落柿舎(らくししゃ)と柿の木20180923

落柿舎(らくししゃ)と柿の木20180923



嵐山から嵯峨野に入り竹林を抜けて、トロッコ電車の嵐電「嵐山」駅前を左折して300m程で左手に、常寂光寺があります。それをみぎてにしばらく行くと、この落柿舎が見えてきます。
落柿舎は向井去来の庵と伝えられていますが、何度も拝見しており中には入らずです。
落柿舎は柿が熟して落ちると書きますが、未だ柿は青々としており、ちなみに「青柿舎」というところでした。

e0237645_17443203.jpg

e0237645_17443285.jpg

e0237645_17443267.jpg

e0237645_17443365.jpg

e0237645_17443376.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-09-23 15:39 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-10-04 08:51
春の若葉は 新緑と云いますが 緑柿とは云いませんね 信号も青ですし 
日本語では 緑と青が混同するのが多いのはどうしてなのでしょうか 秋の紅葉も素晴らしい嵯峨野ですが 青葉の嵯峨野も見逃せません 日本の四季は誠に素晴らしいと改めて感じます
Commented by mo-taku3 at 2018-10-05 21:42
今回は中に入りませんでしたが、次は入ってみようと思います。もう30年以上入っていませんね。