京都の桜の名所【50種の花が咲く平野神社】20150415

京都の桜の名所【50種の花が咲く平野神社】20150415


京都の桜の名所といえば、まず最初の三本の指入るのが、ここ平野神社である。

平野神社は桜の種類も50を超えると言われており、一ヶ月以上にわたって桜を楽しむことができる。
いまやっと終わりに近づいているようだが、この前の土日は人で埋まっていたようである。

今年最後の桜情報をお届けしますので、ご覧ください。

e0237645_1139238.jpg


e0237645_1139366.jpg


e0237645_11394695.jpg


この神社には、珍しい「すえひろがね」がある。
すえひろがねは、餅鉄(べいてつ)とも呼ばれる石で、磁石を引き付ける不思議な石です。
説明書によると、昔はこの石に神さまが宿っていると信仰されており、鉄尊様(てっそんさま)と崇められていたそうです。

この「すえひろがね」のお参りはまず撫でて、すえひろがねの後ろに植えられている御神木を右回りに回わることにより、ご利益を授かるとのことでパワースポットとしてしられている。

e0237645_1139561.jpg





e0237645_1140612.jpg



e0237645_11401958.jpg


e0237645_11403850.jpg


e0237645_11405057.jpg


e0237645_1141488.jpg


e0237645_11411972.jpg



e0237645_11413016.jpg


e0237645_11414824.jpg


e0237645_1142341.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-04-15 10:30 | (桜情報)京都・関西 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2015-05-12 07:20
平野神社は 御土居巡りの途中で立ち寄りましたが これ又真夏で参拝者は私だけ 閑散とした印象しかありません 櫻の種類が多いと聞いて居ましたが その通りですね 

Commented by mo-taku3 at 2015-05-12 12:00
確かに桜の種類は豊富ですね。
過去何回か行ってましたが人が多くゆっくりできなかった印象が強いです。ニュースなどで目にするのは三回楽しめるということで、ソメイヨシノ+早咲き枝垂れ・枝垂れ桜+八重桜、遅咲き枝垂れ+緑系の花が咲く桜、となっているようです。
最後のチャンスに行ってきましたが、人も少なく快適でした。
この時期をお勧めします。