人気ブログランキング |

元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204

元伊勢内宮「籠(この)神社」(丹後一宮)20191204



伊勢神宮の祭神である「天照大御神」(内宮)は現在の伊勢神宮に落ち着き先を探しながら、20数か所の社に鎮座してきた。理由は稲作を奨励・指導をしていたと云われているが、正確には不明である。このようなことから、内宮元宮の神社が多いのはこのような理由からである。
歴として明らかなのは、685年の天武天皇による「伊勢神宮式年遷宮」の詔が出され、第一回内宮式年遷宮が690年に行われたことのようだ。斎宮も同時期。
また、天照大御神が伊勢神宮に鎮座するまでのことについては日本書紀からの引用が殆どのようだ。
外宮の豊受大神はこの
神社の奥宮の「真名井神社」から遷宮したと云われているようだ。内宮と違い、後から外宮に鎮座したようだ。外宮の出所は明らかと言っていいように思う。
今回は雨が強かったこともあり、真名井神社には行けなかった。


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241340.jpg


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241441.jpg


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241490.jpg


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241415.jpg


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241457.jpg


元伊勢内宮「籠神社」(丹後一宮)20191204_e0237645_20241448.jpg











この項 <完>





by mo-taku3 | 2019-12-04 12:22 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(4)

Commented by toshi-ohyama at 2019-12-08 12:25
伊勢遷宮の謎は 歴史心を掻き立てます
壬申の乱における天武天皇の足跡と何か関連性があるようにも思えます 
一度は 巡ってみたいと思っています
Commented by mo-taku3 at 2019-12-12 23:16
私の勝手な思い込みですが、(笑わないでください!)
天照大御神の遷宮の足跡(元伊勢)はそっくり「豊受大神」の足跡ではないかと思っております。
・足跡の目的は稲作を伝えていたということ。
・籠神社の奥社は「真名井神社」だが、ここは磐座からスタートしており、天照大御神は後からかぶせた部瀬田きらいがあること。
・真名井神社の祭神が豊受大神で、不思議な言い伝えがあること。
等々。しかも他の元伊勢は皇大神宮など伊勢と同じだが、ここだけは独自の名勝になっているようです。
確証は全くありませんが…。
Commented by toshi-ohyama at 2019-12-15 09:07
遷宮の足跡は 豊受の足跡との説は 他で読んだこともありませんし 実にユニークです 私は 豊受は農耕民族で天照よりも先に入植した民であろうとは 思っておりました
云われてみれば 成る程と納得できる気もします
もう一度原点に戻って 検証してみたいと思います 実に面白い発想です
Commented by mo-taku3 at 2019-12-16 10:00
伊勢神宮はともかく、元伊勢の遷宮は渡来人の足跡のように見えます。
日本書紀は天武天皇の発案によって造られたと云われますが、内容は稗田阿礼に『帝紀』及『本辭』(『旧辞』)などの文献を「誦習」させた上それを太安万侶に編纂させたとありますが、不思議なのは稗田阿礼は28歳で若く、しかも作るにあたって文献を「誦習」させたとあることから、元資料はあったことになります。そして以前からの解釈は、「誦習」を暗記させたことととらえていたのを、「文字資料の読み方に習熟する行為」であったことが確かめられているようです。
もう一つ気になる点は、古事記には出雲神話の重視が挙げられています。
これらをヒントに紐解きができるような感じです。
面白そうで、やはり歴史はロマンで辞められませんね!