人気ブログランキング |

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため建立


法輪寺は斑鳩の里でも北方にあり、土地の名によって三井寺(みいでら)ともよばれている。
三井(みい)の地名は古く、聖徳太子が飛鳥の里より三つの井戸をこの地にお移しになったところから起こったと伝えている。

法輪寺の創建には二説がり、
ひとつは、推古30年(622)聖徳太子が病気になった際、御子の山背大兄王がその子由義王らとともに太子の病気平癒を願って建立されたという説(巻子本『聖徳太子伝私記』引用の『寺家縁起』)、
もうひとつは、天智9年(670)の斑鳩寺焼失後、百済開法師・圓明法師、下氷新物三人が合力して造寺したとする説(『聖徳太子伝暦』『上宮聖徳太子伝補闕記』)である。

昭和に行なわれた石田茂作博士の発掘調査では、伽藍配置が法隆寺式であること、規模は法隆寺西伽藍の3分の2であること、出土する鐙瓦・宇瓦の文様が法隆寺のそれぞれと類似することが判明している。
薬師如来坐像と伝虚空蔵菩薩立像の飛鳥様式の仏様二体を伝えるところからも、7世紀末頃にはかなり寺観が整っていたようである。

創建から江戸時代中期まで、史料は乏しい。
本格的に再建に着手されたのは、享保年間の寳祐上人である。
寳祐上人は法輪寺の復興の勧進のために、聖徳太子感得と伝える妙見菩薩の信仰をひろめ、熱心な信者となった大坂の町人が檀主となり、さらに多くの法縁を得て、大小の仏像三十余躯・画像二十幅・舎利塔二基・霊宝十余箱の修理に続き、鐘楼・妙見堂・八幡宮の修理が行われた。
寳祐上人は、塔修復なかばで斃れたが、遺弟大圓上人等により、宝暦10年(1760)に塔修理は完成し、宝暦11年には現金堂、続いて旧講堂、南大門が復興された。

三重塔は昭和19年(1944)7月21日、雷火にて炎上・焼失した。
井上慶覺師と康世師の住職二代にわたる三重塔再建の発願・勧進は、地元の方々、また作家の幸田文先生はじめ全国の方々の支援により、設計は竹島卓一博士、木工事は宮大工西岡常一棟梁のもと、昭和50年3月、三重塔は創建当初の様式にて竣工し、同年11月、落慶法要が勤修された。
また、旧講堂の位置には、昭和35年、耐火・耐震にと収蔵庫(本堂)が建立され、旧講堂、金堂の仏様が一堂にご安置されている。

この日は訪れる人も少なくゆっくり見学ができた。(見るといっても歴史を感じさせる仏像だけだが)

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_1714337.jpg


沿革の説明。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_1714176.jpg


三重塔。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_17143172.jpg


発掘された、三重塔の心礎。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_17144050.jpg


三重塔の説明板。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_1714568.jpg


本堂には、十一面観音菩薩立像・弥勒菩薩立像・地蔵菩薩立像・吉祥天立像・米俵毘沙門天立像など、平安時代の仏様(木造)を多く伝えている。見ていて飽きない眺めである。
しっかりとした説明者もおり、今現在も歴史認識に力を入れているのが分かる。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_1715989.jpg


主な寺宝を載せて見た。

『法輪寺』は山背大兄皇子が聖徳太子の病気平癒のため・・・_e0237645_17152593.jpg






この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 14:26 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・


中宮寺は聖徳太子の御母穴穂部間人皇后の御願によって、太子の宮居斑鳩宮を中央にして、西の法隆寺と対照的な位置に創建された尼寺である。
その旧地は、現中宮寺の東方三丁の所に土壇として残っていたのを、発掘調査したところ、南に塔、北に金堂を配した四天王寺式配置伽藍であったことが確認された。
それは丁度法隆寺旧地若草伽藍が四天王寺式であるのに応ずるものといえる。
また、出土古瓦からみると、法隆寺は僧寺、中宮寺は尼寺として作られたものと思われる。
国宝菩薩半跏像(寺伝如意輪観音)はその金堂の本尊であり、天寿国曼荼羅は、その講堂本尊薬師如来像の背面に奉安されたものと伝えている。
その後、平安時代には衰退し、僅かに草堂一宇・本尊のみ居ますといった状態であったのを、鎌倉時代に入って信如比丘尼の尽力により、天寿国曼荼羅を法隆寺法蔵内に発見して中宮寺に取り戻すなど、いくらか復興を見ている。
宗派は戦後、法隆寺を総本山とする聖徳宗に合流することになりましたが、依然大和三門跡尼寺の随一としてその伝統を伝えている。
創建の飛鳥時代このかた千三百年の長きに亘り、尼寺の法燈を続けているのは中宮寺だけである。


