人気ブログランキング |

鴨族の流れを汲む『久我神社』(西賀茂)20140904

鴨族の流れを汲む『久我神社』(西賀茂)20140904


創建は不詳とある。
どうも、賀茂氏が大和から山城に移住するに際して祀った社の1つと見られている。
『山城国風土記』逸文によると、賀茂建角身命は神武天皇の東征に功を成したのち、大和から、
 1、「山代の国の岡田の賀茂」 - 現在の京都府木津川市加茂町。式内社の岡田鴨神社( 位置)が鎮座。
 2、「葛野川(桂川)と賀茂河(鴨川)との会う所」 - 現在の京都府京都市伏見区。式内社の久何神社(現・久   我神社、 位置)が鎮座。
 3、「久我の国の北の山基」 - 当社付近。
の順に遷座したといい、それぞれの地には現在も賀茂氏の氏神が祀られている。
「久我(国)」の地名については、当社一帯の古称であるが賀茂氏勢力の広がりにつれて衰えたとする説がある一方、本来は久何神社(久我神社)のある乙訓郡の呼称で当地に踏襲されたとする説や、乙訓郡ではなく南山城の紀伊郡を本来の呼称と見る説が挙げられている。
また、現在地に祀られたことに関しては、付近に賀茂建角身命の墳墓があったためとする伝承があるが、明らかではない。

e0237645_1551677.jpg


e0237645_1552020.jpg


現在の本殿・拝殿は寛永5年(1628年)の造営。本殿は一間社流造の形式で、檜皮葺の屋根であり、上賀茂神社の他摂社と同じ造りになる。また拝殿は梁間一間・桁行二間の切妻造妻入で、屋根は同じく檜皮葺である。

e0237645_15521177.jpg


e0237645_15522266.jpg


e0237645_15532434.jpg








この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-04 10:11 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(3)

いつ訪れても画になる『上賀茂神社』20140904

いつ訪れても画になる『上賀茂神社』20140904


上賀茂神社(かみがもじんじゃ)は、正式には「賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)」という。
京都市北区にある神社で式内社(名神大社)。
ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1つとして登録されている。
賀茂御祖神社(下鴨神社)とともに古代氏族の賀茂氏の氏神を祀る神社であり、賀茂神社両社の祭事である賀茂祭(通称 葵祭)は京都の三大祭の一つとして有名である。
(祭神)
賀茂別雷大神 (かもわけいかづちのおおかみ)
賀茂氏の祖神。「別雷」は「若雷」の意味で、若々しい力に満ちた雷(神鳴り)の神という意味である。

創建について、社伝では、神武天皇の御代に賀茂山の麓の御阿礼所に賀茂別雷命が降臨したと伝える。
『山城国風土記』逸文では、玉依日売(たまよりひめ)が加茂川の川上から流れてきた丹塗矢を床に置いたところ懐妊し、それで生まれたのが賀茂別雷命で、兄玉依日古(あにたまよりひこ)の子孫である賀茂県主の一族がこれを奉斎したと伝える。
丹塗矢の正体は、乙訓神社の火雷神とも大山咋神ともいう。
玉依日売とその父の賀茂建角身命は下鴨神社に祀られている。国史では、文武天皇2年(698年)3月21日、賀茂祭の日の騎射を禁じたという記事が初めて表われておりで、また寄進など、朝廷からの崇敬を受けてきたことがわかる。
しかし不思議なことに、元々鴨族は葛城の郷である御所市一帯が発祥の地とみなされており、御所市には京都の賀茂神社2社よりも古い、賀茂神社(上鴨・中鴨・下鴨)が存在していることから、社伝等は作られた歴史といえるのではないかと推測される。
さて、794年の平安遷都の後は王城鎮護の神社としてより一層の崇敬を受け、807年には最高位である正一位の神階を受け、賀茂祭は勅祭(天皇主宰の祭)とされた。
『延喜式神名帳』では「山城国愛宕郡 賀茂別雷神社」として名神大社に列し、名神祭・月次祭・相嘗祭・新嘗祭の各祭の幣帛に預ると記載されており、810年以降約400年にわたって、伊勢神宮の斎宮にならった斎院が置かれ、皇女が斎王として奉仕したとある。

