人気ブログランキング |

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・


中宮寺は聖徳太子の御母穴穂部間人皇后の御願によって、太子の宮居斑鳩宮を中央にして、西の法隆寺と対照的な位置に創建された尼寺である。
その旧地は、現中宮寺の東方三丁の所に土壇として残っていたのを、発掘調査したところ、南に塔、北に金堂を配した四天王寺式配置伽藍であったことが確認された。
それは丁度法隆寺旧地若草伽藍が四天王寺式であるのに応ずるものといえる。
また、出土古瓦からみると、法隆寺は僧寺、中宮寺は尼寺として作られたものと思われる。
国宝菩薩半跏像(寺伝如意輪観音)はその金堂の本尊であり、天寿国曼荼羅は、その講堂本尊薬師如来像の背面に奉安されたものと伝えている。
その後、平安時代には衰退し、僅かに草堂一宇・本尊のみ居ますといった状態であったのを、鎌倉時代に入って信如比丘尼の尽力により、天寿国曼荼羅を法隆寺法蔵内に発見して中宮寺に取り戻すなど、いくらか復興を見ている。
宗派は戦後、法隆寺を総本山とする聖徳宗に合流することになりましたが、依然大和三門跡尼寺の随一としてその伝統を伝えている。
創建の飛鳥時代このかた千三百年の長きに亘り、尼寺の法燈を続けているのは中宮寺だけである。


中宮寺は聖徳太子の御母穴穂部間人皇后の御願によって、太子の宮居斑鳩宮を中央にして、西の法隆寺と対照的な位置に創建された尼寺である。
その旧地は、現中宮寺の東方三丁の所に土壇として残っていたのを、発掘調査したところ、南に塔、北に金堂を配した四天王寺式配置伽藍であったことが確認された。
それは丁度法隆寺旧地若草伽藍が四天王寺式であるのに応ずるものといえる。
また、出土古瓦からみると、法隆寺は僧寺、中宮寺は尼寺として作られたものと思われる。
国宝菩薩半跏像(寺伝如意輪観音)はその金堂の本尊であり、天寿国曼荼羅は、その講堂本尊薬師如来像の背面に奉安されたものと伝えている。
その後、平安時代には衰退し、僅かに草堂一宇・本尊のみ居ますといった状態であったのを、鎌倉時代に入って信如比丘尼の尽力により、天寿国曼荼羅を法隆寺法蔵内に発見して中宮寺に取り戻すなど、いくらか復興を見ている。
宗派は戦後、法隆寺を総本山とする聖徳宗に合流することになりましたが、依然大和三門跡尼寺の随一としてその伝統を伝えている。
創建の飛鳥時代このかた千三百年の長きに亘り、尼寺の法燈を続けているのは中宮寺だけである。


国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音)と天寿国曼荼羅繍帳は写真を撮れないので少し解説を加えたい。

国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音)について
東洋美術における「考える像」で有名な、思惟半跏のこの像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作であると同時に、わが国美術史上、あるいは東洋上代芸術を語る場合にも欠かすことの出来ない地位を占める作品であるといわれている。
また国際美術史学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑(アルカイックスマイル)」の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれている。
半跏の姿勢で左の足を垂れ、右の足を膝の上に置き、右手を曲げて、その指先きをほのかに頬に触れんばかりの優美な造形は、いかにも人間の救いをいかにせんと思惟されるにふさわしい清純な気品をたたえている。 
約20年以上前にここを訪れたことがあったが、この像は“弥勒菩薩”として、京都広隆寺の弥勒菩薩とともに有名で、私の古い記憶ではこうなっていたと思いつつ・・・。

天寿国曼荼羅繍帳について
日本最古の刺繍遺品として知られる「天寿国曼荼羅繍帳」は、推古天皇三十年(622)、聖徳太子の妃である橘大郎女が、太子薨去ののち、図像をつくって太子往生の姿をお偲びしたいと、宮中の采女に命じて、太子が往生なされている天寿国のありさまを刺繍せしめられたものと伝わっている。
もとは繍帳二帳よりなり、そこには百個の亀甲が刺繍され、亀の甲には一個に四字ずつ、都合四百文字で繍帳造顕の由来が示されていた。
年を経るにつれて曼荼羅は破損し、現存するものは往時のほんの一部にすぎないが、紫羅の上に、白・赤・黄・青・緑・紫・樺色などのより糸 をもって伏縫の刺繍が施された繍帳は、今なお目覚めるように鮮麗な色彩を残しており、七世紀中葉の染色技術、服装、仏教信仰などを知るうえでまことに尊い貴重な遺品といえる。 (現在、本堂に安置されているものはレプリカで、実物は奈良国立博物館に寄託。) と天寿国曼荼羅繍帳は写真を撮れないので少し解説を加えたい。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17165214.jpg


中宮寺の入口付近。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_1717565.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17172128.jpg


こじんまりとしたたたずまいのお寺である。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17173441.jpg


本堂。この中に国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音;レプリカ)と天寿国曼荼羅繍帳が安置されていた。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17175311.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_1718912.jpg


境内の庭には“かりん”、“ふじ” の木々があった。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17182174.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17183515.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 14:10 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2013-07-02 07:44 x
随分 中宮寺も伽藍が増えているようですね レプリカは本物と同じ形ですか? 当初の装飾を復元してみても面白いと思いますが...
Commented by mo-taku3 at 2013-07-02 22:40
今回30数年振りに出かけて、尼寺だったということが分かったことと、旧地には四天王寺式の伽藍配置があったことでした。
歴史資料の空白の時代が発掘から徐々にわかってきたような気もします。そろそろ、大詰め時代になりそうな気がしています。
ただ、度重なる火災で、東院山内子院に避難したまま現在になっているのは残念ですね。