中宮寺は聖徳太子の御母穴穂部間人皇后の御願によって、太子の宮居斑鳩宮を中央にして、西の法隆寺と対照的な位置に創建された尼寺である。
その旧地は、現中宮寺の東方三丁の所に土壇として残っていたのを、発掘調査したところ、南に塔、北に金堂を配した四天王寺式配置伽藍であったことが確認された。
それは丁度法隆寺旧地若草伽藍が四天王寺式であるのに応ずるものといえる。
また、出土古瓦からみると、法隆寺は僧寺、中宮寺は尼寺として作られたものと思われる。
国宝菩薩半跏像(寺伝如意輪観音)はその金堂の本尊であり、天寿国曼荼羅は、その講堂本尊薬師如来像の背面に奉安されたものと伝えている。
その後、平安時代には衰退し、僅かに草堂一宇・本尊のみ居ますといった状態であったのを、鎌倉時代に入って信如比丘尼の尽力により、天寿国曼荼羅を法隆寺法蔵内に発見して中宮寺に取り戻すなど、いくらか復興を見ている。
宗派は戦後、法隆寺を総本山とする聖徳宗に合流することになりましたが、依然大和三門跡尼寺の随一としてその伝統を伝えている。
創建の飛鳥時代このかた千三百年の長きに亘り、尼寺の法燈を続けているのは中宮寺だけである。


国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音)と天寿国曼荼羅繍帳は写真を撮れないので少し解説を加えたい。

国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音)について
東洋美術における「考える像」で有名な、思惟半跏のこの像は、飛鳥時代の彫刻の最高傑作であると同時に、わが国美術史上、あるいは東洋上代芸術を語る場合にも欠かすことの出来ない地位を占める作品であるといわれている。
また国際美術史学者間では、この像の顔の優しさを評して、数少い「古典的微笑(アルカイックスマイル)」の典型として高く評価され、エジプトのスフィンクス、レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザと並んで「世界の三つの微笑像」とも呼ばれている。
半跏の姿勢で左の足を垂れ、右の足を膝の上に置き、右手を曲げて、その指先きをほのかに頬に触れんばかりの優美な造形は、いかにも人間の救いをいかにせんと思惟されるにふさわしい清純な気品をたたえている。 
約20年以上前にここを訪れたことがあったが、この像は“弥勒菩薩”として、京都広隆寺の弥勒菩薩とともに有名で、私の古い記憶ではこうなっていたと思いつつ・・・。

天寿国曼荼羅繍帳について
日本最古の刺繍遺品として知られる「天寿国曼荼羅繍帳」は、推古天皇三十年(622)、聖徳太子の妃である橘大郎女が、太子薨去ののち、図像をつくって太子往生の姿をお偲びしたいと、宮中の采女に命じて、太子が往生なされている天寿国のありさまを刺繍せしめられたものと伝わっている。
もとは繍帳二帳よりなり、そこには百個の亀甲が刺繍され、亀の甲には一個に四字ずつ、都合四百文字で繍帳造顕の由来が示されていた。
年を経るにつれて曼荼羅は破損し、現存するものは往時のほんの一部にすぎないが、紫羅の上に、白・赤・黄・青・緑・紫・樺色などのより糸 をもって伏縫の刺繍が施された繍帳は、今なお目覚めるように鮮麗な色彩を残しており、七世紀中葉の染色技術、服装、仏教信仰などを知るうえでまことに尊い貴重な遺品といえる。 (現在、本堂に安置されているものはレプリカで、実物は奈良国立博物館に寄託。) と天寿国曼荼羅繍帳は写真を撮れないので少し解説を加えたい。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17165214.jpg


中宮寺の入口付近。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_1717565.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17172128.jpg


こじんまりとしたたたずまいのお寺である。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17173441.jpg


本堂。この中に国宝 菩薩半跏像(伝如意輪観音;レプリカ)と天寿国曼荼羅繍帳が安置されていた。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17175311.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_1718912.jpg


境内の庭には“かりん”、“ふじ” の木々があった。

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17182174.jpg

昔は『中宮寺』の弥勒菩薩が有名だったが・・・_e0237645_17183515.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 14:10 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯


