人気ブログランキング |

土井志ば漬本舗(京都大原)20190614

土井志ば漬本舗(京都大原)20190614



京都大原は「しば漬け」の里と云われる。しば漬けの製造から販売までのお店が十数軒あるが、最も大きなのがこの「土井しば漬本舗」のようだ。
ここでは製造現場の見学もでき、また、大きな
店舗もあり買うことができる。大原に来る観光客は殆ど立ち寄るようで、大型バスも止まっている。
ここはレストランもやっており、レストランはサラダバーならぬ漬物バーで漬物が食べ放題となっており、これが広まりよる車が多くなりなったようです。
しば漬けにはしその葉でが必要でここに限らず、しそ畑を持っており、今の時期は伸び始めで畑全体が赤く染まっている。ここも大きなしそ畑を持っており見事な情景が見られる。


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330670.jpg


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330669.jpg


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330622.jpg


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330606.jpg


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330735.jpg


土井志ば漬本舗(京都大原)20190614_e0237645_12330744.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-06-14 14:31 | (紹介記事)京都 | Comments(2)

Commented by toshi-ohyama at 2019-06-23 09:55
中学校の修学旅行で大原を訪れたころ 土井芝漬け本舗は 三千院への参道に小さな茶店があり そこで大原女の叔母ちゃんが細々と販売していたのを覚えています すっかり事業化が進み素朴さ手作り感はなくなってしまいました 世の中の変化を認めたくないのは 老人の悪い癖ですね
Commented by mo-taku3 at 2019-06-24 22:52
「土井のしば漬」はS47年現在地に本社と工場ができたようなので、昔は参道にあったんですね。私は今の姿かしか知らないので今の三千院の参道のお目背を想像するしかありませんが、いい経験をしましたね。私が見てからもかなり変わってきてますので時代は進みますね。