人気ブログランキング |

百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423

百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423


本堂は、入母屋造、檜皮(ひわだ)葺き。江戸時代初期、慶安3年(1650年)の再興である。中世以来の密教仏堂の形式を残しつつ細部には近世的特質の現われた建築で、2004年に重要文化財に指定されている。元来の本堂は現在地の裏手にあり、規模も大きかった。また、旧本堂の右方(南)には五重塔が建っていた。
本堂は室町時代の明応7年(1498)に火災にあい、文亀3年(1503)に兵火をうけ、さらに織田信長によって天正元年(1573)全山焼失しました。
その後天正12年に堀秀政により仮本堂が建立。
のち天海僧正の高弟亮算が入寺し、堂舎再興の勅許を得て諸国に勧進し、江戸時代の慶安3年(1650)現在の本堂が竣工。
かつての本堂は現在より少し山手の広大な台地に、金堂と五重の塔がありました。
現在の本堂は、一重、五間六間、入母屋造で正面中央に軒唐破風が付せられております。
金剛輪寺・西明寺の本堂よりもひとまわり小さいですが、天台形式の構造をもった均整のとれた建造物で、平成16年12月に文化庁より重要文化財の指定を受けました。
なお、外部の総高欄の擬宝珠に「百済寺本堂 慶安5年壬辰3月吉日」の刻銘があり、そのときにすべて完成したことを知ることができます。
内部に外陣と内陣とに引違格子戸を用い、内陣の厨子には、秘仏本尊の2.6mもある巨像の十一面観音立像(平安時代)を安置しております。


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_1413561.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_141492.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14143183.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14144293.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14145444.jpg



百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_1415832.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14151780.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14152986.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14154136.jpg



鐘楼

百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14155218.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_1416386.jpg


百濟寺の「本堂と鐘楼」20160423_e0237645_14162512.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2018-08-29 21:01 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-09-17 09:31
百済系の渡来人による創建なのでしょうね 石垣は穴太積みでしょうか
写真を拝見して 如意輪観音の拝観料をケチって 格子の外から参拝したことを想い出しました
Commented by mo-taku3 at 2018-09-23 23:21
百濟寺は紅葉の時期に訪れる人が多いですが、春のこの時期は人も少なくてゆっくり拝観出来て本堂も隅々までよく見てきました。地味ですが、いいお寺でした。