人気ブログランキング |

平氏打倒の先駆け「以仁王」の城興寺20190703

平氏打倒の先駆け「以仁王」の城興寺20190703



以仁王(もちひとおう)は後白河天皇の第3皇子で、平家打倒の先駆者でありながら、所期の目的を達せず、悲劇的な最期を遂げたことで知られる。

時は平家政権の末期で、後白河法皇が平家打倒の謀議が発覚し、鳥羽殿に幽閉されるといった事態「治承三年の政変」が起こった。以仁王も連座していた疑いをもたれ、所領(ここ城興寺)を没収されたこともあり、自ら全国の源氏に平家打倒の令旨を出して決起を促し、源三位頼政とともに立ったが源氏決起の足並みが揃わず多勢に無勢で失敗に終わっている。平家の圧倒的な力の前に敗走し、南都の寺社勢力を頼ろうと大和国を目指して落ち延びる途中、南山城で討ち取られている。



e0237645_22423890.jpg


e0237645_22423886.jpg


e0237645_22423868.jpg


e0237645_22423930.jpg


e0237645_22423952.jpg


e0237645_22423948.jpg


e0237645_22423969.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-07-03 14:30 | (紹介記事)京都 | Comments(5)

Commented by toshi-ohyama at 2019-07-14 10:37
以仁王は 正式に親王宣下を受けていないので 令旨を出す資格がなかったと読みました 鳥羽上皇の遺産(荘園)の大部分を相続した八条院の養子となっており 安徳の即位で皇位継承の望みを絶たれた以仁王が起こしたクーデターというのが真相ではないでしょうか 元三位頼政の兵は50人 追手の検非違使時忠は300名 当時の戦闘規模の小ささに 驚きを感じます
Commented by mo-taku3 at 2019-07-15 00:57
以仁王は令旨を勝手に出したようですね。それでも令旨と受けとっていたきらいがあるようですね。事実源氏が次々と立ち上がってきましたから、利用したのでしょうか。
また、頼政側の兵は平家物語では、1,000騎とありましたが50とは何の資料でしょうか?事実がわかれば知りたいですね。
Commented by toshi-ohyama at 2019-07-20 06:08
ウィキペディアの「以仁王の挙兵」で見付けました 
Commented by toshi-ohyama at 2019-07-21 11:41
保元の乱の折の 清盛軍は三百騎 義朝軍が二百騎ですから それ程の違いはないと思います
Commented by mo-taku3 at 2019-07-21 21:21
分かりました。
ありがとうございます。