人気ブログランキング |

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策20131206


「トロッコ嵐山駅」起点に嵯峨野を散策してみた。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22255150.jpg


嵯峨野路は今や数多くの食べ物屋や土産物屋が並んでいる。
なかなかの小ぎれいな店が多い。
ただ、何もここまで来てこんなものをと思うものが売っているが、それでも結構はやっているみたいである。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22253149.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22262584.jpg


「竹林」
嵯峨野といえば、というくらい定番になっている竹林。
実物も写真にしてみてもやはり画になっている。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_2226744.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22265958.jpg


「野宮神社(ののみやじんじ)」
この神社は人気がある。色んな願いをかなえてくれるようだ。
そういえば、この嵯峨野には他に大きな有名な神社が見当たらない。
ここはお寺の静かな郷だったということだ。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22263914.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22274415.jpg


「大河内山荘」
しばらく中に入っていない。
今回はパスをして、新緑の時にでも行ってみようと思う。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22273827.jpg


「落柿舎」
由来は、「松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使用されていた草庵で、去来がこの草庵について書いた「落柿舎ノ記」がある。
ここ落柿舎の古い家の周囲には40本の柿の木があったという。
庭の柿を売る契約をしたのちに、柿がすべて台風で落ちてしまったためこう呼ばれている。」
ということのようだ。
落柿舎へ曲がる角に焼き物をうるみせがあり、そこが見事な紅葉の木があった。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22281786.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22284037.jpg


「嵯峨野路紅葉」
嵯峨野路はまだまだ紅葉が残っていた。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_2229440.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22292184.jpg


「二尊院」
ここは、新緑の時と今がきれいな時期だが、外から覗いてみると、かなり葉が散っていたのでパスした。
しかしここで有名なのは「小倉餡発祥の地」ということである。
境内には石碑が建っている。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22301940.jpg


「壇林寺」面白い逸話を見つけた。
「承和年間(834年~848年)、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(檀林皇后)により創建、開山は唐僧義空。室町時代に廃絶、その跡地に天龍寺が建てられた。昭和39年(1964年)に現在地に再興した。実質的には骨董屋であり、寺としては機能していない。」
ということのようだ。
壇林寺という名称はれっきとした由緒あるお寺であるが、それに名を借りた商売とは。
嵯峨野ではやってほしくない、ふざけた話だ。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_2230523.jpg


「祇王寺」
ここは今年3度目かもしれない。
家内が寄りたいということで入って寄ってみた。
やはりこのお寺は落ち着く。
ここは私が持っているイメージは、苔の寺と思っていた。しかし落ち葉の絨毯もなかなかいいもののように思えた。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_2231751.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22313489.jpg


「仏野念仏寺」
ここを訪れるのは20・30年振りだ。
ここはお地蔵さんで有名で、お寺の境内の大部分をお地蔵さんが占めている。
ここには以下のような内容の文字が並んでいた。
”その通りである”としっかり一言一句刻もうと思ってきた。

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_2232756.jpg

秋も深まり紅葉も終わりに近づいた『嵯峨野』を散策_e0237645_22322623.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-12-06 11:13 | (風情)京都・関西 | Comments(4)

Commented by toshi at 2013-12-10 07:22 x
盛り沢山な嵯峨野巡り有難うございます 少し人出も減っているようですがまだまだ雑踏ですね 大河内山荘は入場料の高さに何時も尻込みして未訪ですが価値ありですか? 寺という名前の骨董屋 誰でも思い付きそうな発想ですが意外と初めて聞きます 長続きはしないと思いますが...
Commented by mo-taku3 at 2013-12-10 09:28
平日でしたので、幾らかすいているようです。また、修学旅行生もかなり減っているようようです。
会話にみみを傾けると、お年寄りと中国人(特に台湾)が多いようですね。(中国人と台湾人は服装も違います。また女性の歩き方も違います。)
壇林寺ですが、結構紅葉もきれいなようです。私も寄ってみたくなるほど小ぎれいにしています。また、長続きしているようです。
Commented at 2013-12-28 16:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mo-taku3 at 2013-12-30 10:59
Thank you very much!
コメントありがとう。
Joの知っているところがたくさん載っているので暇なときに見てください。