醍醐寺「霊宝館:本館・平成館」20181005

醍醐寺「霊宝館:本館・平成館」20181005



醍醐寺霊宝館とは、醍醐寺に伝わる「寺宝の保存と公開」を目的として昭和10年に開館した施設です。昭和541979)年に新収蔵庫3棟が、平成132001)年には本館の裏に平成館が開館しました。

醍醐寺の寺宝の大半(10万点)が、この霊宝館で保管されています。

平成元年(1989)~平成25年(2013)までに、醍醐寺聖教類の54869,378点が国宝に認定され、40,676点が重要文化財に指定されています。醍醐寺は日本最大級の文化財保有数を誇ることになったことも、霊宝館の新築への理由となったようです。
外観は白亜の会館という感じで、お城の御殿のような感じです。

醍醐寺はたびたび戦火に見舞われ、応仁の乱では五重塔を除いて灰塵に帰すなど、一見寺宝も焼失?かと思われますが、一部はしっかり持ち出されていたようです。

平成館には不動明王を中心に、明王五体が展示されています。

e0237645_22524402.jpg


e0237645_22524451.jpg


e0237645_22524455.jpg


e0237645_22524454.jpg


e0237645_22524513.jpg


e0237645_22524587.jpg


e0237645_22524561.jpg


e0237645_22524529.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2018-10-05 15:00 | (紹介記事)京都 | Comments(1)

Commented by toshi-ohyama at 2018-10-15 09:49
醍醐寺は何度か参拝していますが 霊宝館は何時もパスしてました 箔薬師は 確か六角堂にも置かれていました(観音様かお地蔵様か 記憶は不明確ですが) 庶民の間でこのような贅沢が許されるはずもなく 近年の習わしなのでしょうか