人気ブログランキング |

景観に馴染む善峯寺の伽藍(西国札所)20190611

景観に馴染む『善峯寺の伽藍(西国札所)20190611



善峯寺は西国三十三ヶ所の第20番札所としても有名であるが、もう一つはここに「天然記念物の日本一の松」がある。この松(遊龍の松)は、樹齢600年以上と云われ、五葉松である。(別項で説明)
由緒は平安遷都の後、藤原氏が平安京に地盤を造るために、西山に目をつけ幾つかの寺社を整備した一つである(平安中期1029年創建)。その後、室町時代には僧坊52に及んだと言われているが、応仁の乱に大半が焼失している。江戸時はいり、徳川綱吉の実母である「桂昌院」が帰依し見違えるように伽藍が充実して今の姿になったと言われている。そのためか一つ一つの建物が整備された形で今に伝えられている。
境内は西山の高台にあり、京都市内を見下ろす眺望は素晴らしい。


e0237645_09231814.jpg


e0237645_09231859.jpg


e0237645_09231913.jpg


e0237645_09231946.jpg


e0237645_09231949.jpg


e0237645_09231917.jpg


e0237645_09231919.jpg


e0237645_09231947.jpg


e0237645_09251380.jpg


e0237645_09251377.jpg


e0237645_09251473.jpg


e0237645_09251488.jpg


e0237645_09251429.jpg


e0237645_09251439.jpg


e0237645_09251449.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-06-12 12:19 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(1)

Commented by toshi-ohyama at 2019-06-23 09:13
応仁の乱は 市中の戦中心と思ったのですが ここまで焼けているというのは驚きです 「桂昌院の散財」が 江戸幕府の金蔵を空っぽにしたというのが頷けます 出自に対する負い目からか京都での寄進が目立ちますね