人気ブログランキング |

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)


唐招提寺(とうしょうだいじ)は、奈良市五条町にある鑑真が建立した寺院である。
南都六宗の1つである律宗の総本山である。
本尊は廬舎那仏、開基(創立者)は鑑真和上である。
井上靖の小説『天平の甍』で広く知られるようになった中国・唐出身の僧鑑真が晩年を過ごした寺であり、奈良時代建立の金堂、講堂を初め、多くの文化財を有している。
唐招提寺は1998年に古都奈良の文化財の一部として、ユネスコより世界遺産に登録されている。

『続日本紀』等によれば、唐招提寺は唐僧・鑑真が天平宝字3年(759年)、新田部親王(天武天皇第7皇子)の旧宅跡を朝廷から譲り受け、寺としたものである。
寺名の「招提」は、サンスクリット由来の中国語で、元来は「四方」「広い」などの意味を表す語であったが、「寺」「院」「精舎」「蘭若」などと同様、仏教寺院(私寺)を指す一般名詞として使われていた。つまり、唐招提寺という寺号は、「唐僧鑑真和上のための寺」という意味合いである。

鑑真(688年 - 763年)の生涯については、日本に同行した弟子の思託が記した『大和上伝』、それを基にした淡海三船の『唐大和上東征伝』、寺に伝わる絵巻物『東征絵伝』、井上靖の『天平の甍』などに詳しく載っている。
鑑真は仏教者に戒律を授ける「導師」「伝戒の師」として日本に招請された。
「戒律」とは、仏教教団の構成員が日常生活上守るべき「規範」「きまり」を意味し、一般の仏教信者に授ける「菩薩戒」と、正式の僧に授ける「具足戒」とがある。
出家者が正式の僧となるためには、「戒壇」という場で、「三師七証」という授戒の師3人と、証明師(授戒の儀式に立会い見届ける役の高僧)7人のもと、「具足戒」を受けねばならないが、当時(8世紀前半)の日本ではこうした正式の授戒の制度は整備されておらず、授戒資格のある僧も不足していた。
そのため、官の承認を経ず、私的に出家得度する私度僧が増え、課役免除のために私度僧となる者もいて、社会秩序の乱れにつながっていた。

こうした中、天平5年(733年)、遣唐使と共に渡唐した普照と栄叡という留学僧は、日本には正式の伝戒の師がいないので、しかるべき高僧の推薦を鑑真に申し出た。
鑑真の弟子達は渡航の危険などを理由に渡日を拒んだ。
弟子達の内に渡日の志をもつ者がいないことを知った鑑真は、自ら渡日することを決意する。
しかし、当時の航海は命懸けであった上に、唐で既に高僧として名の高かった鑑真の出国には反対する勢力もあった。
そのため、鑑真、普照、栄叡らの渡航計画は挫折の連続であった。
748年、5回目の渡航計画では嵐に遭って船が漂流し、中国最南端の海南島まで流されてしまった。
陸路揚州へ戻る途中、それまで行動を共にしてきた栄叡が病死し、高弟の祥彦(しょうげん)も死去、鑑真自らは失明するという苦難を味わったが、753年、6回目の渡航計画でようやく来日に成功するが、鑑真は当時既に66歳になっていた。
遣唐使船に同乗し、ようやく難波津(大阪)に上陸した鑑真は、同年4月、東大寺大仏殿前で、聖武太上天皇、光明皇太后、孝謙天皇らに菩薩戒を授け、沙弥、僧に具足戒を授けた。
鑑真は日本で過ごした晩年の10年間の内、前半5年間を東大寺唐禅院に住した後、天平宝字3年(759年)、前述のように、今の唐招提寺の地を与えられた。
大僧都に任じられ、後に大和上の尊称を贈られた鑑真は、天平宝字7年(763年)5月、波乱の生涯を日本で閉じたという。(数え年76歳)

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_01431.jpg


この日は非常に暑ったせいもあるが、比較的空いていたような気がした。
駐車場も半分くらい埋まっていた。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_01519.jpg


南大門。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_0220100.jpg


南大門の脇には、「史跡唐招提寺旧境内」と書かれた説明版があった。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_02406.jpg


唐招提寺は世界遺産に登録されている。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_03789.jpg


境内図。
実際は、この図よりもかなり大きく感じ、全部歩くとかなりの距離であった。
伽藍配置は禅宗寺院とよく似ている。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_032446.jpg


南大門を入って、正面が金堂である。
国宝。奈良時代建立の寺院金堂としては現存唯一のものである。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_04027.jpg

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_04837.jpg


左が、「鼓楼」国宝、右が、礼堂/東室(重文)。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_043395.jpg


講堂。
国宝。入母屋造、本瓦葺き。正面9間、側面4間。平城宮の東朝集殿を移築・改造したもので、天平宝字4年(760年)頃、平城宮の改修に伴って移築された。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_045184.jpg

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_052976.jpg


開山堂は江戸時代初期、徳川将軍家歴代の御霊殿として建立。鑑真和上坐像などを安置していたが、老朽化のため解体。平成22年10月から建て直し工事を進めていた。
5月31日に完成落成式を行ったばかりである。
ここには鑑真和上坐像のレプリカが置かれ、いつでも拝観できる。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_054214.jpg


北原白秋の歌碑があった。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_06896.jpg


このお寺はハスの花でも有名であるが、あまりいいハスの花を見ることができなかった。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_07767.jpg

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_073143.jpg


苔庭がきれいに作られていた。

【唐招提寺】鑑真和上坐像の公開(レプリカ)_e0237645_07474.jpg


いつ来てもいい感じのお寺である。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-29 12:13 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2013-07-10 07:39 x
中学の修学旅行で薬師寺を参拝した時に まだ若かった高田好胤さんが 小うるさい説明をしていましたが 唐招提寺にも行けと云っていたのが印象的でした 徒歩で薬師寺から唐招提寺に登っていく道は当時は人通りもなく静かでした 唐招提寺の蓮池は妙に記憶に残っていて 大修理完成後訪れましたが 昔の記憶の程ではなくがっかり...
鑑真和上像のレプリカは制作当時の鮮やかな色を観て感動しましたが 態々古代色に落としてしまうのだとか 無駄な事です
Commented by mo-taku3 at 2013-07-12 00:25
薬師寺には今回行きませんでした。唐招提寺に大きな駐車場ができたのにはびっくりです。
開山堂の鑑真さんの坐像もしっかり拝ましていただきました。
境内はきれいになりましたね。
残念ながらハスは見る影もありませんでした。