人気ブログランキング |

鈴虫寺(華厳禅寺・鳴き続ける鈴虫)20170205

鈴虫寺(華厳禅寺・鳴き続ける鈴虫)20170205

鈴虫は秋に可愛い音色を聞かせてくれますが、鈴虫寺では秋だけでなく、四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができる。それで通称「鈴虫寺」という名で呼ばれている。正式にはは「妙徳山
華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」という。
寺を開山したのは鳳潭(ほうたん)上人といい、稀代の学僧として語り継がれている。
このお寺では書院で住職の説法を聞き、幸福地蔵菩薩にお参りすることで自分の心と向き合うきっかけにもなるという。
本尊である大日如来のほかに地蔵菩薩も安置しており、全国から地蔵信仰、入学・開運・良縁祈願の人たちをはじめ、多くの人が祈願に訪れ、朝からお寺の参道の階段には列をなすのが通例となっている。
観光寺院のお寺がほとんどだが、鈴虫寺では寺院本来のあり方を常々大切にして、ご参詣の皆さんには、鈴虫の音色とともに「説法」の時間をもうけている貴重なお寺である。

禅宗の教えの一つである「茶礼」に基き、お寺のことやお参りの仕方、あるいは日々の心の持ち方についての説話がなされる。

e0237645_08484343.jpg


e0237645_08485429.jpg


e0237645_08490606.jpg


e0237645_08491969.jpg


e0237645_08493194.jpg


e0237645_08494444.jpg


e0237645_08495340.jpg


e0237645_08500490.jpg












この項 <完>





by mo-taku3 | 2017-02-05 15:44 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2017-03-13 13:02
鈴虫寺のご住職は お若い方だったように記憶します(TV番組で観ました) 随分若い方が行列されてますね
仏教界は 信者の老齢化が深刻な中 若い方が行列されておられるのに注目します
鈴虫 茶礼も 説法会の参加者を増やすための便法ですと話されていたことを想い出しました
Commented by mo-taku3 at 2017-03-14 17:03
ここは3回目ですが、今回の説法を聞いていて感じたのどこかの通販の会社の商品紹介にちょっと似ているなと、不遜ですが感じました。
というのも若い方の説法で内容があまり感じられない教育中というのが伝わってきたからかもしれません。以前の説法と大分違いました。