人気ブログランキング |

渡月橋と桂川の濁流(嵐山)20180709

渡月橋と桂川の濁流(嵐山)20180709



降り続いた雨もやっと落ち着き、桂川・渡月橋の水位が3m位下ったということ。
しかし川は未だ荒れていました。
この周辺は川の西側の水があふれ少し床上浸水したと聞きました。丁度片付けの最中でした。「お見舞い申し上げます!」
皆さんに大変ご心配をおかけいたしました。
お見舞いありがとうございました。

e0237645_23540917.jpg

e0237645_23541088.jpg

e0237645_23541050.jpg

e0237645_23541049.jpg

e0237645_23541016.jpg

e0237645_23541075.jpg

e0237645_23555335.jpg

e0237645_23541121.jpg

e0237645_23541141.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-07-09 09:30 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-07-12 06:02
改めて自然の猛威を感じました 上流ダムや防水堤防等様々な対処をしても未だ自然を制御することが出来ませんね
自然破壊 特に山林の傷みが荒れ狂う川の原因の一つとも聞きます
お住いの皆様にお見舞い申し上げます
度重なる災害を乗り越えて京都が多くの遺産を残していることは まさに驚異的ともいえます 有難いことです
Commented by mo-taku3 at 2018-07-16 00:54
京都に住民は洪水だけではなく、戦乱や火事に悩まされていたことで物凄く辛抱強いと思います。
太秦辺りは湿地帯で桂川の増水が当たり前だったような気がします。多分桂川は暴れ川だったんでしょうね。
京都市内の火事や事件などは直ぐには伝わらないことが多く、何でもワンクッションおいて明らかになる感じです。不思議なところですね。