人気ブログランキング |

浅井姉妹と深くかかわる『養源院』とは

浅井姉妹と深くかかわる『養源院』とは


養源院 (ようげんいん)

浄土真宗遣迎院派で、三十三間堂の東側、後白河天皇法住寺陵に隣接して養源院建っている。

浄土真宗遣迎院派と標榜しているものの、天台宗の寺院であった遣迎院が独立して一派を興したもので、本尊に釈迦如来、阿弥陀如来の二尊を立てるなど、他の真宗教団とは教義的にも関連が薄く、天台系の寺院である。なお、遣迎院の院号は、浄土へ「遣」わす釈迦、浄土で「迎」える阿弥陀に由来する。本山は遣迎院(京都市北区鷹峯光悦町)。

浄土真宗遣迎院派である養源院は、質素な寺で、山門を潜り庫裡・玄関までの長い参道は、緑が美しい木立となっている。
養源院は、浅井家ゆかりのお寺と言っていい。
文禄3(1594)年に浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔うために、秀吉に願って創建した寺院である。寺号の「養源院」は、浅井長政の法名から付けられている。
元和5(1619)年に落雷にあい、寺院は焼失するが、2代将軍徳川秀忠の正室となった長政の三女・お江によって、伏見城の遺構が移され、現在の本堂はお江によって再建されたものである。
本堂には、創建者の淀殿、再建者のお江の肖像画、そして豊臣秀頼の肖像画があり、珍しい取り合わせのお寺である。
以来、徳川家の菩提所となり歴代将軍の位牌が祀られ、さらには皇室の祈願所ともなっている。

本堂へ入ると、カセットテープによる説明によると、本堂の正面と左右の三方の廊下の天井は、慶長5年(1600)の関ヶ原の合戦の前哨戦となった伏見城落城の際、鳥居元忠以下の将士が自刃した際に飛び散った血痕がついた板間の板を使用しているため、俗に「血天井」と称している。
また、本堂の廊下は左甚五郎が造った鴬張りの廊下となっている。

さて、三十三間堂の東側の一角にこの養現院がある。
山門から境内を覗くと良く整備された石畳の参道が庫裡まで続いている。

e0237645_14303690.jpg


一方山門の前には、このように「桃山御殿 血天井」の表札が掲げられている。

e0237645_14305580.jpg


「駒札」である。

e0237645_14311242.jpg


訪問したのは、一番暑い盛りだが夏の花である、サルスベリが境内全体に咲き誇っていた。

e0237645_14312746.jpg

e0237645_14314584.jpg


庫裡の玄関には、三つ葉葵(徳川家)の紋の幕がかけられている。

e0237645_14321340.jpg


今回は、時間がなかったので本堂には入らなかったが、次回に本堂内部の模様をお伝えしたい。

e0237645_14323327.jpg


本堂の南にある堂宇。

e0237645_14324621.jpg



養源院について「あれこれ」を紹介。
■養源院は徳川家の菩提所となり、2代将軍秀忠から14代将軍家茂までの位牌が安置されている。
お江と秀忠の位牌をよく見ると、「菊」「葵」「桐」の3つの紋があります。3つの紋を拝見できる寺院は日本でここだけ?。
理由は、「菊」は天皇家の紋で、お江と秀忠の子、和子が後水尾天皇のもとに入内したことからつけられて、さらに「葵」は歴代の位牌がまつられている徳川家の紋、「桐」は養源院を建立した豊臣家の紋
■血天井;養源院は伏見城の「中の御殿」から移築されたものが、今の本堂。
本堂の天井では380余人兵士の血痕や、元忠が自害した場所といわれる跡を見ることができる。
■絵師・俵屋宗達の絵画が見れる。『白象図』や『唐獅子図』は、杉戸の中から今にも白象と唐獅子が飛び出してくるかのような技法で描かれている。
■うぐいす張りの廊下は、江戸時代初期に活躍した有名な彫刻家・左甚五郎の作品といわれている。





この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-08-22 22:47 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi at 2013-09-02 08:19 x
智積院 三十三間堂は参拝しても このお寺は素通りでした
地図で見ると随分大きな寺領ですね ハイアットリージェンシーも寺内に建っているようです 参道が少し登って居てとても素敵です
絶好の撮影ポイント 次回のリストに加えて置きます
Commented by mo-taku3 at 2013-09-03 23:39
私も今回初めて訪れてみました。
以前にも載せましたが、智積院の北隣に妙法院門跡という浄土宗の総本山がありますが、三十三間堂は妙法院所管の仏堂となっています。
三十三間堂は蓮華王院下にありますが、この当りは徳川時代にまず妙法院を総本山とし、この地域をこの系列に組み込まれたようです。
養源院の隣りには(後程載せますが)後白河天皇法住寺陵がぽつんとあります。
養源院は今度ゆっくり見学してきます。