人気ブログランキング |

巣鴨「とげぬき地蔵」と商店街20180331

巣鴨「とげぬき地蔵」と商店街20180331



「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれるこのお寺、正式には曹洞宗萬頂山高岩寺といいます。

慶長元年(1596年)に江戸湯島に開かれ約60年後下谷屏風坂に移り巣鴨には明治24年(1891年)に移転してきました。
ご本尊は「とげぬき地蔵」として霊験あらたかな延命地蔵菩薩です。こちらの地蔵菩薩様は秘仏ですので残念ながら拝見させていただくことはできませんが、そのお姿を元に作られた御影(おみかげ)に祈願してもご利益があるとされています。こちらは高岩寺のご本堂で授与されています。

(洗い観音)

江戸時代最大の火事であった「明暦の大火」(1657年)で、当寺の檀徒の一人「屋根屋喜平次」は妻をなくし、その供養のため、「聖観世音菩薩」を高岩寺に寄進しました。 この聖観世音菩薩像に水をかけ、自分の悪いところを洗うと治るという信仰がいつしかうまれました。これが「洗い観音」の起源です。

e0237645_09054699.jpg


e0237645_09054615.jpg


e0237645_09054677.jpg


e0237645_09054688.jpg


e0237645_09054661.jpg


e0237645_09054600.jpg


e0237645_09054727.jpg


e0237645_09054763.jpg


e0237645_09072380.jpg


e0237645_09072338.jpg


e0237645_09072481.jpg


e0237645_09072412.jpg


e0237645_09072457.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-20 00:05 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-08-24 07:52
おばあちゃんの竹下通り 巣鴨地蔵通り商店街は日本の現状を感じるには最適 お年寄りが溢れかえっていますが 若い方も意外と多いですよ 
付近に 静岡から戻った徳川慶喜の屋敷とか 幣原喜重郎 岡倉天心 高村光太郎夫妻等々の眠る染井霊園もありますね 
Commented by mo-taku3 at 2018-08-28 09:02
巣鴨は馴染みのところでした。家内の親戚があり何度か行ったことがありました。しかし、もう40年も前のことですから、すっかり垢抜けしてきれいになってましたね。
情報をいただいたので機会があれば、また行って見たいと思います。