人気ブログランキング |

京都植物園④の桜の古木20160206

京都植物園④のの古木20160206


京都植物園の桜は、京都でも10指に入ると思う。
特に大きな木がたくさんあり、また古木を大事に生かし続けているのは素晴らしいし、技術者にとっても誇りに思っている様子だ。
この素晴らしさを素直に素晴らしいとお声掛けすると、本当にうれしそうに「ありがとうございます」と帰ってくる。これまたこちらもうれしくなる。

ここの桜は咲くとこのようになる。しかし・・・

京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_11552222.jpg



今の時期の桜を見るとこのような古木が沢山ある。
これを大事に生かして、たわわな花をつけるようにメンテナンスするのが素晴らしい。
これを見て、いつも感心している。

京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_1527377.jpg


京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_15261412.jpg


京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_15273088.jpg


京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_1528125.jpg



これらの古木が桜の時期にはこんな感じで花を咲かせる。と云うより蘇らせると云った方がいいだろう。

京都植物園④の桜の古木20160206_e0237645_15263090.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-02-06 11:03 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2016-03-15 08:56
今年の櫻の開花は 少し早いようですね 
一年の殆どを葉も無く実に無愛想な姿を晒している老木が 突然 絢爛に開花する様は「狂う」という表現が相応しいほど 此の突然の変化に日本中が振り回されます
永く人事部門を担当していたため 花が傾く頃は年度の切り替えで多忙が続き 櫻を愛でる暇は有りませんでした
大學校舎に櫻はつきものですが この時期にキャンパスを訪れる人事担当者は居りません 
人事を卒業して漸く櫻を愛でる余裕が出て来ました 
Commented by mo-taku3 at 2016-03-15 12:02
ここの桜は京都でも有数の規模・内容だと思います。
観光客も少なく地元民の憩いの場所になっている感じです。
本当にのんびりできます。
古木は大事に、枯れると間を開けずにと頑張っているようです。
また一枚目の写真は去年のものですが、ご覧の通り下が芝生になっており花見ができますが、お酒は駄目のようで宴会はみあたりませんでした。