若狭一ノ宮社の「神宮寺」(東大寺お水取り)20160811

若狭一ノ宮社の「神宮寺」(東大寺お水取り)20160811


神宮寺という名はよく聞く名前である。
神宮寺とは、辞書を引くと、
「神社に付属して建てられた寺院。神仏習合思想の現れで,社僧(別当)が神社の祭祀さいしを仏式で挙行した。1868年(明治1)の神仏分離令により廃絶または分離。宮寺。別当寺。神護寺。神宮院。神願寺。」
とある。
なるほど、~宮寺や、京都の高雄にある神護寺もそのようである。
現在残っているのは神仏分離令により分離されたお寺ということになる。
このような話は非常に興味があるので調べてみると、約800年間続いた平氏に始まる武家の社会から明治維新になり公家が統治する社会になったことにより、いの一番にこの「神仏習合思想」を排除した「神仏分離令」が出され、廃絶に追い込まれた仏寺は数多くあり、分離された仏寺も補助が打ち切られ檀家による細々とした存続が図られていたようである。
この他、廃藩置県・廃刀令など武家統治の解体を進める一方、明治神宮・橿原神宮・平安神宮などを建立し、昭和になっても近江神宮が造られている。
何故にこのようになったかというと、公家を中心とした宮廷政治が武家政治になってから800年間耐え忍んだ結果ということのようだ。
この中心となった、明治天皇はじめ三条実美・岩倉具視を中心とした藤原氏の流れを汲む多くの公家の爆発と云っていいのではないかと思えてきた。

さて、前置きが長くなったが、この「若狭神宮寺」は、福井県小浜市神宮寺町にあり、天台宗のお寺である。
本は「尊薬師如来坐像」、重要文化財として[本堂 仁王門 男神・女神] 大膳院 椎の木が認定されている。
若狭の小浜にある神宮寺は元明天皇の和銅7年の創建とされたとある。
寺伝によると遠敷明神(若狭彦命)の直孫和朝赤麿公が 金鈴を長尾明神と祀り鈴応山神願寺を創建し、翌年勅願寺となったことに始まるといわれている。
その後、若狭彦姫神を根来白石より迎え神仏両道のお寺としたとあり、更には鎌倉時代に神願寺は遠敷明神上社(若狭彦)と遠敷明神下社(若狭姫)の 別当寺となり、神宮寺と改称したとされている。

さて、仁王門は歴史を感じさせる威風堂々とした構えである。
寺域はかなり広かったと見え、現在のお寺の入り口からは500m位離れたところにあり、畑の中を一本道で繋がっている。
鎌倉時代に製作され、切妻造り二軒和様八脚門といわれ重要文化財に指定されている。

e0237645_10592940.jpg


e0237645_10594027.jpg


e0237645_10595025.jpg


e0237645_110910.jpg


e0237645_1100100.jpg


e0237645_1102116.jpg



神宮寺本堂;室町時代・重要文化財
明治4年の国家神道により若狭彦神社は国幣社となり、境内にあった遠敷明神社は神仏分離令により取り壊された。
しかしながら、 現在の本堂の内陣には、中央正面と左側は須弥檀になり薬師如来を本尊として仏像が並んでおり、右側は壁面で、 この壁面は勧請座(影向座)といわれ神号掛軸3福が掛かっている。
神仏分離令を如何にして回避したのであろうか。多分氏子・檀家・じしゃの神職・僧侶などの並々ならぬご苦労があったと思われる。
この本堂は重要文化財で、天文22年に朝倉義景が再興したといわれている室町時代の堂々たる大建築で、説明によると和様を主体に木鼻に天竺様繰形、唐様束梁などの珍しい技法を用いている。
本堂内で二拍一礼でお参りするのは、この寺だけだとのことであり、本堂入口には"しめ縄"が張ってあるのは特異な存在である。

e0237645_1103070.jpg


e0237645_1104171.jpg


e0237645_1104944.jpg



閼伽井戸(あかいど)
根来白石の神童が長じて東大寺開山堂の良弁僧正になった繋がりから、奈良二月堂のお水取り行法の水は若狭井(東大寺)の水が 使われており、この水は神宮寺の閼伽井戸(あかいど)の水を3月2日に遠敷川(おにゅうかわ)の上流2kmの鵜之瀬へ流すこと(水送り)で 3月12日に若狭井(東大寺)に到達するといわれている。

e0237645_111176.jpg


e0237645_1111181.jpg



スダジイの木は天然記念物で樹齢推定500年と云われている。
幹周り6.4m 高さ18mもある。

e0237645_1112377.jpg



和様唐様天竺様折衷茶室
萱葺き屋根がいい。中は6畳茶室・囲炉裏のある8畳間となっている。
事前に予約をすれば使わせてもらえるようだ。

e0237645_1113451.jpg


苔芝が見事な庭園。

e0237645_1114865.jpg



催事の後。

e0237645_112093.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2016-08-11 15:30 | (寺社)全国の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2016-09-08 09:37
神仏分離令 国家神道は 明治政府が犯した二大犯罪ともいうべき愚行です

高野山を空海が開いた際 既に鎮座していた地元神を篤く敬い 祀ったとあります
伊勢神宮に参拝した折 日蓮が伊勢神宮を参拝した記念碑を観ました(創価学会の方は日蓮の伊勢神宮参拝を否定して居ましたが)
更には 今話題の「日本会議」のルーツは 富岡八幡宮富岡盛彦宮司 円覚寺朝比奈宗源管長 生長の家谷口雅春総裁に求められるそうです 神仏混交の中に日本文化の粋を見出したいものです
Commented by mo-taku3 at 2016-09-10 08:08
アフガニスタンのバーミヤン遺跡の破壊を思い出しますが、廃城令・廃仏令(廃仏毀釈)はバーミヤンの比ではないように思います。
情けない話です。