法隆寺は飛鳥時代の姿を現在に伝える世界最古の木造建築として広く知られている。
その創建の由来は、「金堂」の東の間に安置されている「薬師如来像」の光背銘や『法隆寺伽藍縁起并流記資財帳』(747)の縁起文によって知ることができる。
それによると、用明天皇が自らのご病気の平癒を祈って寺と仏像を造ることを誓願されましたが、その実現をみないままに崩御されたという。
そこで推古天皇と聖徳太子が用明天皇のご遺願を継いで、推古15年(607)に寺とその本尊「薬師如来」を造られたのがこの法隆寺(斑鳩寺)であると伝えてられている。

現在、法隆寺は塔・金堂を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。
広さ約18万7千平方メートルの境内には、飛鳥時代をはじめとする各時代の粋を集めた建築物が軒をつらね、ものすごい数の宝物類が伝えられている。
国宝・重要文化財に指定されたものだけでも約190件、点数にして2300余点に及んでいる。

このように法隆寺は聖徳太子が建立された寺院として、1400年に及ぶ輝かしい伝統を今に誇り、とくに1993年12月には、ユネスコの世界文化遺産のリストに日本で初めて登録されるなど、世界的な仏教文化の宝庫として人々の注目を集めている。

法隆寺は、日本最初の文化世界遺産に登録された、価値の高い遺産であるといえる。
最近の調査状況からいうと(色々異説が唱えられているが)、日本最古級の寺院であることは確かである。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17192982.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_171943100.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17195942.jpg


境内の伽藍配置図には、西院伽藍と東院伽藍とが区別して描かれている。
これは何を意味しているのだろう?

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17201583.jpg


この日は、たくさんの小・中・高生の修学旅行生が押し寄せてきている感じで、平日の空いている時を狙ったのが外れてしまった感があった。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17202844.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17205264.jpg


中門の前から西院伽藍がよく見え、美しい姿をしている。
中門内の左右に塑造金剛力士立像を安置している。
日本最古(8世紀初)の仁王像として貴重なものであるが、風雨にさらされる場所に安置されているため、補修が甚だしく、吽形(うんぎょう)像の体部は木造の後補に代わっている。また、像そのものが非常に汚れたように見える。
この門は現在、出入り口としては使用されず、金堂等の拝観者は回廊の西南隅から入ることになる。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17381225.jpg


西院伽藍の中に入ると修学旅行生で一杯で、こんな状態である。
五重塔の一画が開放されおり、そこからは小さな涅槃像を見ることができるが、凄い行列である。
五重塔の隣にある「金堂」。ここは、入母屋造の二重仏堂である。
堂内は中の間、東の間、西の間に分かれおり、それぞれ釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来を本尊として安置しているが、公開はしていない。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17381023.jpg


奥の大講堂には薬師三尊像(平安時代、国宝)と四天王像(重文)を拝顔することができる。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17383630.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17383586.jpg


大講堂を出ると直ぐに鐘楼がある。あまり目立たないが造りが昔のスタイルを引き継いでいるのか、珍しい形であり、独立していない。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_173969.jpg


金堂の上層部には部屋はなく、外観のみである。 二重目の軒を支える四方の龍の彫刻を刻んだ柱は構造を補強するため修理の際に付加されたものだそうである。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_1739940.jpg


聖霊院。
西院伽藍の東側に建つ、聖徳太子を祀る堂。鎌倉時代の建立。
この建物は本来は東室の一部であったが、1121年にこれを再建するときに南半を改造して聖霊院とし、聖徳太子像を祀った。現在の聖霊院は1284年に改築されたものである。
聖徳太子及び眷属像(平安時代、国宝)、如意輪観音半跏像(重文)、地蔵菩薩立像(重文)を安置している。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17393794.jpg


東室・妻室。
奈良時代の建築で、当時の僧坊建築の遺構として貴重である。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17412852.jpg


厩戸皇子の厩戸。
聖徳太子はここで生まれたといわれ、別名厩戸皇子とも呼ばれている。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17414625.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_1742875.jpg


食堂(じきどう)(奈良時代、国宝)および細殿(ほそどの)(鎌倉時代、重文) 西院伽藍の東方北寄りに建つ。食堂本尊の薬師如来坐像(重文)は奈良時代の塑像だが、補修が多い。
本尊以外の仏像は大宝蔵院に移されている。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17422945.jpg


東大門。これも国宝である。
西院から東院へ向かう道筋に建つ、奈良時代の八脚門である。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17425028.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_1743459.jpg