さて、一の鳥居から奥をみると二の鳥居が見えている。

e0237645_15453490.jpg


葵祭(賀茂祭)時に使われる広い大きな馬場。

e0237645_15454686.jpg


二の鳥居。
平成27年(来年)には、42回目の式年遷宮が行われる。
ここの遷宮は全く新しいお宮を建てて遷宮するのではなく、一時的に仮の遷座をしていただき、従来からの本宮を修理する形態をとっている。
今まさに急ピッチで修理を行っているところである。

e0237645_15455815.jpg


細殿。

e0237645_15461475.jpg


立砂(たてずな)
細殿前の円錐状の2つの砂の山。神体である神山(こうやま)を模したもの。
鬼門にまく清めの砂の起源とされる。

e0237645_15462544.jpg


楼門。
この門の前には、チェーンソウで制作した干支の木像が毎年奉納されて鎮座している。

e0237645_15471520.jpg


楼門の前から後ろを振り向くと水と緑に囲まれた境内が美しい。

e0237645_15472876.jpg


楼門をくぐると本社がある。
階段を上がると奥に本殿が見える。
(本殿や本殿屋根の修理状況などの見学ツアーが行われている。)

e0237645_15474334.jpg


本殿正面。

e0237645_15475641.jpg


岩上。
賀茂祭(葵祭)などにて営まれる神聖な場所。
元々後ろの御神体の山の磐座信仰(古神道における岩に対する信仰のこと。)が、起源?

e0237645_15481940.jpg


上賀茂神社の右奥の神宮寺山(片岡山)に二葉姫稲荷神社(ふたばひめいなりじんじゃ)が祀られている。 
祭神は宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおか)を祀る。
創建、変遷の詳細は不明だが、平安時代、820年、神宮寺は第代・嵯峨天皇の勅により創建され、その神宮寺鎮守社として二葉姫稲荷神社は祀られたと伝わっている。

e0237645_15485685.jpg


神社の周りは少しずつ色づき始めている。

e0237645_15493142.jpg


神社の一の鳥居前や側道には、歴史観が漂うお店があり、特に上賀茂の「やきもち」は人気がある。

e0237645_15494826.jpg


e0237645_1550032.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-04 09:20 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)

あぶり餅でも有名な『今宮神社』20140904

あぶり餅でも有名な『今宮神社』20140904


今宮神社(いまみやじんじゃ)は、京都市北区紫野にある神社である。
別名「玉の輿(たまのこし)神社」とも言われる。京都市北区・上京区において大きな氏子区域を持ち、祭礼の規模が比較的大きな神社として知られている。

祭神
大己貴命(おおなむちのみこと)
事代主命(ことしろぬしのみこと)
奇稲田姫命(くしなだひめのみこと)

今宮神社がある土地は、元々疫神スサノオを祀る社(現在摂社疫神社)が平安遷都(794年)以前からあった。
平安遷都後にはしばしば疫病や災厄が起こり、神泉苑、上御霊神社、下御霊神社、八坂神社などで疫病を鎮めるための御霊会が営まれた。
994年、1001年にも疫病が流行したため、朝廷は疫神を船岡山から移し、疫神を祀った社に神殿・玉垣・神輿を造らせて今宮社と名付けた。疫病が流行るたびに紫野御霊会が営まれ、やがて今宮社の祭礼(今宮祭)として定着して毎年5月に行なわれるこになった。
創祀以来今宮神社に対する崇敬は厚く、1284年には正一位の神階が与えられた。
今宮神社には、5代将軍綱吉の生母・桂昌院の立派な石像がある。
これは、西陣の八百屋に生まれた「お玉」が徳川3代将軍家光の側室となり、5代将軍綱吉の生母・桂昌院として従一位となったことが「玉の輿」ということわざの由来になったといわれている。
桂昌院は京都の寺社の復興に力を注いでいる。西山の善峰寺に行った時に桂昌院の墓所もあった。

船岡山の北の奥に今宮神社がある。

e0237645_15421711.jpg


楼門をくぐると正面に拝殿がある。

e0237645_15423238.jpg


拝殿の奥に本社がある。奥には本殿が鎮座している。

e0237645_15424842.jpg


e0237645_1543266.jpg


疫神スサノオを祀る摂社疫神社。
八坂神社等も疫社であるが、よく神紋見ていただく胡瓜の輪切り紋。疫神社の神紋である。

e0237645_15431361.jpg


月読社が厳かに祀られている。

e0237645_15432691.jpg


西陣織物の祖神、織姫社。
5代将軍綱吉の生母・桂昌院(お玉)の出が西陣なので、玉の輿社といわれる。

e0237645_15434225.jpg


「阿呆賢(あほかし)さん」と呼ばれる神占石があります。
この石を手の平で三度たたいて持ち上げ、次に願いごとを心の中で唱えながら三度手の平でなで、再び石を持ち上げてみて、最初に持ち上げた時よりも軽く感じれば、願い事はかなうといわれている。
またこの石にはもう一つのご利益があり、病弱な人が健康に成るように祈りながらこの石をなで、そのなでた手で体の悪い所をさすれば健康回復が早まるといわれている。

e0237645_1543532.jpg


門前の名物として、あぶり餅がある。
東門の門前に参道をはさんで2軒の店が建ち、店頭で炭を使って餅をあぶっている。
向かい合った2軒からの呼び込みが凄い。張り合っているようだ。

e0237645_1544543.jpg





この項 <完>

by mo-taku3 | 2014-09-04 09:07 | (寺社)京都の神社仏閣 | Comments(0)