人気ブログランキング |

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116


北野天満宮に行った帰り、約6kmの道のりを歩いて帰ることにしました。
北野天満宮を出て、直ぐ前の今出川通りを渡ると千本通りまで続く「ふれあいの街」という西陣・北野商店街が続いており、きれいに整備された商店街となっています。

ここは以前市電が通っていたのか、写真にあるような電車のマークがシンボルマークとなっているようです。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23123576.jpg


京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23124894.jpg


京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23125853.jpg


京都は空爆がなかったというのが一時定説となっておりましたが、実は昭和20(1945)年6月26日の昼ごろ,西陣の一画にアメリカ軍による空襲がありました。
被災したのは、上長者町通・大宮通・下立売通・浄福寺通に囲まれた,ほぼ四百メートル四方の地域で,300戸ほどの家屋が被害を受け,43人が犠牲となったことが書かれています。
この石標は,西陣に空襲があったことを記し,その被害状況を伝えています。
場所は、上京区下長者町通智恵光院北東角(辰巳児童公園内)にあります。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23131216.jpg


聚楽第本丸南堀石垣出土地
2012年に行われた上京区智恵光院通上長者町南東角の京都府警察本部西陣待機宿舎建て替え工事に伴う発掘調査で東西約32m、高さ約2.3mの石垣が見つかりました。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23132492.jpg


上杉景勝・直江兼続屋敷跡推定地の道標
2009年NHK大河ドラマ『天地人』の放送を機に同年5月に建碑されました。
聚楽第跡の周囲にはこのような石碑が沢山存在します。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23133751.jpg


京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23135111.jpg


堀川通りの堀川。
堀川通りは名前のごとく太平洋戦争以前に堀川の上に造られた、当時としては高級機の滑走路にも使えるようになっていました。
しかし、北へ行くにしたがって、現在は堀川を開渠のまま美観地区の公園として整備されています。
堀川通りからは見ることはできませんが、都会のオアシス的な感じとなっています。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23143076.jpg


京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23144480.jpg


藤原頼道の「高陽院(かやのいん)邸跡」
丸太町通堀川東ル、通りの北側にあるマンションの一角に、「高陽院跡(かやのいんあと」と書かれた小さな金属板が置かれています。
平安時代、この地一帯は貴族の邸宅が立ち並ぶ地域でありました。
第50代・桓武天皇第7皇子・賀陽親王の邸宅がありました。
その後、鎌倉時代まで公卿、天皇の里内裏として機能しています。
藤原道長の弟藤原頼道(宇治平等院建立)の邸宅にも利用されていたことが伝わっています。

京都西陣北野「ふれあいの街」他20160116_e0237645_23145542.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-01-16 15:07 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2016-02-03 08:43
最近 西陣の裏路地を何度か歩きました 古き京都の風情が残って居ます 偶々地蔵盆に出くわし 地域社会がしっかり根付いて居る光景を羨ましく感じました 

堀川沿いの歩道は何故か何時も北上ばかりしています
一段下がっているので周囲が見えず 多少飽きますが 清掃も行き届いて居て気持ちの良い散歩道ですね
Commented by mo-taku3 at 2016-02-05 11:22
今回の散歩で聚楽第の遺跡に会いました。
調べてみると結構遺跡が散在していて散策する価値がありそうと思ってます。
今度しっかり回ってみようと思ってます。
堀川は七夕時にはイルミネーションのトンネルとなります。そこそこ楽しめます。