人気ブログランキング |

京都本隆寺(法華宗真門流の総本山)20160420

京都本隆寺(法華宗真門流の総本山)20160420


本隆寺は法華宗(真門流)の総本山で京都西陣の地にあり、慧光無量山本妙興隆寺(えこうむりょうさんほんみょうこうりゅうじ)と号し、略して慧光山本隆寺という。
開祖日真大和尚(にちしんだいかしょう)は、長享2年(1488)に妙顕寺を出て、四条大宮に本隆寺を開創した。後柏原天皇等のご支援を得て法運は隆盛するが、天文の法難(叡山との宗教戦争)に遭遇し、諸堂は悉く消失し泉州堺に避難することとなる。

春は桜、夏はさるすべり、秋は紅葉、冬は雪化粧が境内を飾るなかなか風情がある。
天文11年(1542)春、現在の地を得て再興され、承応2年(1653)には大火により諸堂を失うが本尊は無事で、万治元年(1658)に再建された。
天明8年(1788)の大火により、再び山門・鐘楼・方丈・塔頭(たっちゅう)と悉く焼失するが、本堂・祖師堂・宝庫は消失を免れたことに寄り「焼けずの寺」の異名がつくようになった。
現在は、大火を免れた本堂(国指定重要文化財)は京都16本山の中で最も古いものとして今日に伝えられ、祖師堂(国指定重要文化財)・番神堂・鐘楼・経蔵・宝物殿・方丈・信徒会館があり、また塔頭八院が境内を取り巻くように立ち並んでいる。

e0237645_16324427.jpg


e0237645_1633457.jpg


e0237645_16341765.jpg


e0237645_16342795.jpg


e0237645_16343917.jpg



e0237645_1634511.jpg


e0237645_1635113.jpg


e0237645_16351378.jpg


e0237645_16352353.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-04-20 09:58 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(3)

Commented by toshi-ohyama at 2016-05-24 08:55
境内に殆ど人影も無く とても閑静なお寺さんという印象があります 近所に 鳥岩楼(親子丼は此処が一番と思います)や 三上家住宅の路地があり 何度かお邪魔したことが有りますが 余り知識も無く 改めて訪問して見たくなりました
Commented by toshi-ohyama at 2016-05-26 07:09
NETで調べてみたら 本隆寺の築地壁が出て来ました この築地の前は何度も通って写真を撮って居ます 瓦を其の儘埋め込んで 素晴らしい築地が続きます 中々雰囲気が上手く撮れません
Commented by mo-taku3 at 2016-05-27 11:11
このお寺には初めては入ったように思います。
法華宗のお寺は鎌倉以降に建てられたものであまり興味を持たなかったのですが、宗教戦争や宗教行政(秀吉・家康)などで逸話が色々あるようで最近は寄ってみるようにしています。
余り人が行かないせいか観光化していないのがこれまた良いです。
さて築地壁ですが、このお寺の北側だったと思いますが河原を埋め込んだのを写した記憶があります。ここにも載せたような記憶もありますので探してみます。