人気ブログランキング |

上御霊神社(京都)20190824

上御霊神社(京都)20190824



御霊信仰は9世紀前半から民衆の間で広まり、863年(貞観5年)には公式の御霊会で祭られるようになった。

桓武天皇の時代、各地で疫病が流行した。これは御霊の祟りであるとして、貞観5年(863520日、平安京の神泉苑で御霊会が催された。この時に慰霊された御霊は崇道天皇・伊予親王・藤原夫人・観察使(藤原仲成)・橘逸勢・文屋宮田麿らであった。

この御霊会が上御霊神社および下御霊神社の創祀であるとしている。

現在の下御霊神社を下出雲寺御霊堂、上御霊神社は上出雲寺御霊堂と称し、ここにあった出雲寺の御霊堂だったようで、出雲族も怨霊だったような感じを受ける。その結果か、朝廷の篤い崇敬を受け、至徳元年には正一位の神階を授けられたという。

また、室町時代の文正2年(1467118日、失脚した管領の畠山政長と畠山義就との私闘が当社境内の森で行われた(御霊合戦)。この戦いは応仁の乱の前哨戦となり、応仁の乱発祥の地とされる所以である。

なお、延喜式神明帳に記載される出雲井於神社(式内大社)や出雲高野神社(式内小社)を当社に比定する説もあるが、継続性は不詳であり、神社側の由諸ではこれらの式内社について言及していない。しかし、比定は無いにしても、関係性は十分考えられるように思う。

e0237645_10344122.jpg


e0237645_10344146.jpg


e0237645_10344135.jpg


e0237645_10344160.jpg


e0237645_10344232.jpg


e0237645_10344254.jpg


e0237645_10344253.jpg


e0237645_10344295.jpg


e0237645_10355244.jpg


e0237645_10355224.jpg


e0237645_10355278.jpg


e0237645_10355252.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-08-24 10:32 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2019-09-06 11:40
出雲族が京都に入ってくる道は 舞鶴から亀岡を経る道 若狭から朽木を経る道 敦賀から琵琶湖を経る道と 幾つかの経路があるのだろうと思いますが 桓武天皇が京都を開いたときにはすでに先住民としての渡来族出雲が京都北辺に勢力を展開している 不気味な存在であったのではないでしょうか 何らかの形で出雲族を駆逐し その祭祀を壊し(疎開させ)ていく過程で 御霊神社を鎮座させたと考えるのは 如何でしょうか 歴史の断層がこの地にあるようで 興味をそそられます
Commented by mo-taku3 at 2019-09-07 17:31
下御霊神社を下出雲寺御霊堂、上御霊神社は上出雲寺御霊堂と以前は言っていたとあり、また、出雲井於神社(いずもいのへじんじゃ:下鴨神社内)や出雲高野神社を比定する説もあり、どれも出雲御霊からきているようです。京都(関西?)の先住民は出雲族だったことは段々明らかになってきているように思います。
ただ、出雲族は(私の考えですが)北から来たのではなく大和の地から北に追われていった考えがあるように思います。