西国(25番)札所「清水寺」(加東市)20150530

西国(25番)札所「清水寺」(加東市)20150530


清水寺(きよみずでら)は兵庫県加東市にある天台宗の寺院で京都の清水寺と区別するため播州清水寺と通称よばれる。
山号は御嶽山。本尊は十一面観世音菩薩で秘仏となっている。
寺伝では1,800年前(古墳時代)、天竺(古代インド)の僧、法道が創建したとされ、627年(推古天皇35年) に推古天皇直々に根本中堂を建立している。
さらに725年(神亀2年) 聖武天皇が行基に命じて講堂を建立したと伝える。

法道は天竺から紫の雲に乗って日本へ渡来したとされる伝説上の人物である。
朝鮮半島から日本へ仏教が伝来したのは6世紀のことであり、「1,800年前に法道が創建」との伝承は後世の付託であろう。
法道開基を伝える寺院は兵庫県南部に集中していることから、「天竺から紫の雲に乗って」云々はともかくとして、その由来につながる仏教者がこの地に存在したことが想定される。

1913年(大正2年)の山火事で全焼し、現存の諸堂はそれ以後の再建である。
本堂にあたる根本中堂の本尊十一面観音像は秘仏。大講堂本尊の千手観音坐像(大正時代作)は秘仏でなく拝観可能である。西国三十三所の札所本尊は大講堂の千手観音像である。

山門。この前は大きな駐車場となッているが、下からここまで上ってくるまでがかなりの距離となる。

e0237645_1584359.jpg


e0237645_1585673.jpg


e0237645_159756.jpg


薬師堂があり、堂内は薬師如来を囲んで十二支が囲んでいる。

e0237645_1591768.jpg


大講堂

e0237645_1595282.jpg


e0237645_151079.jpg


e0237645_1511153.jpg


鐘楼があり、鐘は手前に引いてつくことができる。

e0237645_15112336.jpg


e0237645_15113629.jpg


根本中堂(本堂)

e0237645_15121575.jpg


e0237645_15123695.jpg


大塔(多宝塔)跡。

e0237645_15125026.jpg


時期外れのシャクナゲが見事に咲いていた。

e0237645_15161273.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-05-30 11:05 | (巡礼)西国三十三ヵ所 | Comments(6)

Commented by toshi-ohyama at 2015-07-14 07:29
西国三十三カ所の西は兵庫まで広がるんですね 平安期以前にこのような山奥まで巡礼地が広がって居たことは驚きです 
Commented by mo-taku3 at 2015-07-14 10:40
Commented by mo-taku3 at 2015-07-14 10:41
Commented by mo-taku3 at 2015-07-14 10:42
Commented by toshi-ohyama at 2015-07-22 08:49
長文の解説 有難うございます 徳道上人の縁起は 開祖特有の創作も感じますが普及に工作が有ったことは間違いないのでしょうね 以前長谷寺の参道からの帰り道にある発起院で徳道上人を知りました 
Commented by mo-taku3 at 2015-07-23 17:38
法起院ですね。
ここは西国札所の番外です。
歴史の正確性を問うと、誰が書いたかいつ作られたかで全く違って感じるので厄介な代物です。