人気ブログランキング |

【翠紅館跡】幕末の志士の夢の跡

【翠紅館跡】幕末の志士の夢の跡


『駒札』には、
ここに幕末の頃、翠紅館(すいこうかん)と呼ばれていた屋敷があり、たびたび志士達の会合の場となっていた。
もとは正法寺という寺の塔頭のひとつがあり、眺望が良く、会合に利用されていたのを鎌倉時代に公家の鷲尾家が買い取り、その景観の素晴らしさから「翠」と「紅」の素晴らしい館という意味で名付たといわれる。
その後、鷲尾家から西本願寺の東山別院に寄進された。
文久3年(1863)正月27日には、土佐藩の武市半平太、長州藩の井上聞多、久坂玄瑞ら多数が集まり、ついで同年6月17日にも、長州藩の桂小五郎、久留米藩の真木保臣(和泉守)らが集まった。
この数年前から、攘夷運動は次第に高まり、反幕府の政治勢力となりつつあったが、これら各藩の志士代表者会議で、攘夷の具体的な方法が検討され、世にこれを翠紅館会議という。
同年8月13日には、孝明天皇の大和行幸の詔書が出されて攘夷運動は頂点に達した。
しかし8月18日に政変が起こり、その結果攘夷派は失脚、代わって公武合体派が主導権を握り、幕末の政局は混迷の度を増していった。」

翠紅館跡と駒札。この東山地区は、幾つか志士のたまりの旧跡がある。しのぶところとしては絶好の地だったのかもしれない。

e0237645_23325262.jpg

e0237645_23333991.jpg


翠紅館跡を右に見て、山手の奥に霊山護国神社と幕末の志士の墓標がある。
尚、墓標は、桂小五郎(木戸孝允)の肝いりでつくられている。
また、翠紅館跡の向かって右には、数人の墓標の案内碑が立てられている。

e0237645_23333434.jpg

e0237645_23341426.jpg


霊山護国神社の参道には「維新の道」と命名されている。

e0237645_2334922.jpg


現在の翠紅館が直ぐ隣に建っている。

e0237645_23345413.jpg



霊山護国神社にある「主な墓碑」
土佐藩 - 坂本龍馬、中岡慎太郎、吉村寅太郎、望月亀弥太、那須信吾、池内蔵太
長州藩 - 桂小五郎(木戸孝允)・幾松夫妻、高杉晋作、久坂玄瑞、大村益次郎、入江九一、寺島忠三郎、来      島又兵衛、有吉熊次郎。
小浜藩 - 梅田雲浜
肥後藩 - 河上彦斎、宮部鼎蔵、横井小楠
水戸藩 - 江幡広光、林忠五郎、住谷寅之介
十津川郷士
福岡藩― 平野国臣
などである。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-14 10:30 | (歴史)京都史 | Comments(0)

清水寺への道『清水道』は落ち着いた雰囲気

清水寺への道『清水道』は落ち着いた雰囲気


清水道は、相変わらず賑わいを見せている。
駐車場には観光バスが沢山停まっているが、乗客の多くは駐車場から清水寺間の移動で、三年坂から高台寺方面は団体客はあまり居ないので、落ち着いた雰囲気である。

e0237645_23294334.jpg


e0237645_23295914.jpg


e0237645_23304574.jpg


e0237645_233133.jpg


e0237645_23312399.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-14 09:00 | Comments(0)

京都清水小学校の『陶器のメモリアル』

京都清水小学校の『陶器の卒業メモリアル』(平成23年3月廃校、東山開睛館に統合)


清水小学校は市内散策でその前をよく通るが、たまたま門が閉まっていたのが気がかりでHPを調べてみた。
残念なことに、『清水小学校は,平成23年3月24日をもって閉校しました。本当に長い間ありがとうございました。』と載っていた。

e0237645_23203835.jpg


「清水小学校」は,近隣の白川・新道・六原・清水・東山の5小学校と,洛東・弥栄の2中学校と統合し,「東山開睛館」として新しく生まれ変わったとのこと。

e0237645_1743945.jpg


東山開睛館は、白川,新道,六原,清水,東山の5小学校及び洛東,弥栄の2中学校あわせて、7小中学校統合の地元要望書(有済・粟田・弥栄・新道・六原・清水・貞教・修道の地元8学区から)を踏まえ,平成23年4月に施設一体型の小中一貫校が開校しているそうだ。
市内で施設一体型の小中一貫校は平成19年4月開校の花背小・中学校に次いで2例目で,市内中心部では初めてとなる。
そういえば、昨年この東山開睛館の前を通ったことを思い出した。
名前が東山開睛館だったので学校だとは全く気がつかず、平家の旧跡地の何故こんなものを建てたのかと、少し不満に思いながら通り過ぎていた。
六波羅蜜寺は東山開睛館の筋向いにあたる。

e0237645_176467.jpg


「旧清水小学校」(今はこう呼ぶしかない)は、
明治 2年9月11日,下京第二十七番組小学校として創立され、教師4名、児童60余名でスタートしている最古級の小学校である。最初の所在地は上弁天町。
明治 5年5月,下京第二十二小学校と改める。教科を上等,下等各8級に分ける。6月、旧安井門跡の敷地に移転。
明治 20年7月、下京第二十二尋常小学校と改める。修業年限4ヶ年となる。12月,校名を安井尋常小学校とする。
昭和 8年12月,現在の校舎ができあがり移転する。清水尋常小学校と校名を改める。
教師14名,児童数673名。
昭和22年4月,校名が京都市立清水小学校となる。
昭和44年10月,創立100周年記念式典を行う。
平成21年12月,開睛小中学校(東山開睛館)の学校説明会を開催
平成23年3月24日に閉校。

古くから「陶芸教室」行われ、平成15年9月,創立134周年記念行事として.清水校の先輩陶芸家近藤濶氏及びPTAより、非常に珍しい『陶器の校章』をいただく。

陶器の校章もさることながら、こんな卒業メモリアルも残している。

e0237645_2319850.jpg


e0237645_23212018.jpg


以上、歴史のある京都の小学校の変遷を、1つの例として取り上げてみた。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-14 08:30 | Comments(0)