夢殿。
奈良時代の建立の八角円堂。堂内に聖徳太子の等身像とされる救世観音像を安置する。
聖徳太子が住んだ斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が、聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739)に建てた伽藍を上宮王院(東院伽藍)といわれている。
その中心となる建物がこの夢殿である。
八角円堂の中央の厨子には、聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音像(飛鳥時代)を安置し、その周囲には聖観音菩薩像(平安時代)、乾漆の行信僧都像(奈良時代)、平安時代に夢殿の修理をされた道詮律師の塑像(平安時代)なども安置している。
この夢殿は中門を改造した礼堂(鎌倉時代)と廻廊に囲まれ、まさに観音の化身と伝える聖徳太子を供養するための殿堂として、神秘的な雰囲気を漂わせている。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17432064.jpg

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_17434979.jpg


西円堂(国宝) 。
西院伽藍の西北の丘の上に建つ八角円堂。鎌倉時代の建立。
堂内の空間いっぱいに坐す本尊薬師如来坐像(国宝)は、奈良時代の乾漆像。本尊台座周囲には小ぶりな十二神将立像(重文)、千手観音立像(重文)を安置する。

久々の『法隆寺』は修学旅行生で一杯_e0237645_1744552.jpg


鐘楼の横にこの梅の木があった。
また、正面に貫禄のある古木があった。“法隆寺”という感じだ。


夢殿から、中宮寺にも足を伸ばしてきた(別BLG)。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 13:18 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(2)

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!


矢田寺のアジサイ
矢田寺の説明文には次のように書かれている。
「矢田寺のあじさいは、本尊様であるお地蔵さんにちなんで、昭和40年頃から植え始めました。
あじさいの花びらのひとつひとつが雨に打たれ、さまざまに色が移ろいながら、 私たちに仏教の「諸行無常」の心を伝えてくれています。 また、あじさいの丸い花は、お地蔵さんの手に持っておられる宝珠の形でもあります。」

あじさいはアジサイ科の植物で、日本の温暖地に自生する「ガクアジサイ」を母親として、日本で生まれた園芸品種である。
学名の別名「オタクサ」は、 江戸後期に日本の動植物をヨーロッパに紹介した、長崎出島のオランダ商館の医官シーボルトが、 帰国後、日本滞在中の妻「おたきさん」を偲んでつけた名前と言われている。

あじさいは、日本特有の花木です。万葉集にも詠われている。

あじさいの 八重咲くごとく 八つ代にをいませ我が背子 見つつ偲ばむ
(左大臣 橘諸兄)
言問はぬ 木すらあじさい 諸弟らが練りのむらとに 欺かれけり
(大伴家持)

このように、あじさいはすでに奈良時代以前から栽培されていたようである。

前日が雨だったが、この日は晴れ上がりたくさんの人出で賑わっていた。
本堂も特別公開があり、多くの人が出入りしていた。

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17464440.jpg


ユニーナ名称の「味噌なめ地蔵」もアジサイに囲まれていた。

それでは見事なアジサイ園をご覧ください。

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17475634.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_174808.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17483879.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17483426.jpg


『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17491085.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1749837.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17495716.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17495687.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17503083.jpg


『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17502277.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1751168.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1750524.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17512796.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17512165.jpg


『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17515744.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17524468.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17525939.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17531591.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1753395.jpg


『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17535367.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1754762.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17542594.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17543976.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17545987.jpg


『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17551577.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17552977.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17554548.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_1756327.jpg

『矢田寺(奈良)のアジサイ』は日本一?!_e0237645_17561923.jpg


多分、また来年もお目にかかれるだろうとおもいつつ・・・。
矢田寺を後にした。



この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 10:36 | (風情)京都・関西 | Comments(0)

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』


矢田寺(矢田山・金剛山寺)は、郡山より西へ約3.5キロ、矢田丘陵の中心となる矢田山の中腹にあり、 日本最古の延命地蔵菩薩を安置している。そしてここは、「矢田のお地蔵さん」で親しまれているところである。

今から約1300年前、大海人皇子(後の天武天皇)が、 壬申の乱の戦勝祈願のため矢田山に登られた後、即位後の白鳳4年に、智通僧上に指示して、 七堂伽欄48カ所坊を造営したのが開基となる。
当初は十一面観世音菩薩と吉祥天女を本尊としていたが、 弘仁年間に、満米上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心地として栄えてきた。

