人気ブログランキング |

西国(第6番)札所『壺坂寺』(奈良県高市郡)20150927

西国(第6番)札所『壺坂寺』(奈良県高市郡)20150927


真言宗。西国三十三所観音霊場第6番札所、神仏霊場奈良25番。
703年元興寺の弁基上人が修業をしていたところ、愛用の水晶の壺を坂の上の庵に納め、感得した像を刻んで祀ったのが始まりといわれている。
717年に元正天皇より八角円堂が建てられ南法華寺の正式寺号を賜る。

伽藍は傾斜を利用して階段上に配置されている。

仁王門、多宝塔、灌頂堂、慈眼堂は2003年壷阪寺開創1300年を期して再建・建立されたもの。
八角円堂は日本で初めて建立された八角堂ではないかという学説も出ているが、現在の八角円堂は江戸時代の再建と言われる。

沢山の石像が建てられている。
大観音石像 1983年3月開眼、全長20m、全重量1200トン。
大涅槃石像 1999年安置、全長8m。どちらもインドハンセン病救済事業の縁でインドから招来したもの。
このように、立像・坐像・涅槃像が揃っているお寺は珍しい。

比較的新しい建物が多かった。
電動リフトの設置など身体の不自由な方にも比較的行きやすいところ。
ここは、盲老人ホーム発祥の地といわれ、1961年に「養護盲老人ホーム慈母園」が造られている。

e0237645_23275919.jpg


e0237645_23281261.jpg


e0237645_23283235.jpg


e0237645_23291556.jpg


e0237645_23294865.jpg



e0237645_23315738.jpg


e0237645_23321974.jpg


e0237645_2333138.jpg


e0237645_23482699.jpg


e0237645_12431931.jpg



e0237645_12441097.jpg


e0237645_12525673.jpg


e0237645_12441649.jpg


e0237645_12445966.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-09-27 11:48 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2015-10-29 08:26
9枚目の観音様が御本尊の十一面観世音ですか?
「壺阪観音霊験記」の観音様ですね
山麓の傾斜地に建つお寺は 景色に変化が有って良いですね
Commented by mo-taku3 at 2015-11-04 14:05
八角円堂(本堂)にあるこの「眼の観音様として親しまれている十一面千手観音菩薩坐像」がご本尊だそうです。
このお寺の裏手には渓谷・山並が続き今頃の時期が紅葉できれいだと思います。