人気ブログランキング |

蘇った「旧金毘羅大芝居(金丸座)」20190509

蘇った「旧金毘羅大芝居(金丸座)」20190509



旧金毘羅大芝居「金丸座」は金毘羅さんの参道から少し西側に位置した所にあり、天保6年(1835)に建てられた現存する日本最古の芝居小屋です。 
はじめは、年3回の「市立ち」の度に仮設小屋で歌舞伎興業などを行っていたようですが、江戸時代中頃から金毘羅信仰が全国的に高まり、門前町の形態が整うにつれて、常小屋の設置となりました。常小屋の設置は多くの人々からも期待され、富籤(現在の宝くじのようなもの)の開札場を兼ねた常小屋として建てられたものです。
「金丸座」の名称は明治33年につけられ、昭和45年には国の重要文化財に指定され、昭和47年から4年間の歳月をかけて現在の場所に移築復元しました。

昭和60年から「四国金毘羅歌舞伎大芝居」が開催され、沢山の人が押し寄せる盛況ぶりでした。また、平成15年度には復原及び耐震構造工事(平成の大改修)が行われ、その改修の調査中に発見されたものもありました。 資料から「ブドウ棚」と「かけすじ」を復元してより江戸時代の情緒あふれる姿に再現もされています。

e0237645_18345784.jpg

e0237645_18345824.jpg

e0237645_18345813.jpg

e0237645_18345842.jpg

e0237645_18345815.jpg

e0237645_18345836.jpg

e0237645_18374472.jpg

e0237645_18374441.jpg

e0237645_18374461.jpg

e0237645_18374435.jpg

e0237645_18374570.jpg

e0237645_18374521.jpg

e0237645_18383069.jpg

e0237645_18383021.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-05-09 14:35 | (紹介記事)全国 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2019-05-28 13:57
私が金丸座を訪問したのは 友人の結婚式の時ですので 中村勘九郎(当時)が歌舞伎興行を始める前で 当時使用されてはいませんでした 客席にも入れず 入口からちらりと観る程度だったと記憶します
客席が近いので 迫力がある舞台を無ることが出来るのではないでしょうか
Commented by mo-taku3 at 2019-05-28 21:59
金丸座はとにかくよかったですよ。実は足腰が限界であまりよりたくなかったんですが、行って見てよかったと思います。芝居小屋は大阪の松竹座しか入ったことがありません。比べられるものではありませんが、昔はこうだったんだ!
中は古いことは古いけど細部にわたり説明を受け、動作は全て人力ということで大変さもわかりました。凄い設備・装置ですね。