京都歴史ある「三条大橋」の様子20181101

京都歴史ある「三条大橋」の様子20181101



全国的には五条大橋が有名と思う。また五条大橋は秀吉の時代に違う場所に建て替えられており今も歴史的価値としてしっかり残っているのは「三条大橋」である。
この三条大橋や近くには色々な歴史的価値が残されている。まず、橋の擬宝珠(ぎぼし)の二か所には池田屋事件の関係での刀傷があり、桃山時代に建て替えられた時の石柱のサンプル、人通りが多いと見えて「高札場」があったこと、写真には写っていないが駅伝発祥のモニュメントなどがある。また、弥次さん喜多さん像などもある。
現在の三条通をを見ると平安神宮から折れて三条通に入り、大橋を渡ると賑やかになり、ずっーと魅力ある商店が並んでおり、沢山の人出が長く続いている。

e0237645_21293361.jpg

e0237645_21293468.jpg

e0237645_21293443.jpg

e0237645_21293476.jpg

e0237645_21293404.jpg

e0237645_21293452.jpg

e0237645_21293496.jpg

e0237645_21293559.jpg

e0237645_21293511.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2018-11-01 21:25 | (歴史)京都史 | Comments(0)