金剛山寺は開基当時、僧坊48を数える大寺であったが、現在は矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念佛院・矢田寺南僧坊の4つの僧坊で通称を矢田寺という。
また別称をあじさい寺といい、6月から7月のシーズンを迎えると境内には約60種10,000株以上のアジサイの花が咲き乱れる。
何と言っても、これが今回訪れた目的である。
いよいよ、入山である。
さすがに総門の前にはアジサイが咲いていた。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19164844.jpg


門をくぐると、半端ない階段が続いている。少なくても中門までは150段以上ありそうである。
昨年も来ているが、この階段の記憶は全く無い。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_1917633.jpg


階段を上りきった正面に、深い山に包まれた本堂がみえる。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19174048.jpg


少し進んだ右手に「大門坊」がある。ここに背丈の高い沙羅(シャラ)の木がある。
この木は、お馴染み「平家物語」の冒頭部分にでてくる、

『祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす』

の沙羅である。
沙羅は、お釈迦様が亡くなられた時、その四方を囲んでいた樹木で、 それぞれに2本ずつ、対になって生えていたことから沙羅双樹と呼ばれるようになった。
ただし、実際にはお釈迦様のおられたインドの沙羅双樹は日本には自生していないので、 日本では「夏椿」のことを沙羅双樹と呼んでいる。
朝に咲いて、夜には花が落ちることから、盛者必衰の言葉通り、 はかないもののたとえとされています。
丁度ご覧の通り、大門坊正面右側に、双樹の名前通りに2本睦まじく立っている。
運よくはなも咲いており、蕾みもたくさんつけていた。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19182311.jpg

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19182119.jpg


ここ沙羅の木があるのは、矢田寺を構成する準別格本山の一つ『大門坊』

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19195737.jpg


同じく、『念佛院』

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_192163.jpg


同じく、『北僧坊』。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19213745.jpg


平安時代初期に本尊となった「矢田のお地蔵さん」こと、地蔵菩薩は有名であるが、境内各所に石像が祀られており、中でも自家製の味噌を口元に塗ると味が良くなるとされる「味噌なめ地蔵」(鎌倉時代後期)は名高い。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_1922021.jpg


本堂も特別拝観が行われていた。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19221548.jpg


丁度タイミングよく『閻魔堂』の特別公開をやっていた。
ユーモアのある説明で面白い説明をしていた。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_159195.jpg

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_19225048.jpg


閻魔堂の向かいに、「津田孫三郎」と書かれた大きな碑があった。
津田孫三郎というと、歴史上では2名有名な武将が居る。
一人は織田信長の叔父信光(父信秀の弟)と、信長の従兄弟信家(叔母の子)である。
時代的には、後者の信家の可能性が高いような気がする。
信家は前田利家の烏帽子親で、元服の折、前田孫四郎利家と名乗ったといわれている。
信光はもう少し前の時代かと思われる。

歴史的価値が埋まっていそうな『矢田寺』_e0237645_1923629.jpg


壬申の乱
日本古代最大の内乱戦争で、天智天皇の太子・大友皇子(弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえしたものである。
反乱者である大海人皇子が勝利するという、例の少ない内乱である。
名称の由来は、天武天皇元年は干支で壬申(じんしん、みずのえさる)にあたるためによる。


津田孫三郎
津田豊後なる人物(津田孫三郎)は、信長の伯父にあたる「織田信光」。
信長の幼少期、彼がどういう関わり方をしたのか分からないが、すぐ近くの凌雲寺という寺には「信長手習いの松」というのもある。
稲葉地を居城としていた信光が後見役ででもあったのか。いずれにしろ信長の尾張簒奪の過程では、信光は一貫してこの18歳年下の甥に協力した。
萱津の戦勝、主筋にあたる織田信友の謀殺。伯父と甥の気脈を通じた行動は、いずれが主であり従であったか。そして織田信友の排除に成功して半年、信光は家臣に暗殺される。
この件について「信長公記」には「(信友を謀殺したので)忽ち誓紙の御罰。天道恐ろしきかな」とある。信長の差し金との指摘もあるが、あくまで状況証拠で、立件・起訴は難しかろう。真相は歴史のかなたである。
凌雲寺は臨済宗妙心寺派の美しい寺院で、信光の創建になるという。
墓地には信光の宝篋印塔がひっそりと建つ。背後に、「当寺開基津田豊後守法名 凌雲寺殿前豊州太守泰翁凌公大居士」の碑。風雪に九輪が失われたささやかな石塔には、「豊後守」の文字が仰々しく感じられた。




この項 <完>

by mo-taku3 | 2013-06-18 10:05 | (寺社)関西の神社仏閣 | Comments(0)