京都「岡崎公園」は六勝寺跡20181002

京都「岡崎公園」は六勝寺跡20181002



京都岡崎の地は「六勝寺」といって、六つのお寺がありました。

六勝寺とは,院政期,天皇や中宮の発願で鴨川東岸の白河(現左京区岡崎)の地に建立された6つの寺院で、いずれも「勝」の字がつくので六勝寺と総称されました。

 法勝寺(ほっしょうじ)は承暦元(1077)年落慶。白河天皇発願。

 尊勝寺(そんしょうじ)は康和4(1102)年落慶。堀河天皇発願。

 最勝寺(さいしょうじ)は元永元(1118)年落慶。鳥羽天皇発願。

 円勝寺(えんしょうじ)は大治3(1128)年落慶。鳥羽天皇中宮待賢門院藤原璋子発願。

 成勝寺(せいしょうじ)は保延5(1139)年落慶。崇徳天皇発願。

 延勝寺(えんしょうじ)は久安5(1149)年落慶。近衛天皇発願。

出土した瓦や礎石から,建築用材が全国各地から調達されていたことがわかります。創建後,落雷や火災などでたびたび災害に見舞われましたが,そのつど修復再建されました。しかし,南北期には次第に衰微し,応仁・文明の乱(146777)の兵火で廃絶しました。そしてこの地は現在「京都の文化圏」といってもいいくらい、美術館・図書館・シアターなどが集結していると言ってもいい場所となっています。

e0237645_22253418.jpg


e0237645_22253458.jpg


e0237645_22253459.jpg


e0237645_22253446.jpg


e0237645_22253420.jpg


e0237645_22253539.jpg


e0237645_22253558.jpg


e0237645_22253590.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-10-02 13:24 | (風情)京都・関西 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2018-10-04 09:29
知恩院から上っていって 大鳥居の前の参道が随分整備されて来ましたね

岡崎公園に入った左側辺りで 六勝寺遺跡の看板を見た記憶があります

天皇発願とはいっても 天皇家の荘園収入だけではこれ程の大寺が建てられるわけもなく 平氏をはじめとする寄進者があっての創建と思います ある意味貧民のための公共事業的意味合いもあったのであろうかと思いますが  
Commented by mo-taku3 at 2018-10-05 17:42
参道の左側は以前は風情があって緑も多くよかったのですが、ちょっと殺伐感があります。
それでも色々な団体からこの広場でイベントをやれるようにとの要望があったのでしょうね。早速、7日の関西の?大学の大きなイベントが予定されているようです。
六勝寺は天皇が建てることによりその資金の多くは平氏の日宗貿易の利が回っていたのではと思います。経済力でも平氏が勝っていたわけですね。