人気ブログランキング |

京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716

京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716



正徳五年(1715)、洛北一乗寺村の狸谷と呼ばれるところ(現在の地)に高さ、深さとも2丈からなる洞窟の存在を耳にし、霊験を感じた朋厚房正禅法師(木食正禅養阿上人)は、この狸谷こそ自身が籠って行法を修するにふさわしい場所と決意し、朋厚法師31歳のとき(享保3年(1718))狸谷山不動院を開山

狸谷を拠点とした参籠、木食行は困難を極めた。更に熊野詣の難行苦行も行い、その結果熊野権現が山伏の尊形となって現れ、鉦、鐘木、杖の三種の神宝を授り、狸谷山修験道が誕生した。

法力を得た朋厚法師は狸谷山修験道のご本尊として新たに自ら刻んだ身の丈5尺の石造不動尊像を据えた。その尊容はかつて桓武天皇が平安京の城郭東北隅に鬼門守護として祭祀されたタヌキ(咤怒鬼)不動明王と同じといわれ、伝説の咤怒鬼不動明王が息を吹き返したと村人は歓喜し信仰の拠り所となっていった。その後、修行場として各地から参籠者が馳せ参じ大きな繁栄を見せ、狸谷山修験道の礎を築いた朋厚法師の参籠は足かけ17年にも及んだ。

さて、この狸谷山不動院には「一乗寺の下り松」(宮本武蔵と吉岡一門決闘の地)から「詩仙堂」前の坂道をどこまでも登っていくと正面に見えてくる。

そこから250段の階段を登っていくと本堂がある。清水寺本堂を連想させるつくりの本堂である。

そこには色々な伽藍があり、ゆっくりお参りすることができる。

京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101477.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101449.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101596.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101553.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101500.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101556.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101576.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18101671.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18115090.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18115078.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18115059.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18115199.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18131070.jpg


京都狸谷山修験道の「狸谷山不動院」20180716_e0237645_18115190.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-08-16 13:55 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-08-20 07:52
以前 当代猿之助が亀治郎時代に此方を参拝されているのをTVで観たことがあります 比叡山に登るとき京都駅から出るバスが一条あたりから地獄谷の急峻な道を登っていきますが 此の道の裏側が狸谷なんですね 如何にも修験道の道場のような深淵とした森が囲っている感じです
膝が悪いのでこの階段は 些か厳しそうです
Commented by mo-taku3 at 2018-08-21 15:41
涼しくなると清水寺位のいい散歩道になります。
関西のTV番組で紹介されていたのを見て、早速出かけましたが、午前中とはいえ猛暑の中だったので大変でした。
しっかり見てこなかったのでまた行きたいとは思っていますが、見るべきものがまだまだありそうです。