いつ行っても四季の花が咲く【京都植物園】20150302

いつ行っても四季の花が咲く【京都植物園】20150302


ここは本当にいつ行っても何らかのお花が咲いている。
特に桜とバラ園は圧巻だ。

今回は早春ということで梅見を目的に出かけてみたが、しかし色々な草木が明に入ってきた。

入って直ぐの花壇には、「ドワーフグリーンカール」というものが、

e0237645_10375281.jpg



その横には同じアブラナ科の「ネロディトスカーナ」というものが植えられていた。

e0237645_1038745.jpg



お馴染の「クロッカス」ヤ

e0237645_10382693.jpg


「スイセン」。

e0237645_10384189.jpg


「スノードロップ」。

e0237645_1039270.jpg


「ハラギリ」という人間木もめだっていた。

e0237645_1039191.jpg


毎年植えられる「花ショウブ」園の仕込みも見ることができた。

e0237645_10393422.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-03-02 14:10 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2015-03-10 08:59
確かにDwarfのイメージが良く出て居ます 

其々の花が 整然というより群生に近い形で植えられていることに好感を持ちます
Commented by mo-taku3 at 2015-03-10 11:57
そうですね。
彼らはきっと庭園造りをイメージしているのではないかと思っています。