるもので、由緒書きでは全国唯一の鳥居であるとしている(実際には他の地域にもあるらしい。例えば長崎県諏訪神社奥にある蛭子社の三つ鳥居)。鳥居の中心には、石で組まれた祭神の神座(かみくら)があって、宇宙の中心を表し、四方より拝することが出来るよう建立されているという。
創立年月は不詳である。現存の鳥居は享保年間(260数年前)に修復されたものだそうだ。

特異な形をした建造物だけに、さまざまな説が出されている。その中のいくつかを紹介しておこう。一つは大和岩雄氏が提唱した説で、秦氏にかかわる稲荷山、松尾山および双ケ丘の遙拝所だという。冬至の日、稲荷山から上る朝日と、松尾山の磐座がある日埼峰に落ちる夕日は、この鳥居の二面から正面に拝することができ、もう一面からは北の双ケ丘を正面に遙拝できるというのが、その根拠だ。景教(ネストリウス派キリスト教)の遺物ではないかという説もある。「大秦」というのはローマ帝国のシリア地方の事だとか、「太秦(うずまさ) 寺」という字は、唐の都のキリスト教寺院「大秦寺」と非常に似ている、といったことから、秦氏をユダヤ人原始キリスト教徒であると見立てて、三柱鳥居は原始キリスト教の絶対三神「御父と御子と聖霊」を表現しているというものである。

元糺の池、元糺の森、三角柱鳥居・・・面白い!



この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-05 10:32 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)