人気ブログランキング |

天橋立文殊堂(智恩寺;日本三大文殊)20150801

天橋立文殊堂(智恩寺;日本三大文殊)20150801


「三人寄れば文殊の知恵 」でおなじみ智恩寺は知恵を授ける菩薩として、学業成就を願う人々が全国各地から参詣に訪れます。
黄金閣を正面に宝形造りの銅板葺き屋根の御堂を文殊堂といい、これが天橋立智恩寺の本堂であり、ここに文殊菩薩をまつり、本尊としています。
智恩寺は大同三年(808年)に平城天皇の勅願寺として建てられ、本堂内陣の「智恩寺」の寺号額は延喜四年(904年)に醍醐天皇から下賜されたものです。
内陣厨子には、本尊・文殊菩薩騎像、両側に善財童子・優でん王立像がまつられており、鎌倉時代後期の作で、国の重要文化財に指定されています。

茶屋通りに面する山門は、天皇から黄金を贈られて造られたことから「黄金閣」とも呼ばれる市の指定文化財で、楼上に釈迦如来を中央に両脇士・十六羅漢を安置する、禅宗様式・三間三戸二重門の丹後地方最大の山門です。

e0237645_15415885.jpg


古代から智恵を授かる文殊菩薩の信仰の地として知られる。本堂(文殊堂)には秘仏の文殊菩薩像(重要文化財)を祀っています。

e0237645_1542865.jpg


多宝塔は室町時代中期の明応九年(1500年)、府中城主延永修理進が自分の病気全快を感謝し、一の宮の別当大聖院の智海に託して建立寄進したもので、国指定の重要文化財となっています。

e0237645_15421984.jpg


非常に珍しい扇の形をした絵馬。

e0237645_15422931.jpg


山門には、「門前四軒茶屋」なる大きな提灯がかけられている。

e0237645_15423977.jpg


文殊堂を横から見るとこのように大きい。

e0237645_15424930.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2015-08-01 18:00 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2015-09-07 08:58
若狭湾沿いにも素晴らしいお寺 仏様が沢山残って居ますね 文殊堂は珍しい宝形造りの御堂のようですね

此れだけのお寺が建てられる財力は 交易の賜物だと推測されます 
Commented by mo-taku3 at 2015-09-08 00:01
行く度に色々なことが分かります。
この辺りにも遺跡が幾つかあり、また行ってみたいと思ってます。
何と言っても真名井神社が伊勢神宮外宮の元伊勢ですので、もっと調べてみたいと思ってます。