人気ブログランキング |

太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』

太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』


新日吉神宮(いまひえじんぐう)
後白河上皇が造営した法住寺殿の鎮守社である。
祭神は、山王七神(大山昨神、大巳貴神、賀茂玉依姫命など七神)、後白河上皇

七条通の東端の東山大路沿いに智積院と妙法院があるが、その間を東へ向かう豊国廟(ほうこくびょう)への参道がある。
豊国廟は、豊臣秀吉の墓所で東山三十六峰の一つの阿弥陀ヶ峰の頂にある。
その参道に入って直ぐ右手に新日吉(いまひえ)神宮がある。
新日吉神宮は、平安時代末期の永暦元年(1160)、後白河上皇が院の御所(法住寺殿)の鎮守社として、延暦寺の地主神・鎮守神として比叡山東麓の坂本(大津市)に祀られていた日吉山王(ひえさんのう)七社(日吉大社)を勧請したのが始まりである。
当初は、現在地から1キロメートルほど南の今熊野瓦坂(智積院の南辺り)で「新日吉社(いまひえしゃ)」と称
初代別当に任命されたのが妙法院の昌雲という僧で、昌雲は藤原忠成の子で後白河上皇の護持僧である。新日吉神宮は皇室からの崇敬も篤く栄えたが、応仁の乱(1467~77)など、戦火により社殿が荒廃、衰退した。その後、度々再建が行われて、現在の本殿は天保6年(1835)に再建されたものである。

昭和33年(1958)新たに祭神に後白河天皇を加え、翌34年をもって神宮号に称された。
本殿の横にある、摂社豊国神社は、徳川政権に変わってからも密かに秀吉(木下)を祀った樹下社(じゅかしゃ)である。
太閤人気を彷彿とさせる、逸話である。

太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_2215417.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22163785.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22161726.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22171899.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22165784.jpg


日吉の守り神”サル”

太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_2218029.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22174212.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22185154.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_2219859.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22192582.jpg


正午の刻を知らせる「元京都市午砲台座」跡があった。


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22194999.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_2220612.jpg


太閤秀吉の遺構を連想させる『新日吉神宮(いまひえじんぐう)』_e0237645_22202691.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-11-12 10:09 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(4)

Commented by toshi at 2013-11-19 23:28 x
以前拓さんがお勧めの豊国廟ですね 長谷川等伯筆の秀吉像は拝観出来るのでしょうか?
Commented by mo-taku3 at 2013-11-20 00:25
ここはもう一度行ってみたいと思っています。
詳しいことは資料を調べて分かっただけで、秀吉像が見れるかどうかはまだわかりません。
Commented by toshi at 2014-04-03 07:16 x
昨日(14.4.2)銀座の会合で日枝神社の宮司さんとお話ししました
「赤坂日枝神社の勧進元は坂本の日吉大社で良いのですか」とお聞きした処 「最近 新たな文献が発見され 京都のいまひえじんじゃであると書かれています 古来太田道灌が勧進したと云われていましたが 江戸氏という在郷の豪族が京都から招いたようです」「その神社は京都の何処にありますか?」 中心部ではなかったように思いますが...」 帰宅して調べてみたら拓さんの書かれているこの神宮のようです この記事と宮司さんの話が結び付かず 頓珍漢な話をしてしまいました 次回是非訪れてみたいと思います
Commented by mo-taku3 at 2014-04-07 00:23
新日吉神宮は、京都女子大・豊国廟への東山道入り口のすぐの所にあります。
新」という字がついているので新しいかと思いましたが、奥の摂社は由緒がありそうです。