人気ブログランキング |

出水の小川と蝋梅(京都御苑)20190130

出水の小川と蝋梅(京都御苑)20190130



京都御苑の中にある唯一の小川「出水の小川」があります。
この小川は元は琵琶湖疎水の分流で、防水用として明治の中頃引かれたもののようです。この地域に元々あったものではありませんが、御苑意地の一環でつくっれました。現在は琵琶湖疎水から引いているのではなく、地下水を汲み上げて循環させているとのことです。
この小川の辺りは、梅園・蝋梅・ツツジなど、これから花が咲き始める良い所です。

e0237645_23222999.jpg

e0237645_23222988.jpg

e0237645_23222992.jpg

e0237645_23223030.jpg

e0237645_23223085.jpg

e0237645_23223035.jpg

e0237645_23223054.jpg

e0237645_23223047.jpg










この項 <完>






by mo-taku3 | 2019-01-30 15:30 | (梅情報)全国 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2019-02-04 09:06
改めて地図で確認しました 井戸水の循環とは 些か風情に欠けますね そうすると九条池も同じようなことなのでしょうか
仙洞御所にも大きな池があるようですが 此れはどうなのでしょうか
Commented by mo-taku3 at 2019-02-05 23:02
結論から言いますと残念ですが資料には、
「現在の御所の用水は、9本の井戸と雨水の循環水を使用している。」とありました。
過去京都の北部の小山郷から禁裏用水として取水していた時期が長くあり、また防火用水琵琶湖疎水から分流していた時期があったようですが、今は上記のような状態のようです。