人気ブログランキング |

京都にある【出雲大社分院】とは

京都にある【出雲大社京都分院とは


出雲大社京都分院
出雲大社京都分院は、本社である出雲大社(島根県出雲市大社町)の祭神、大国主命(おおくにぬしのみこと)の分霊を祀っている。
一般に「大国様(だいこくさま)」として親しまれている祭神は「えんむすびの神」 「福の神」としても、広く知られている。
日本書紀によると、だいこくさまは、あらゆるものが豊かに実る国、 豊葦原の瑞穂の国(今の日本)を造り上げ、その国を天照大神に返され、これが有名な“国譲り神話”である。
この国譲りの条件として、出雲の宇迦山の麓に壮大な宮殿(出雲大社)を造営してもらったとある。
出雲大社京都分院は、出雲大社大宮司・第八十代出雲国造であった千家尊福により、 明治六年に創立された出雲大社教の一分院として、平成五年、京都・亀岡の地に遷宮造営されたもの。
出雲大社京都分院の本殿は、数千年もの間、大切に守られ受け継がれてきた、日本独自の造形美を現在に伝える大社造りとなっている。
そして拝殿は参拝の方々が祭神に手を合わせると、体が自然と出雲の御本社に向くように建てられている。

出雲大社京都分院は、京都市郊外にある京都府亀岡市にあるが、場所的には非常に分かりにくい不便な場所である。神社はきれいに整備されている。
この亀岡市は“古代出雲族”とは関係の深い場所のようで、この神社とは別に“出雲大神宮”という立派な神社が存在している。
この出雲大神宮は非常に古い神社で、神社が保有する古文書には、出雲大社はここから遷宮されたと書かれており、ここが“元出雲”といわれる所以である。

京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_2336402.jpg


京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_23365831.jpg


やはりしめ縄は太い。

京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_23371774.jpg


拝殿の前には「二礼 四拍手 一礼」とある。
四拍手は神が集まることによるものだが、分院での参拝方向が本社に向いているとのことでそうなっているのだろう。

京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_1057825.jpg


京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_23373867.jpg


京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_23375741.jpg


京都にある【出雲大社分院】とは_e0237645_23381643.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-01-28 12:33 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(5)

Commented by toshi at 2014-02-03 08:03 x
出雲国造は天照大御神の子孫とされていますが 征服された出雲族の末裔であることは間違いないと思います 舞鶴から亀岡への道が出雲から京都 奈良への主要街道であったからこそ元出雲なのでしょうね 出雲から三輪山への道が繋がったような気がします
Commented by mo-taku3 at 2014-02-03 16:44
面白い話があります。
先日奈良桜井市出雲というところに、何か出雲の軌跡がないかを期待して行ってきました。
行ってみると面白いことがいろいろ出てきます。
相撲史家故池田雅雄氏が25年掛けて東京から大和の出雲邑に通い『日本書紀』には野見宿禰が当麻蹶速と戦うため出雲からその日のうちにやって来たと記されているが、「島根県の出雲なら一日で来るのは不可能だから、野見宿禰はここ大和の出雲から行った」と考えるべきであると言う新説を提唱された。
また出雲の地名起源伝承についても大和出雲説を取られる史家である。
またこれを裏付けるようにこの出雲ムラから1.7kmのところ(三輪山の裏辺り)に城山に古代の城跡(出雲城と呼ばれていた。また十二柱神社の起源もそこにあったとの伝承があり、めいじの初めころまではお参りに行っていたとある)があり、今でもそこに奇跡がはっきり見られるとのことだった。
このことが出雲がここにあったとはすぐつながらないとは思うが、国譲りに出てくる出雲が島根県とは当時の状況からは考えにくいとも言えるのではないかとも思う。
Commented by mo-taku3 at 2014-02-03 16:45

桜井には他にも出雲という地名があり、これも調べに行こうと思っている。もっともっと調査したいと思っています。この過程が楽しくて仕方がない!
Commented by toshi at 2014-02-28 06:47 x
稲佐ノ浜は 奈良には該当するところがありませんよ 島根の出雲が桜井に飛び地を持って居たという説を読んだことが有ります いずれにせよ 幾つかの事実を大和政権に有利なように繋げて歪めたように思えます
Commented by mo-taku3 at 2014-02-28 22:46
稲佐ノ浜が出てくる説話は知っていますが、古代遺跡など、何らかの軌跡があるはずですが、稲佐ノ浜近辺からは何ら確証らしきものは見つかっていないようです。
また出雲大社については伊勢神宮と対比して怨霊を鎮めるために建てられた感がしています。
それだけ出雲族は大和国家に対して大きな存在だったのではないでしょうか。なので一度は徹底的に弾圧したが色々な祟りが出て、三輪山に出雲神を祀って鎮めたとか、伊勢神宮の外宮に豊受大神を祀ったとか、沢山の出雲神を復活させたような気がしてます。
しかし、未だ出雲族や鴨族が何処から来たのかがまだ見えていませんが、大和国家ができる以前から彼らが大和にすでに居たことは事実のように思います。
今はこんなところです。